駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ

人気blogランキングへ


名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 3月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

3月 31日 (土) 尊いのは勤労所得
3月 30日 (金) 物理的な距離とリスク
3月 29日 (木) 辛いのもまた良し
3月 28日 (水) 偏屈にしたのは不動産屋
3月 27日 (火) この世は分らない事だらけ
3月 26日 (月) 一番の目標は与えられた命を全....
3月 25日 (日) ポピュリズムが通る組織は未熟....
3月 24日 (土) 外への発信から自分の内面整理....
3月 23日 (金) 文章 読むのと書くのは大違い
3月 22日 (木) 良い睡眠のために昼間はクタク....


 

 3月 31日 (土)
 尊いのは勤労所得
プロゴルフが開幕して 
 
毎週ネットで結果を見るのが楽しみになりました。 
 
私の場合はどうしても沖縄出身の子達を応援しますが 
 
ゴルフ界は沖縄の選手が多いので 
 
本当に有難く楽しまさせていただいています。 
 
この沖縄の選手達 
 
面白い事に沖縄に帰るとその家族の評判も耳にしますが 
 
総じて芳しくありませんね。 
 
特に父親 
 
バクチャーだとかアシバーだとか 
 
そんな言葉で表現されまます。 
 
一言で言えばギャンブラーです。 
 
しかし面白い事に 
 
このバクチ打ちのお父さん達のおかげで 
 
私たちはゴルフが楽しめる 
 
こんな構造になってるのです。 
 
具体的に言えば 
 
ギャンブラーのお父さんでなければ 
 
子供をプロゴルファーに育て上げられないのです。 
 
なんせゴルフはお金がかかりますからね 
 
しかしプロになって稼げるのはごく僅かの人間ですから 
 
子供に投資しても元が取れる可能性は極めて少ないのです。 
 
まともにソロバン勘定をすれば 
 
とてもそんな道に進ませる事はできません。 
 
少ない確率に賭ける 
 
これは 
 
ばくち打ちだから出来るのです。 
 
今トップで活躍してる選手も 
 
それまでの道のりは 
 
経済的に厳しい環境に置かれた 
 
なんて人はたくさんいます。 
 
目出度くプロになれても 
 
ツアープロは年間で1000万ほど経費がかかるそうですが 
 
良い成績を収められなければ収入はゼロですからね 
 
本当に大変です。 
 
ある沖縄出身の女子選手は 
 
試合が終わった後ホテル代が無くて 
 
観戦に来てた人の家に泊めてもらった 
 
なんて事もあるそうです。 
 
ですから極論すれば 
 
私がゴルフの試合を楽しめるのは 
 
家族の生活も顧みずに 
 
不確実な子供の才能に賭ける 
 
そんなギャンブラーお父さんたちのおかげ 
 
って事になります。 
 
もし世の中のお父さん達が 
 
全員私のようにビビリだったら 
 
この世にプロスポーツは存在しないはずです。 
 
プロの世界はジャンルにかかわらず 
 
大体似たような構造です。 
 
お金を稼げる選手はほんの一部 
 
大半は夢破れて去ってく訳ですから 
 
私は相当子供の才能に確信を持てなければ 
 
とてもやらせる事はできません。 
 
しかしスポーツは 
 
敗れる人がいるから勝つ人がいる訳で 
 
無謀な挑戦をして厳しい生活を送るたくさんの選手 
 
これが絶対に必要な訳です。 
 
そんな風に世の中を見ると 
 
軽蔑する人と尊敬する人 
 
これが逆転します。 
 
プロスポーツの世界はとかく 
 
松山とか大谷とか 
 
才能のある選手がもてはやされますが 
 
実際にすごいのは 
 
全く花開く事無く散っていく無数の無名の選手達 
 
そんな風に思うようになるのです。 
 
自分の子供に 
 
松山とか大谷のようなズバ抜けた才能があれば 
 
私でもその道に進ませると思いますが 
 
そんな人たちだけでプロの世界は成り立ってる訳ではありません。 
 
彼等の活躍を支えるには 
 
無数の敗者たちが欠かせません 
 
ですから 
 
この道を歩むのは本当に勇気が要るのです。 
 
もちろんスポーツ界だけでなく 
 
世の中はそんな話しだらけです。 
 
私たち不動産屋は資産家を持ち上げますが 
 
しかし 
 
その資産家を支えるのは 
 
家を買う余裕が無く 
 
一生懸命働いて家賃を払う人達です。 
 
その両方を頻繁に目にすると 
 
私自身も尊敬の対象は逆転しました。 
 
不労所得で暮らす人より 
 
私が尊敬するのは 
 
必死で働いてその不労所得を支える人達です。 
 
いつの間にかそんな風に世の中を見るようになりましたから 
 
アベノミクス以来の不動産投資ブーム 
 
これに警鐘を鳴らすのです。 
 
不動産投資は不労所得を狙う訳ですが 
 
これが成功するためには 
 
たくさんの不労所得を払う側の人間がいなければ成り立ちません 
 
にも拘わらず 
 
一般人が皆家主を目指したら 
 
当然不動産投資は構造的に成り立たないのです。 
 
この事を頭に入れると 
 
今の状態が少し不健全 
 
そんな風に私は直感的に感じてるのです。 
 
まぁしかし経済には神の見えざる力が働きますからね 
 
過剰に増えた家主は淘汰されて 
 
最後はまた適正なバランスを保つ 
 
これが定めです。 
 
ですから 
 
そんな事も頭に入れて 
 
不動産投資セミナーやなんかで舞い上がって 
 
痛い目に遭わないように気をつけましょう。 
 
この世を生き抜く一番大切な事は 
 
不労所得より勤労所得 
 
これを意識したいものです。 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++