駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ

人気blogランキングへ


名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 2月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
- - -

2月 28日 (水) 憧れる世界は存在しない
2月 27日 (火) 加齢と共に嫌悪感が同情心に変....
2月 26日 (月) 不労所得の弊害
2月 25日 (日) 会社と家庭のカベを低くしたい
2月 24日 (土) 共有物は汚しまくり 個人の所....
2月 23日 (金) ねつ造、隠蔽はビジネスを支配....
2月 22日 (木) 死んだ人より生きてる人
2月 21日 (水) 決断は意思よりデフォルテ
2月 20日 (火) 一口で言えば農耕型零細企業
2月 19日 (月) 賃料を払う人がいてこその資産家


 

 2月 14日 (水)
 天動説型人間になりませぬように・・
私がゴルフをやって良かったと思う事のひとつに 
 
人間のカテゴリー分けをするようになった事があります。 
 
私は以前はネットのゴルフサークルであっちこっち飛び回っては 
 
知らない人とゴルフをしていましたので 
 
本当にたくさんの人とプレーをしました。 
 
今は所属クラブで回る事が多くなりましたが 
 
それでも意識して月に一度は 
 
予約せずに行って他のメンバーと回る事にしています。 
 
つまり 
 
相変わらず見ず知らずの人と回ってるって事です。 
 
この体験は大変貴重で 
 
たくさんの人と一日一緒の時間を過ごすことで 
 
人間の種類がある程度決まってる 
 
これが分かるのです。 
 
気が短い人長い人 
 
あるいは大人しい人、うるさい人 
 
またゴルフの本当の目的は異性探し 
 
なんて人も良くいました。 
 
そんな人間観察の結果 
 
自然とカテゴリーで人を見るようになったのです。 
 
そうやって人間を見ると 
 
自分の過去にはムダな争い 
 
これがたくさんあった事に気づきます。 
 
言い換えれば 
 
私が仲良く出来ないタイプ 
 
これも今ははっきり分かるようになったのです。 
 
ですから 
 
今は 
 
そんな人達と深く交わる事はしませんので 
 
ケンカにもならずに済む訳です。 
 
では私との相性が悪いタイプは? 
 
誤解を恐れずに言えば 
 
理解力が乏しい人です 
 
ただ 
 
理解が乏しいと言うだけで合わない訳ではありません。 
 
私が合わないのは 
 
視野が狭いのに 
 
その狭い視野の中に周りを押し込めようとする人です。 
 
具体的には絶縁状態になったある男は 
 
隣国嫌いが悪化して 
 
自分の考えに沿わない意見には 
 
大声で一方的に相手の意見を封じる 
 
そんな態度に出るようになりました 
 
で 
 
私はそれを正そうとして 
 
口に泡を飛ばして言い争った訳です。 
 
本当に愚かでした。 
 
自分の考えに少しでも反する意見に感情的になるのであれば 
 
その段階で相手にすべきでは無かったのです。 
 
相手にしなければ 
 
ケンカもありませんから 
 
距離を置いて当たり障りのない付き合いはできた 
 
なんて後悔しています。 
 
この私のカテゴリー分け 
 
世の中には私よりはるかに達人がいて 
 
“川端さんは天動説型人間とは合いませんね” 
 
なんて言われた事があります。 
 
まさに言いたい事はそれです。 
 
ガリレオを裁いた人達は 
 
創世記と矛盾する惑星の動きからは目を反らし 
 
ただ違う考えを抹殺した訳ですが 
 
このタイプが私とは合わないのです。 
 
まぁ実際には私と合わない訳ではありません 
 
誰とも合わないのです。 
 
ですからそんなタイプのゴルファーは 
 
身近にゴルフ仲間がいなくて 
 
ネットであっちこっち行く訳です。 
 
私が縁遠くなったある天動説型の人間は 
 
疎遠になったのは私だけではありません 
 
知合いからほとんど距離を置かれます。 
 
ですから 
 
ゴルフで学んだ事は 
 
絶対に天動説型人間になってはいけない 
 
って事です。 
 
そのためには 
 
自分の理解が及ばない世界 
 
これを認めて 
 
誰かを自分の狭い世界に押し込もうとする愚かさ 
 
これに気づく事です。 
 
で 
 
自分の世界を狭くするのは 
 
理解力の欠如だけではありません。 
 
救いようがないのは 
 
自分の好き嫌いで世の中の判断してしまうタイプです。 
 
この視野の狭さは異常で 
 
今は私自身は 
 
最初から相手にしません。 
 
まぁしかし人間は 
 
元々は理解力があっても 
 
加齢と共に脳細胞が減少しますから 
 
視野は狭くなります。 
 
この狭くなる視野が人生に悪影響を及ぼすのを防ぐには 
 
自分の能力の低下を認める事です。 
 
若い頃は普通だったのに 
 
歳をとったら頑固で家族とも合わない 
 
って人達は 
 
悉く 
 
狭くなった世界に周りを引き込もうとするかそうなるのです。 
 
そうならないように 
 
私自身は 
 
還暦を過ぎてからは 
 
社員に対して 
 
あまり押しつけがましい事は言わないように心がけています。 
 
その心がけは間違ってないと思いますが 
 
社員は 
 
“社長たまには怒鳴って下さいよ” 
 
なんて言って来る事がありますね。 
 
残念ながら 
 
もうそんな気力も能力もありません。 
 
穏やかな人生 
 
これが私のこれからの生きる道です。 
 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++