駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ

人気blogランキングへ


名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 3月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

3月 31日 (土) 尊いのは勤労所得
3月 30日 (金) 物理的な距離とリスク
3月 29日 (木) 辛いのもまた良し
3月 28日 (水) 偏屈にしたのは不動産屋
3月 27日 (火) この世は分らない事だらけ
3月 26日 (月) 一番の目標は与えられた命を全....
3月 25日 (日) ポピュリズムが通る組織は未熟....
3月 24日 (土) 外への発信から自分の内面整理....
3月 23日 (金) 文章 読むのと書くのは大違い
3月 22日 (木) 良い睡眠のために昼間はクタク....


 

 3月 20日 (火)
 肉体的な強さは仇になる時代
またまた相撲ネタで恐縮です。 
 
貴乃花部屋の暴行事件 
 
最悪のタイミングですね。 
 
今まで被害者側の親方だっために 
 
散々協会に反抗的な態度を取ってる最中 
 
まさかの自分の弟子が加害者になる事件が発生したのです。 
 
この暴行した貴公俊って若い力士 
 
何でこんな状態の時に付き人に暴行したのでしょうね? 
 
まぁ結論から言えば 
 
その衝動を抑えるのは簡単では無いって事です。 
 
私も子供の頃はよく殴り合いのケンカをしましたが 
 
それをすれば自分が怪我をする事 
 
そして先生には厳しく叱られること 
 
これが分っていても 
 
その場では頭に血が上りガマンできないのです。 
 
人を殴りたくなる衝動ってのは 
 
本当に強烈で 
 
時には理性のバリヤを突き破るのです。 
 
この衝動 
 
普通は大人になれば封印する事ができますが 
 
しかしそれが出来ない人もたくさんいるから 
 
世の中に暴行事件が無くなる事は無い訳です。 
 
人を殴ると言う事は 
 
今の時代では一番の悪です。 
 
それまでたとえどんなに相手が悪くても 
 
手を出した瞬間善悪は逆転します。 
 
散々むかつく態度を取った相手でも 
 
手を出した瞬間 
 
殴った方は手錠をかけられ 
 
そのムカつく人間は被害者として手厚く扱われるのです。 
 
これが今の時代です。 
 
もしかしたらそんな事は昔から分かり切ってる 
 
なんて思ってる人がいると思いますが 
 
その認識は間違ってますね。 
 
こんな時代になったのはごく最近の話しです。 
 
もちろん悪意のある暴力は昔からダメでしたが 
 
善意の暴力 
 
これは最近まであまりとがめられたかったのです。 
 
少し前のテレビドラマを見ればよく分ります 
 
熱血先生が不良を殴って更正させるのは 
 
学園ドラマの定番の感動シーンでしたし 
 
今でも体育会系の人間に対して 
 
先輩への礼儀がしっかりしてる 
 
なんて褒められる事が多いですが 
 
少し前までは 
 
体育会系の人間は 
 
先輩に殴られて礼儀を覚える 
 
これが普通に行われてたのです。 
 
私が親しくしてる同業者の中にも 
 
有名体育会系大学の卒業生がいて 
 
よく飲んで話しをしますが 
 
“今の時代ならオレ達全員退学ですよね” 
 
みたいな話しをします。 
 
つまり法律では暴力は昔から否定されますが 
 
社会の中の認識としての暴力の完全否定は 
 
ごく最近になって急激に広まったのです。 
 
最近になって広まったと言う事は 
 
世の中にはまだ認識がついていけない 
 
そんな人達もたくさんいるって事です。 
 
日馬富士も 
 
可愛いモンゴルの後輩の態度が悪いので 
 
それを直そうと思って殴った訳ですが 
 
学園ドラマ全盛時代であれば 
 
まさに熱血教師そのものです 
 
誰も非難しなかったでしょう。 
 
実際今でもモンゴルで日馬富士を擁護する人が多いそうです。 
 
貴公俊ももしかしたら 
 
付き人の態度がなってなかったのかも知れませんね 
 
がこれも今の時代は 
 
全く言い訳になりません 
 
この時代認識 
 
特に私たちの仕事をするのであれば 
 
しっかり頭に叩き込みましょう 
 
この仕事をすれば 
 
本当に嫌な人間とたくさん出合います。 
 
私自身 
 
顔を見たくない人はたくさんいます 
 
そんな環境だからこそ 
 
暴力は絶対に封印する 
 
この意識を強く持たなければならないのです。 
 
そして 
 
その意識は 
 
年々強くしていかなければならないのです 
 
理由は 
 
暴力による指導の弊害として 
 
礼儀を知らない人が増えてきてるのです 
 
つまりこれからムカつく人間が増え続けるのです。 
 
当社のお客様でも 
 
暴力団排除条例でその世界のプの方達が封じられてるために 
 
素人が入墨を見せて威嚇しながらやってくる人もいます 
 
昔であれば専門職の皆さんに事務所に連れて行かれて 
 
しっかり教育されたはずですが 
 
今は野放しって訳です。 
 
また 
 
些細な事にイチャモンをつけてくる素人も増えました 
 
何度も録音を取ってますが 
 
聞くに堪えられない口調で恫喝してきます。 
 
皮肉な事ですが暴力の完全否定で 
 
逆に素人の礼儀知らずが爆発的に増えてるのです。 
 
これからはそんな人達が世の中に蔓延しますから 
 
ますます自分の中の暴力の衝動 
 
これはしっかり封印する必要があるのです。 
 
昔は不動産の世界は 
 
少し強面 
 
そんな人が重宝される時代もありましたが 
 
今の時代は 
 
ケンカが強いだのなんだのって話しは 
 
この世界では何の役にも立ちません 
 
これからは 
 
肉体的な強さより 
 
求められるのは内面の強さです 
 
女性がこの世界で活躍できるのも 
 
内面は男より強い 
 
これが大きな武器になってるからです。 
 
当社でも女性の営業マン 
 
採用してみようか? 
 
なんてふと思う事があります。 
 
いずれにしても 
 
肉体的に強くて 
 
ケンカに自信がある人 
 
今の時代は危険ですよね。 
 
東名で事故を起こしたバカヤローもケンカに自信があったようですが 
 
そのせいで20代で長期の刑務所暮らしと 
 
刑務所を出ても 
 
一生賠償金の支払いに追われる事になります 
 
人生ブチ壊しです。 
 
 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++