駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ

人気blogランキングへ


名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 2月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
- - -

2月 28日 (水) 憧れる世界は存在しない
2月 27日 (火) 加齢と共に嫌悪感が同情心に変....
2月 26日 (月) 不労所得の弊害
2月 25日 (日) 会社と家庭のカベを低くしたい
2月 24日 (土) 共有物は汚しまくり 個人の所....
2月 23日 (金) ねつ造、隠蔽はビジネスを支配....
2月 22日 (木) 死んだ人より生きてる人
2月 21日 (水) 決断は意思よりデフォルテ
2月 20日 (火) 一口で言えば農耕型零細企業
2月 19日 (月) 賃料を払う人がいてこその資産家


 

 2月 18日 (日)
 専門家でも調べなければ分らない事が多いのです
ITの進化はトラブルの多発を伴いながらここまで来ましたが 
 
しかし最近つくづく思いますが 
 
コンピューターは進化するに従い 
 
人体に似てきましたね。 
 
具体的には専門家でも簡単には解決できない事が増えました。 
 
最近もクラウドに不具合があって 
 
コールセンターとやり取りしましたが 
 
もう相手もお手上げに近くなっています。 
 
人体と似てると言うのは 
 
人間の病気も高度な医療技術で解決できる事が増えましたが 
 
それでも医者の手に負えない 
 
そんな難病が存在するって事です。 
 
特に私が人体とコンピューターが似てると思うのは 
 
専門家が解決できない事が 
 
実は素人でもふとした事で問題を取り去る事ができる 
 
こんな事が頻繁に起るようになったからです。 
 
昔私の義兄が 
 
指の痛みが取れずに 
 
色々検査した結果 
 
腱の移植手術をする事になりました 
 
で 
 
ベッドで待ってる間 
 
暇なので指を動かしてると 
 
やはり痛むそうです 
 
でももうすぐ手術ですから 
 
試しにいたいのをガマンして 
 
思い切り曲げたそうです 
 
すると 
 
グキッて音が鳴り 
 
その瞬間 
 
信じられない位に痛みがなくなったそうです。 
 
で 
 
手術は中止になり 
 
その後今に至るまで元気です。 
 
パソコンも 
 
先日の不具合は 
 
どうしても直らないので 
 
私が試しに 
 
ソフトをアンインストールして入れ直したら 
 
簡単に解決しました。 
 
そんな感じで 
 
今の時代のITの世界は 
 
それを提供してる専門家と言えども 
 
高度に発達過ぎために 
 
人間の脳がついていけない 
 
そんな事がたくさんある訳です。 
 
そんな時代に生きて行くには 
 
専門家任せではなく 
 
自分自身で考える 
 
これを習慣づける必要があると強く感じます。 
 
私自身 
 
不動産の専門家のつもりですが 
 
それでもお客様に間違った説明をした事もあれば 
 
査定を間違えた事もあります。 
 
また 
 
逆に 
 
弁護士の間違い税理士の間違い 
 
あるいは測量士の間違い 
 
こんな事も何度も指摘した事があります。 
 
そんな体験をしたから 
 
専門家に頼り切る事のリスク 
 
これをいつも感じるのです。 
 
しかし 
 
この専門家のミス 
 
よく犯す人とそうでない人に分かれますよね。 
 
その傾向をもたらすのは性格 
 
これもはっきり分かります。 
 
具体的には 
 
ミスをやらかす専門家は 
 
自分のプライドが高くて 
 
自分が知らない事を正直に言えずにぼやかす 
 
だからミスるのです。 
 
私の知合いで 
 
胃がんで奥さんの命を落とした方がいますが 
 
何度も医者に通ってるのに 
 
単に胃炎だと決め付けてありきたりの胃薬ばかり貰っていましたが 
 
ある日自分から 
 
大学病院を紹介するように強く言ったそうです 
 
で医者は渋々紹介状を書きましたが 
 
それを持って大学病院に行って検査したら 
 
手遅れだったそうです。 
 
そんな訳で 
 
医者ですら自分が知らない 
 
なんて事は中々口にできずに 
 
深刻な事態を招く訳です。 
 
これが 
 
専門家が陥るミスの公式です。 
 
ですから 
 
今の時代に言える事は 
 
たとえ些細な事であっても 
 
不確かな事は 
 
後で調べてお答えします 
 
これを口に出来る勇気 
 
絶対に必要です 
 
不動産の知識は 
 
本当に幅広く要求されますから 
 
お客様に聞かれても 
 
その場では答えられない事が多いはずです。 
 
そんな時に 
 
プライドが邪魔して 
 
分かりません 
 
って言葉が出ないと 
 
高い確率で地雷を踏みます。 
 
社員のみなさん 
 
いつもその辺を意識して 
 
不用意な発言はしないように心がけてください。 
 


  昔上司に言われました。
100%知っていても、あえて答えるのは8割程度にして、残りは調べてきますと言ったほうがお客様の信用につながると教えてもらいました。言われたことを全てすらすら言われると胡散臭くなるそうです。
役職や年令によって使い分けるのも必要ですね。
m386 ..2/22 17:27(木)

  >m386さん
私もそう思いますね
知ったかぶりは逆に信用を落とす
これは自分が顧客の立場になってもよく感じます。
はるぼ ..2/24 17:24(土)
>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++