駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ

人気blogランキングへ


名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 2月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
- - -

2月 28日 (水) 憧れる世界は存在しない
2月 27日 (火) 加齢と共に嫌悪感が同情心に変....
2月 26日 (月) 不労所得の弊害
2月 25日 (日) 会社と家庭のカベを低くしたい
2月 24日 (土) 共有物は汚しまくり 個人の所....
2月 23日 (金) ねつ造、隠蔽はビジネスを支配....
2月 22日 (木) 死んだ人より生きてる人
2月 21日 (水) 決断は意思よりデフォルテ
2月 20日 (火) 一口で言えば農耕型零細企業
2月 19日 (月) 賃料を払う人がいてこその資産家


 

 2月 26日 (月)
 不労所得の弊害
先日来店した家主さん 
 
随分怒っていました。 
 
で担当の社員が対応してるのに聞き耳を立ててたのですが 
 
気の毒な位に筋違いの話しでした。 
 
具体的には 
 
怒ってる理由は 
 
当社で契約した家賃が安すぎる 
 
って話しですが 
 
なんせ契約してから2年も経過してるのに 
 
いきなり激怒してる訳です。 
 
で 
 
どうして家賃が安すぎると思ったかと言えば 
 
知合いに言われたそうです 
 
“その家賃安いよって” 
 
理由はそれだけです。 
 
その知合いは素人ですが 
 
そんな話しで頭に血が上ったようです。 
 
担当は 
 
当社としては相場を徹底的に調べて 
 
それで賃料を提示してご了解いただいて契約した訳で 
 
素人の方の話しだけで怒るのは筋違いである事 
 
これを粘り強く話して 
 
なんとか納得してもらいました。 
 
で 
 
落ち着いてからもしばらく話してましたので 
 
どうしてそうなったか 
 
理由も分りました。 
 
この方が家賃が安いと怒った理由 
 
それは 
 
自分の将来が不安になったからです。 
 
具体的には 
 
定年退職が近づき 
 
収入が途絶える 
 
その備えで 
 
分譲マンションの一室を買って家賃を生活費の一部に充当 
 
なんてつもりで不動産投資を始めた訳ですが 
 
実際に定年になり収入が入らなくなったら 
 
その家賃に対する依存度が高くなり 
 
結果 
 
それまで大して気にも止めなかった賃料 
 
これに意識が行くようになり 
 
素人の知合いの話にも激怒した訳です。 
 
この話 
 
特殊なように見えますが 
 
私たちはたくさんの家主さんを見てきて 
 
このパターンは本当によく目にします。 
 
家賃収入は不労所得ですが 
 
これは他に収入があって 
 
それに加えて手にする分には 
 
大変精神衛生上良い結果となる訳ですが 
 
他の収入が途絶え 
 
家賃収入だけで生活する 
 
って事になれば 
 
急激に精神状態が不安定なる 
 
そんな家主さんはたくさんいます。 
 
まぁしかしもちろん誰でもそうなる訳ではありませんが 
 
傾向として 
 
余裕のない計画 
 
これは大変精神衛生上よくない 
 
これは間違いなく言えます。 
 
ですから 
 
最近よくネットで 
 
不動産投資で安定した老後 
 
みたいな話しを目にしますが 
 
これは 
 
大変大きな危険もはらんでいます。 
 
そしてその危険は 
 
金銭的な側面そのものよりも 
 
精神的な悪影響 
 
これが大きい事が 
 
私たちの仕事をしていると良く分ります。 
 
元々大変優秀な方なのに 
 
家賃収入に頼る老後の計画を実践したために 
 
精神的におかしくなる人は 
 
本当にたくさんいます。 
 
そしてそうならないためには 
 
不動産投資を考えるのであれば 
 
精神状態の悪化 
 
この備えも必要だろうと思います。 
 
どうすれば良いかと言えば 
 
一つには人とのつながりを保つ事です。 
 
今回の家主さんも 
 
こんな態度に出たのも 
 
退職により人間関係が途切れたからです。 
 
ですから 
 
たまたま居酒屋で出合った人の言葉で 
 
血相変えて怒るまでになるのです。 
 
日本人は 
 
会社を離れれば 
 
急激に人のつながりが無くなります。 
 
家賃収入がなければ 
 
シルバーに勤めたりなんかしますが 
 
家賃収入があるばかりに 
 
働かずに毎日テレビを見て過ごす事になります。 
 
結果 
 
感覚が世間とズレる訳です。 
 
これは本当によく目にするパターンですから 
 
くれぐれもそうならないように 
 
って話しです。 
 
 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++