駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 12月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - - -

12月 31日 (月) 雑草と言う名前の植物はない ....
12月 30日 (日) 返事が無い事を返事にすればス....
12月 29日 (土) 家族に恵まれないと人生地獄
12月 28日 (金) 口約束には賞味期限があります
12月 27日 (木) 今日で今年の営業は終了です
12月 26日 (水) 生産性を伴わない金儲けは大昔....
12月 25日 (火) 正月は他人の家を見る良い機会....
12月 24日 (月) 沖縄でのゴルフが無くなる理由
12月 23日 (日) 勝ってしまったら加害者 負け....
12月 22日 (土) 身に覚えのない借金


 

 12月 22日 (土)
 身に覚えのない借金
ゴーンさんが特別背任で逮捕されましたね 
 
やっと納得って感じです。 
 
検察の狙いが分からず心配していましたが 
 
少し安心しました 
 
これまでの報道によれば 
 
大した罪では無いのに拘留してましたからね 
 
検察のレベルの低下を疑っていましたが 
 
まぁさすがに日本の検察 
 
って事で・・・ 
 
まぁしかし検察は 
 
勾留延長が認められずに慌てて逮捕したって感じですから 
 
どこまで証拠固めができてるのか? 
 
気になるとことですが 
 
ここまで強気の捜査をして来た訳ですから 
 
確信はあるんでしょうね。 
 
ただその特別背任の時期は2008年10月だそうですから 
 
10年も前の話なんですね。 
 
7年の時効は過ぎてますが 
 
渡航歴を調べて時効が成立してない事を確認した 
 
って報道されてますが 
 
ゴーンさんにとっては 
 
すっかり忘れた頃にやってきた災難 
 
って感じなんでしょうね。 
 
まぁ今回の犯罪はゴーンさん自ら犯した犯罪ですから 
 
しっかり償ってもらう 
 
これは当たり前ですが 
 
人間の世界は 
 
自分は何もしてないのに 
 
誰かのやらかしたツケを払わされる 
 
こんなやっかいなケースもありますよね。 
 
武家政治の時代は 
 
権力闘争に敗れると 
 
幼い子供まで殺された 
 
って話ですし 
 
忠臣蔵の赤穂浪士は 
 
藩主の松の廊下の刃傷沙汰で 
 
47人もの家臣が腹を切る事になったのです。 
 
日本で最悪だったのが太平洋戦争ですね 
 
中央の政治家の皆さんの判断ミスで 
 
私の村では普通に平和に暮らしてた人達が 
 
地獄の苦しみを負わされたのです。 
 
国レベルで見れば 
 
私たちのお爺さんの時代に行った朝鮮の植民地支配や日中戦争で 
 
今の日本人が責められ続けています。 
 
この話 
 
お侍や戦争の時だけの話ではありません。 
 
今の時代でも 
 
命は取られなくても 
 
自分の知らない負担 
 
これが突然のしかかって来る事があります。 
 
個人レベルでは 
 
例えば私の友人は 
 
不動産屋をやってた親が借金を残して突然亡くなり 
 
その後 
 
自分が連帯保証人になってたのが分かったそうです。 
 
で 
 
公務員で安定した生活を送ってましたが 
 
それではとても借金を返せないので 
 
亡くなった父親の後を継いで 
 
必死に働いたそうです。 
 
ただこの方の場合は 
 
その結果大成功してますから 
 
結果オーライですが 
 
普通の人でも知らない内に 
 
親の残した借金で苦しむ 
 
こんな構造はあるんだって事です 
 
腹立たしいですが 
 
これは無くなりませんので 
 
ある程度受け入れるしかありません 
 
ただ 
 
少し知識を持てば 
 
避けられた負担 
 
これもたくさんありますから 
 
日頃から 
 
こんな形で降りかかる災難を意識しておくべきでしょうね。 
 
たくさんありますが 
 
親が多額の借金を抱えてる可能性があれば 
 
相続放棄って言葉を頭に入れると良いですね。 
 
私の友人のケースは 
 
親の連帯保証人になってたから 
 
借金から逃れられなかった訳ですが 
 
単に親が死んだと言うだけであれば 
 
相続放棄をすればその借金を払う必要はありません。 
 
ただ 
 
その相続放棄は 
 
相続が発生した事が分かってから3ヶ月以内 
 
って事になってますから 
 
あまり時間はないのです。 
 
ですから 
 
気がついたら 
 
親の借金がのしかかってきて 
 
逃れられない 
 
こんな事になってしまった人 
 
日本中にはたくさんいると思いますね。 
 
そんな訳で 
 
少し知識を持つだけで 
 
誰か他の人がやらかした責任を負わなくて済む 
 
こんなケースはたくさんありますので 
 
今の時代に生きてには 
 
少し勉強する気持を常に持つべき 
 
私はそう思います。 
 
そう言えば 
 
私の友人が以前 
 
見知らぬ男が東南アジアで感染した性病を移された 
 
なんて怒ってましたね 
 
どうして感染したかと言えば 
 
当然媒介した人がいる訳です 
 
そして 
 
その媒介者である女性とは結婚まで考えてたそうです。 
 
あまりにも気の毒で 
 
笑えませんでしたね。 
 
それ以来会ってませんが 
 
元気にやってますかね 
 
真面目な良い男だったんですが・・・ 
 
 
もう随分前の話です。 
 


  赤穂の47士は、自らした吉良邸討ち入りというテロ行為で切腹になったのであって、藩主の松の廊下(これもテロ行為だ)での行為のせいで切腹になったわけではありませんね。
真田 ..12/22 8:51(土)

  >真田さん
直接的にはそうなんですが 松の廊下の事件で赤穂藩が取りつぶしになり討ち入りに走った訳ですから私は軽率な藩主のせいで忠実な藩士がたくさん死ぬ事になった
自らの戒めも含めて
そんな評価をしています
はるぼ ..12/22 11:38(土)
>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++