駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 12月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - - -

12月 31日 (月) 雑草と言う名前の植物はない ....
12月 30日 (日) 返事が無い事を返事にすればス....
12月 29日 (土) 家族に恵まれないと人生地獄
12月 28日 (金) 口約束には賞味期限があります
12月 27日 (木) 今日で今年の営業は終了です
12月 26日 (水) 生産性を伴わない金儲けは大昔....
12月 25日 (火) 正月は他人の家を見る良い機会....
12月 24日 (月) 沖縄でのゴルフが無くなる理由
12月 23日 (日) 勝ってしまったら加害者 負け....
12月 22日 (土) 身に覚えのない借金


 

 12月 13日 (木)
 あまり考えた事ありませんね〜
最近目にした本のタイトル 
 
衝撃的でしたね 
 
“長生き地獄” 
 
今の日本を表す言葉なんでしょうが 
 
多分共感する人がいるから売れるんでしょうね。 
 
長生きは幸せ 
 
この前提の下で 
 
医療も福祉もその目標に邁進した結果 
 
社会が 
 
死にたくても死ねない 
 
そんな風になってしまったって訳です。 
 
樹木希林さんの 
 
死ぬ時くらい好きにさせてよ 
 
って言葉 
 
本当に重みがありますよね。 
 
しかし日本人の生死感 
 
どうやら諸外国とはギャップがあり続けてますよね。 
 
戦前までお国のために命を捧げる 
 
これが美意識の柱だった訳ですが 
 
逆に 
 
戦後は命は地球より重いって話になりました。 
 
しかしこれは善良な市民対しての話であり 
 
犯罪者は別ですよね 
 
欧米では死刑廃止の国が多数を占めてるのに 
 
日本ではその動きは大きくなりません。 
 
逆に年寄りの命 
 
これに対する日本の姿勢は欧米とは逆で 
 
とにかく命を救うし死なせない 
 
って事になっていますが 
 
欧米では死ぬ権利が語られ 
 
安楽死が認められるようになりましたからね。 
 
そんな国からすれば 
 
今の日本は命の後進国だそうです。 
 
死ぬ権利が認められず 
 
年寄りは長く苦しみを味わって人生を終る 
 
そんな不合理な社会が日本 
 
そんな風に見てる人がいます。 
 
まぁこの話は 
 
人それぞれ意見が分かれますし 
 
あまり語っても結論がありませんが 
 
少なくとも自分の生死感はしっかり持って 
 
最後の医療との関わりは選択するべきでしょうね。 
 
黙ってると 
 
長生き地獄に入れられ 
 
出る事が許されなくなる 
 
これも見方を変えれば今の日本って事になる訳ですから 
 
その地獄が嫌であれば 
 
ただ長生きでは無く 
 
健康で長生き 
 
これを目指すべきでしょうね。 
 
ただ 
 
やたら長生きが良い 
 
なんて考えてる人は 
 
世代格差がありますね。 
 
今の高齢者が若い頃は 
 
ほとんどの日本人が長生きする事無く死んだ訳ですから 
 
長生きに対する願望 
 
これを持つのは当然だろうと思います。 
 
逆に今の若い人は 
 
年寄りだらけの社会で生きてますから 
 
長生きに対する憧れ 
 
これは強くないように思いますね。 
 
私が不思議に思うのは 
 
イジメで子供が良く自殺しますよね。 
 
私たちの時代は 
 
その意味では 
 
学校ではすざましいイジメが蔓延していましたが 
 
それでも自殺する子供は聞いた事がありません。 
 
明らかに時代背景の違いで 
 
子供が自殺してる 
 
そう思います。 
 
今の時代は 
 
結婚せずに一人暮らしで一生を終える人も多い訳ですから 
 
長生きしても 
 
老後の世話をする人がいませんから 
 
あまり明るい未来は描けないと思います。 
 
しかしこの長生きを望まない世代 
 
羨ましいと思う事もありますね。 
 
先日後輩数人をお酒を飲みましたが 
 
若いですから 
 
ガンガン酒を飲んでました 
 
で 
 
私が聞いた訳です 
 
“身体の事は心配じゃ無いの?” 
 
って 
 
すると 
 
“あまり考えた事はありませんね〜” 
 
で私 
 
“定年になったらどうするの?” 
 
“あまり考えた事はありませんね〜” 
 
で 
 
また私 
 
“このままだと還暦まで生きられないかもよ” 
 
って言うと 
 
“自分の還暦なんて無い方が良いですね” 
 
・・・・ 
 
返す言葉がありませんでした 
 
私も既に長く生きすぎましたか? 
 
 
いずれにしても 
 
この男達と飲んで 
 
なぜか爽やかな気持になりました。 
 
不思議な物です。 
 
 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++