駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 3月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

3月 31日 (土) 尊いのは勤労所得
3月 30日 (金) 物理的な距離とリスク
3月 29日 (木) 辛いのもまた良し
3月 28日 (水) 偏屈にしたのは不動産屋
3月 27日 (火) この世は分らない事だらけ
3月 26日 (月) 一番の目標は与えられた命を全....
3月 25日 (日) ポピュリズムが通る組織は未熟....
3月 24日 (土) 外への発信から自分の内面整理....
3月 23日 (金) 文章 読むのと書くのは大違い
3月 22日 (木) 良い睡眠のために昼間はクタク....


 

 3月 29日 (木)
 辛いのもまた良し
現役時代は三冠王を取り 
 
引退後は名監督と言われた野村克也さん 
 
先日星野仙一のお別れの会に参列してる姿をテレビで少しだけ見ましたが 
 
随分弱っていますね。 
 
一人で歩けずに支えらえていましたね。 
 
どんなに運動神経に恵まれても 
 
どんなに体を鍛えてても 
 
老いは平等にやってくる 
 
これを改めて思い知らされました。 
 
私は2歳になったばかりの孫を良くお風呂に入れますが 
 
とても不思議な感覚になります。 
 
30年前 
 
自分の子供をお風呂に入れてた 
 
この時間が戻ったように感じるのです。 
 
しかし 
 
そこにいるのは孫であり 
 
あの時に 
 
私が帰宅すると飛びついて来た息子ではありません。 
 
あの息子は今ひげもじゃで 
 
体を鍛えてますから筋肉もりもりになっていて 
 
もう別人です。 
 
私が片手で持ち上げると大声で笑っていましたが 
 
今はも片手どころか重機を使ってしか持ち上げられません。 
 
この息子や孫の成長を見ると 
 
自分が老いるのは義務 
 
そんな気持が強くなります。 
 
新しい人が誕生したって事は 
 
退場する人がいなければ地球は人が溢れてしまいますからね。 
 
ですから 
 
私自身は 
 
もう今はオムツを替えた息子達に体力がはるかに及びませんが 
 
それはそれでむしろ安堵感 
 
そんな気持も湧いて来ます。 
 
この原理 
 
実は最近仕事でも良く感じています。 
 
私は若い頃は少しうぬぼれていて 
 
仕事では誰にも負けない 
 
そんな気持が強かったのですが 
 
あれから30年 
 
息子達に体力で勝てないのと一緒で 
 
その息子と同じ世代の社員達に 
 
勝てない 
 
そんな気持になる事が多くなりました。 
 
具体的には脳と体力と視力 
 
これが仕事では重要ですが 
 
脳は記憶力が低下してしまい 
 
例えば改正民法の施工時期 
 
何度も確認しては忘れます 
 
また視力はもうダメです。 
 
半日パソコンに向かうと 
 
もう目を開けていられなくなります。 
 
体力も最近まで力では社員に負けない 
 
そんな気持がありましたが 
 
最近社員が一人で冷蔵庫を運んでるのを見て 
 
もうデカイ口は叩けない 
 
そう思い知らされました。 
 
ですから 
 
最近は社員には教える事より教えられる事が多い 
 
そんな毎日です。 
 
ただ 
 
この状態 
 
私は肯定的に捉えています。 
 
家族も社員も 
 
私が頼れると思えば 
 
成長が遅れます 
 
“社長はもうヤバイ” 
 
そう思って貰った方が 
 
社員は成長する 
 
そんな風に確信しています。 
 
まぁしかし社員の皆さんは厳しくて 
 
私を休ませる気は無いようですが 
 
私自身は 
 
もう出来ない物は出来ない 
 
分らない事は分らない 
 
そんな開き直りの気持で 
 
毎日乗り切っています。 
 
加齢は 
 
個人で見れば 
 
淋しいようですが 
 
人間社会の健全さを保つ 
 
って意味では 
 
本当に大切な現象ですから 
 
私自身は喜んで受け入れるのです。 
 
まだ大量の仕事を抱えてますから 
 
辛いと感じる時も多いですが 
 
辛いのもまた良し 
 
そう自分に言い聞かせて 
 
もうしばらく頑張ります。 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++