駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 3月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

3月 31日 (土) 尊いのは勤労所得
3月 30日 (金) 物理的な距離とリスク
3月 29日 (木) 辛いのもまた良し
3月 28日 (水) 偏屈にしたのは不動産屋
3月 27日 (火) この世は分らない事だらけ
3月 26日 (月) 一番の目標は与えられた命を全....
3月 25日 (日) ポピュリズムが通る組織は未熟....
3月 24日 (土) 外への発信から自分の内面整理....
3月 23日 (金) 文章 読むのと書くのは大違い
3月 22日 (木) 良い睡眠のために昼間はクタク....


 

 3月 27日 (火)
 この世は分らない事だらけ
社員から質問があり 
 
消費税の事を調べてるのですが 
 
まぁしかしこのシステム 
 
本当に複雑ですね。 
 
調べれば調べるほど難しくなって行きます。 
 
で 
 
最後はどうしても分らないので 
 
社員が税務署に電話しました 
 
で 
 
さすが税務署 
 
明確な回答を頂いたのですが 
 
しかしその回答では 
 
どうしてもネットでの解説とは矛盾が出てきます。 
 
で 
 
お客様に説明する前に 
 
さらに別の税務署に確認する事になりました。 
 
まだその結果は出ていませんが 
 
しかしこんな事を体験する度に思いますね。 
 
時代に脳がついていけない 
 
と 
 
と言うよりこの時代に付いて行けてる人はいるんでしょうか? 
 
法律が数千とあり 
 
しかもそれにからんで無数に判例があるとすれば 
 
法治国家であっても 
 
実は誰も法律を知らない 
 
そんな実態が見て取れます。 
 
今回の件も 
 
法律には明確に書かれてないから 
 
あれこれ調べる訳ですが 
 
調べると 
 
これまた無数に消費税について書いたサイトはありますが 
 
私たちの疑問に答えてる書き込みは見当たりません。 
 
こんな時にはどうしましょうかね? 
 
実際に当社でも良く担当が調べても分らずに 
 
憔悴する事があります。 
 
が 
 
実はこの話しはそんなに悩む事ではありません。 
 
散々手をつくして回答が見つからないのであれば 
 
お客様にはその事を伝えれば良いのです。 
 
また 
 
最悪のケースは必ず付け加えます。 
 
これを行って 
 
契約する 
 
ってお客様が判断すれば先に進めば良いし 
 
そうでなければ中止するだけです。 
 
この簡単な話が 
 
実は不動産屋の落とし穴でもあります。 
 
つまり 
 
知らない 
 
って事をプライドが邪魔して口に出せずに 
 
確信が持てない事を断言すると 
 
後で大きな代償を払う可能性が高くなります。 
 
そのパターンに陥らないためには 
 
この無数にある法律は 
 
知らない事は別に恥ずかしい事では無く 
 
むしろ当たり前 
 
って自覚する事です。 
 
そうすれば 
 
分らない事があれば 
 
徹底的に調べれば良いし 
 
調べた結果分らなければ 
 
その事を明白にして先に進めば良いだけの話しです。 
 
まぁ私たち不動産屋は元々社会的な地位も高くありませんから 
 
それが簡単にできますが 
 
税理士や 
 
あるいはコンサルタントみたいな人達は 
 
自分の無知を晒せば 
 
顧客の信用を失う 
 
そんな恐怖からか 
 
どうしても定かでない事を言い切る傾向がありますね。 
 
弁護士も同じです。 
 
昔、ある弁護士とやりとりした時に 
 
その弁護士さん 
 
明らかに間違った認識で話してましたので 
 
私がそれを指摘すると 
 
顧客の前だったために 
 
顔を赤らめて反論してきました 
 
こんな時に私が取る態度は決まってます。 
 
相手が頭に血が上り冷静さを失ってるのであれば 
 
例え弁護士であってもこれ以上の議論は害はあっても益はありません 
 
ですから 
 
“先生私の認識が間違ってるかも知れませんので一旦持ち帰り調べさせて下さい” 
 
って言うだけです。 
 
実際には持ち帰って調べるのは私だけではなく 
 
弁護士の先生です。 
 
このケースも 
 
散々刑事にするとかなんとか息巻いてたのに 
 
その後は一本の電話もありませんでした。 
 
そんな感じで 
 
弁護士であっても 
 
法律をすべて知ってるかと言えば 
 
不動産の事に関して言えば 
 
大抵の先生は私たちに比べれば 
 
素人並みの知識しかありません。 
 
過去には 
 
“いくら建物の登記があっても契約書がなければ借地権は存在しない” 
 
って言い切った先生もいました。 
 
いずれにしても 
 
今の時代に生きるには 
 
知らない事を恥ずかしいと思うのではなく 
 
恥ずかしいと思うのであれば 
 
分らない事を調査する努力を怠る自分の横着 
 
これを意識する事です。 
 
これが出来れば 
 
大きな失敗はあまりやらかさないはずです。 
 
 
 
 
 


  税務調査を受けたとき、担当税務官もネットに載っている、どこかの税理士さんのHPをダウンロードしてきて見せてきましたよ。わからないときはネットで調べているといってました。(笑)
てっぺい ..3/27 10:56(火)

  >てっぺいさん
その話し大変面白いですね。
税務署の方までネットで調べないと分らないって事は当然不動産はその都度しっかり調べる事を習慣づけないと本当にまずいですね。
税金については特に丁寧な調査を心がけたいものです。
はるぼ ..3/27 18:52(火)
>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++