駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ

人気blogランキングへ


名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 12月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - - -

12月 17日 (月) 辛くても緊張のある道
12月 16日 (日) 思い込みが強いと独り相撲の力....
12月 15日 (土) イブの夜はアブナイ
12月 14日 (金) 自分の小さなお金と他人の小さ....
12月 13日 (木) あまり考えた事ありませんね〜
12月 12日 (水) 第三者委員会は人民裁判対策?
12月 11日 (火) 負動産時代の優れもの???
12月 10日 (月) 内集団バイアス
12月 09日 (日) 忠臣蔵のミカタ
12月 08日 (土) 相撲の世界でも暴力は時代遅れ....


 

 12月 4日 (火)
 自分は救われたのに誰一人救う事はできない
肥大した自己愛と現実との折り合いがつけられなくなった時 
 
人の思考は柔軟性を失って硬直化し 
 
現実から乖離した内向きな物語に取り込まれて行く 
 
新聞のコラムに載ってた言葉ですが 
 
この話 
 
我々人間に誰でも備わってる破綻の原理ですよね。 
 
太平洋戦争に突き進んだときには 
 
日本全体がそのロジックにはまってた訳ですし 
 
連合赤軍とかオウム真理教 
 
この悲劇もそこに行き着く 
 
そんな風にも感じます。 
 
これ 
 
ビジネスでも同じですよね。 
 
私はバブルの時に 
 
このパターンで転落していく人 
 
たくさん目にしました。 
 
大金を手にした社長さん達の中には 
 
一定割合で自己評価が高まり 
 
その結果自己愛が強まり 
 
バブルが崩壊してく過程でも 
 
思考の柔軟性を失い 
 
“まだ行ける” 
 
なんて感じでガンガン突き進み 
 
最後は社員の給料も踏み倒してドロン 
 
たくさんいましたね。 
 
最近ではネットで一時増殖した 
 
パソコンオタクの経営者にそれが見られました。 
 
ネットの黎明期では 
 
少しパソコンに詳しいだけで不動産業界でも儲けた人達がいましたが 
 
そんな人達も書いてるブログを見ると 
 
自己評価と自己愛が強くなって 
 
舞い上がってるのが良く伝わりましたので 
 
長くは無いだろう 
 
って感じてましたが 
 
大体その通りになりました。 
 
時代はパソコンとネットが急激に普及して 
 
もうその知識だけで食べてくのは無理 
 
私達はそんな風に感じてましたが 
 
本人達は 
 
まだその現実から目を反らして 
 
相変わらず自分はまだ通用する 
 
なんて勘違いして 
 
実際の世界から乖離して 
 
最後は逃げるように居なくなるのです。 
 
ですから 
 
私は 
 
物事が上手く行く→自己評価が高くなる→自己愛が強くなる 
 
→現実から乖離した妄想の世界に入る 
 
これは自分自身も陥る可能性がある訳ですから 
 
いつもそれは意識して居ます。 
 
まぁこの歳ですからね 
 
どんなに好調でも舞い上がる事はありませんが 
 
しかし若い頃は 
 
自分は特別な存在 
 
そんな風に持ってた時期がありますから 
 
大変危険な状態でもあった訳です 
 
で 
 
そのリスクに気づいて修正したから今がある訳ですが 
 
では 
 
その修正はどうやって行ったか? 
 
残念ながら 
 
自分自身でそうした訳ではありません。 
 
私には 
 
目を覚まさせてくれる友人達がいたのです 
 
そのおかげで 
 
今こうやってメシが食えてる 
 
これも間違いありません。 
 
つまり 
 
私は今偉そうにこんな話を書いてますが 
 
はっきり諭す友人がいなければ 
 
自己評価が高まり自己愛が強まる 
 
この転落の方程式に見事にはまる 
 
そんな人間だった訳です。 
 
ですから 
 
自分自身が破滅の道に進まなかったのは 
 
自分だけの力ではありません 
 
真の友人がいた事の幸運 
 
これがあって今があるのです。 
 
逆に 
 
私はその転落パターンにハマッてる友人には 
 
強く意見を言う 
 
そんな事も意識して居ます 
 
と言うより意識して居ました 
 
て感じですね 
 
もう今は 
 
人に捨て身でアドバイスする事はありません。 
 
理由は 
 
私自身は友人の捨て身のアドバイスで救われましたが 
 
私が同じ事をした人は 
 
悉く絶縁で終ったからです。 
 
誰一人救う事はできませんでした。 
 
そんな経験から 
 
もう余計なお節介は止めよう 
 
そう決めてる訳です。 
 
少し聞く耳を持てば助かったのに 
 
なんて思う人は 
 
たくさんいます。 
 


  社長様の周りに救われた人はいなかったのかもしれませんが、
このブログを通じて救われた人は大勢いると思います。
私も、その一人かもしれません。
au ..12/5 10:54(水)

  >auさん
有り難う御座います
そう言って貰えると
何か救われたような気がします。
はるぼ ..12/5 17:49(水)

Name: DelKey:
Mail: URL:
Cookie  

Pass:






| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++