駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 12月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - - -

12月 31日 (月) 雑草と言う名前の植物はない ....
12月 30日 (日) 返事が無い事を返事にすればス....
12月 29日 (土) 家族に恵まれないと人生地獄
12月 28日 (金) 口約束には賞味期限があります
12月 27日 (木) 今日で今年の営業は終了です
12月 26日 (水) 生産性を伴わない金儲けは大昔....
12月 25日 (火) 正月は他人の家を見る良い機会....
12月 24日 (月) 沖縄でのゴルフが無くなる理由
12月 23日 (日) 勝ってしまったら加害者 負け....
12月 22日 (土) 身に覚えのない借金


 

 12月 14日 (金)
 自分の小さなお金と他人の小さなお金
大学生の頃のバイト先に 
 
長年アメリカで暮らした先輩がいました 
 
で 
 
時々色んな話を大変楽しく聞かせてくれたのですが 
 
その先輩はアメリカの食事に馴染んでしまい 
 
日本でも定期的にステーキを食べたくなるそうで 
 
行きつけの店がありました。 
 
で 
 
その店は良くある○キロ食べたら無料 
 
これを店に掲げてあったそうです。 
 
そうは言っても普通誰も挑戦しないのですが 
 
ある日アメリカから友人が来日したそうです。 
 
その友人はプロレスラーで 
 
もしかしたらステーキを完食できるかも? 
 
と言ってその店に連れて行ったそうです。 
 
で 
 
無料にチャレンジした訳ですが 
 
プロレスラーですから店でも目立ちますから 
 
いつの間にかお客様が集まり 
 
みんなで応援し始めたそうです。 
 
で 
 
たくさんの人が見守る中 
 
ガンガン食べて 
 
もう無料ゲット間違い無し 
 
って思ってたら 
 
最後の一口を残して 
 
“ギブアップ” 
 
って言ったそうです。 
 
その姿を見て 
 
本当に感動した 
 
って話をしていました。 
 
私はその場にいた訳ではありませんが 
 
話を聞くだけで胸がジンと来ましたね。 
 
格好良いですよね。 
 
でも 
 
このプロレスラーの行為 
 
これは無料のステーキより大きな物をゲットする秘訣 
 
そんな風にも言えます。 
 
つまり 
 
ステーキの代金は余計に払いますが 
 
それによって 
 
たくさんのファンを得る事ができますから 
 
ビジネスとして考えれば 
 
効率の良い宣伝になります。 
 
これがビジネス感覚が欠如した人であれば 
 
タダでステーキが食べれて大喜びかもしれませんが 
 
そこで終わりです。 
 
その後は 
 
せっかくそこに連れて行ってくれた友人は 
 
そのお店に2度と行けない 
 
って可能性もありますし 
 
もしかしたら 
 
それを見てた人は 
 
プロレスラーはケチ 
 
って思うかも知れません。 
 
まぁこの話 
 
人によってはどうでも良い話しかもしれませんが 
 
私は大変生き方の参考になりましたね。 
 
そんな視点で世の中を見ると 
 
本当に僅かのお金でビジネスチャンスを失う 
 
そんな人がたくさんいるのだと言う事も良く分かります。 
 
あまり具体的には書けませんが 
 
当社の社員を見ても 
 
親しく付き合って仕事を何度もしてた同業者の社長さん 
 
それがある日 
 
僅かなお金の事で 
 
人格攻撃までする 
 
そんな本質が見えて 
 
一気に付き合う気を失った 
 
なんてケースがたまにあります。 
 
その器の小さい部分を見せなければ 
 
仕事を続けて 
 
何度も売買で儲けるチャンスがあったのに 
 
それを見事に失う訳です。 
 
感覚的には 
 
数千円の事で怒鳴り散らかし 
 
数千万の取引を失う 
 
って感じです。 
 
そんな訳で 
 
小さなお金は 
 
実は小さなお金ではありません 
 
それによって 
 
その人の人格が表れる 
 
これを私は学んだのです 
 
ただ 
 
言っておきますが 
 
ただ金額が小さいからと言ってバカにしろって話ではありませんよ。 
 
逆に 
 
小さなお金を雑に扱えば 
 
自らの信用を落とし 
 
大きなビジネスチャンスを失う 
 
これも良く目にするシーンです。 
 
では 
 
同じ小さなお金なのに 
 
どうして 
 
ビジネスのチャンスを失ったり 
 
あるいはそれが大きな利益につながったりするのでしょうか? 
 
まぁ答えは簡単です。 
 
基本的に 
 
自分のために小さなお金に執着する人 
 
これはケチの烙印を押され人物評価落とします。 
 
逆に小さなお金であっても 
 
他人のお金を守る人 
 
これは大きく信頼される人間になります。 
 
私が 
 
皆さんが大家さんに提出する修理代などの見積もりに 
 
細かく口を挟むのは 
 
他人のお金に無頓着になれば 
 
当社の先は無い 
 
これが分かってるからです。 
 
くれぐれも 
 
私にそれを指摘されて 
 
フテ腐れる事が無いようにお願いします。 
 
私がその事に妥協する事はありません。 
 
 
 


  返信は初めてですが、毎日読ましていただいています。”視点”がとても参考になります。”他人のお金を大切にすること”いいですね。難しいですけど、気にかけていきます。
つかちゃん ..12/13 17:10(木)

  おはようございます
いつも勉強させていただいております。
今日のお金の話は大いに勉強になります。私はケチと自称していますが小さなお金、特に他人のお金に関しては仰せの通り気を付けて取り扱うようにしています。小さなお金で大きな信用を失うことのないようにこれからも気を付けようと思います。
岩井政海 ..12/14 6:06(金)

  とてもよい話を聞かせていただきました。
もっと若いときに、聞かせてもらえばさらによかった。
と、数千円の事で怒鳴り散らかしそうになる今の私がそう思います。

yk ..12/14 7:18(金)

  >つかちゃんさん
毎日読んでいただいてるなんて恐縮です
確かに難しいですね
ですから私は社員にこんな話を書いて再度認識を新たにするように促してる訳です。

>岩井政海さん
自分でケチを自称してる人にケチはいないんですよね。
多分金銭感覚が正常に備わってだけだと思います。

>ykさん

まぁ筋の通った話であれば金額が少なくても相手は納得しますが 単欲だけで怒鳴っては
人望を失いますよね。
欲がぶつかる世界ですから気をつけたいものです。

はるぼ ..12/14 16:06(金)

Name: DelKey:
Mail: URL:
Cookie  

Pass:






| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++