駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 12月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - - -

12月 31日 (月) 雑草と言う名前の植物はない ....
12月 30日 (日) 返事が無い事を返事にすればス....
12月 29日 (土) 家族に恵まれないと人生地獄
12月 28日 (金) 口約束には賞味期限があります
12月 27日 (木) 今日で今年の営業は終了です
12月 26日 (水) 生産性を伴わない金儲けは大昔....
12月 25日 (火) 正月は他人の家を見る良い機会....
12月 24日 (月) 沖縄でのゴルフが無くなる理由
12月 23日 (日) 勝ってしまったら加害者 負け....
12月 22日 (土) 身に覚えのない借金


 

 12月 12日 (水)
 第三者委員会は人民裁判対策?
奄美市で中1の男の子が自殺して 
 
その問題を調べてた第三者委員会が 
 
担任の誤認指導で生徒が自殺した 
 
って結論づけてましたね。 
 
まぁ私はこの件について詳しくはありませんので 
 
この結論が間違ってる 
 
なんて言う資格はありませんが 
 
今回の事件が普通のいじめと違うのは 
 
普通は自殺した子がいじめられてた 
 
ってケースですが 
 
この子は逆に 
 
学校に来なくなった別の子に 
 
いじめをしたとして指導されてた訳ですよね。 
 
つまり 
 
加害者が自殺した訳ですが 
 
自殺した途端 
 
この子は加害者から被害者に変わり 
 
そして今度は第三者委員会が 
 
担任が加害者 
 
って結論づけた訳です。 
 
まぁ止む得ないのかも知れませんが 
 
しかしいまいち釈然としませんよね。 
 
例えばこの担任 
 
自宅に訪問していじめたとされた生徒を指導してた訳ですが 
 
この熱心さが裏目に出た 
 
とも言える訳です。 
 
大体いじめ事件では 
 
学校が何もしてくれなかった 
 
って話になりますが 
 
その意味ではこの先生は頑張った訳です。 
 
ただ 
 
頑張った結果 
 
今度は加害者って事になったのです。 
 
詳しい事情は知らないので 
 
これ以上踏み込みませんが 
 
人間社会は 
 
頑張れば裏目に出る 
 
こんな事が良くあります。 
 
日本では 
 
出る杭は打たれる 
 
って言葉がありますが 
 
どうやら大手の会社ではそれが良くあるようで 
 
そんな話をよく耳にします 
 
ある社員が頑張って営業の成果を上げれば 
 
その社員は 
 
他の鳴かず飛ばずの社員から見れば脅威となりますから 
 
排除圧力が働く事になります。 
 
つまり 
 
頑張れば会社の業績は上がりますが 
 
他の社員からすれば 
 
好ましくない人間 
 
って事になって 
 
追い出される 
 
なんて事が起るのです 
 
また実際にある銀行マンから昔聞いた事がありますが 
 
その銀行の不動産部で出世するのは 
 
成績ではないそうです 
 
いかに失敗をしないか 
 
これが出世の基準だそうです 
 
でどうなるか? 
 
仕事をすれば失敗する可能性が高くなりますから 
 
誰も仕事をしなくなる 
 
って話でした。 
 
当時は不動産部は銀行にとっては収益の柱ではありませんので 
 
元々売上は期待されてない 
 
そんな部署だったのです。 
 
それ以外にも 
 
大きな組織は 
 
その和を維持するためには 
 
有能でやる気のある人間は邪魔 
 
そんな事が起るのです。 
 
まぁ大きな組織はそれでも成り立つのかもしれませんが 
 
我々零細企業にはそれは許されません。 
 
頑張らない社員を抱える余力は元々ありませんからね 
 
ですから 
 
当然頑張る人間を評価する事になります。 
 
ただ 
 
私が意識してる事は 
 
その結果についてはあまり追求しないって事です 
 
頑張った結果 
 
思うような成果が上げられなかったり 
 
あるいは失敗したり 
 
なんて事になっても 
 
私は責める事はありません。 
 
結果だけで評価すれば 
 
逆に会社は成り立たなくなります。 
 
理由は 
 
会社全体としては 
 
成績が上がる者上がらない者 
 
それぞれバランスを取って成り立ってるからです。 
 
成績が良い人間だけ集めれば 
 
それで会社が成り立つ訳ではありません。 
 
そんな事を日々考えてますから 
 
奄美の熱血先生 
 
叩くだけではなく 
 
少し評価して上げられないのか? 
 
ってふと思った訳です。 
 
まぁ教育委員会と言っても 
 
皆さん自分に責任が及ばない事が第一でしょうからね 
 
どうしても 
 
無難な結論に落ち着くのでしょう 
 
止む得ない事です。 
 
最近は教育委員会以外にも 
 
第三者委員会が流行ですが 
 
どうもこの委員会ってのは 
 
保身に走る皆さんが自らの責任回避のために作ってるように思えて 
 
いまいちしっくり来ませんね。 
 
まぁしかし 
 
そんな委員会を作らないと 
 
視聴率を意識したマスコミの的外れな攻撃で 
 
人民裁判が始まりますから 
 
世の流れ 
 
そうも言えるんでしょうね。 
 


Name: DelKey:
Mail: URL:
Cookie  




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++