駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ

人気blogランキングへ


名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 3月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

3月 31日 (土) 尊いのは勤労所得
3月 30日 (金) 物理的な距離とリスク
3月 29日 (木) 辛いのもまた良し
3月 28日 (水) 偏屈にしたのは不動産屋
3月 27日 (火) この世は分らない事だらけ
3月 26日 (月) 一番の目標は与えられた命を全....
3月 25日 (日) ポピュリズムが通る組織は未熟....
3月 24日 (土) 外への発信から自分の内面整理....
3月 23日 (金) 文章 読むのと書くのは大違い
3月 22日 (木) 良い睡眠のために昼間はクタク....


 

 3月 7日 (水)
 私なんぞは存在自体がセクハラ?
先日テレビで 
 
セクハラ問題の専門家を称する女性が出ていて 
 
何がセクハラになるのか? 
 
それを語っていました。 
 
まぁ聞くまでもなく私は大体分っていましたが 
 
しかしもし分ってない男性がいたら 
 
しっかり頭に入れた方が良いですね。 
 
それは 
 
セクハラかどうかは言葉や行為その物だけの問題ではありません。 
 
誰がそれをやるかと言う問題です。 
 
分かり難いですね。 
 
具体的には 
 
例えば朝女子社員が出社して 
 
髪型が変わってたとします。 
 
これを見て 
 
私が 
 
“その髪型似合うね” 
 
って発したらセクハラです。 
 
理由は 
 
還暦過ぎの男が 
 
自分の容姿に感心を示す 
 
これだけでセクハラって訳です。 
 
逆にイケメンの社員が 
 
その人の髪型に何も言わなければ 
 
“何で気づいてくれないの” 
 
って事になります。 
 
これやっかいですよね。 
 
私自身はこの事を良く分ってますから 
 
今は例え褒め言葉であっても 
 
若い女性の容姿について語るのは控えるように意識して居ます。 
 
これ 
 
もっと突っ込んで行けば 
 
私が発すれば犯罪レベルになる言葉 
 
例えば“ブス” 
 
って若い子に言ったとしても 
 
私は訴えられますが 
 
イケメンの男の子がそれを言えば 
 
ブスって言葉が 
 
自分に対して興味を持ってくれてるとか 
 
自分に心を許してるとか 
 
そんな風に伝わる事もあるのです。 
 
でこのセクハラ問題がやっかいのはここからです。 
 
つまり 
 
同じ言葉でも 
 
好意を持ってる人の言葉は肯定的に受け入れる女性の心理 
 
これを男性は相手が喜ぶからと言って 
 
わざと 
 
ブスだとかダサイだとか 
 
そんな言葉で盛上がってると 
 
後で大きな代償を払う事になる 
 
なんて事があります。 
 
どうしてそうなるかと言えば 
 
人の気持は変わるからです。 
 
つまり 
 
好きな時には受け入れてた言葉が 
 
好きで無くなったら受け入れられないのです。 
 
つまり 
 
最初は盛上がってたそんなセクハラ用語も 
 
時間の経過と共に 
 
相手が自分に嫌悪感を持つようになれば 
 
それはまさにセクハラ 
 
最悪の場合は 
 
最後はすべて録音をとられて 
 
ある日会社の上司に呼ばれる 
 
なんて事にもなります。 
 
ですから 
 
この微妙な言葉は 
 
相手の心理の変化 
 
これに最大限に気を配らないと 
 
後になって自分を苦境に陥れる 
 
そんな可能性が高い訳です。 
 
では 
 
キワドイ言葉は 
 
相手の心理に気を配れば安全? 
 
ではありません 
 
この言葉がさらなにやっかいなのは 
 
遡及性です。 
 
つまり 
 
仲よくしてた間だけ発してたにもかかわらず 
 
関係が崩れれば 
 
遡ってその言葉が問題になる 
 
そんな事もあります。 
 
女性がリベンジで 
 
過去の記憶で地獄メモを作り 
 
私はこんな事を言われました 
 
なんて会社に言って来る 
 
なんて事もあります。 
 
テレビでも政治家だのタレントだの 
 
セクハラで訴えられる 
 
なんて話題が上がりますが 
 
これはよく聞いてると 
 
ほとんどがこの言葉の遡及性によって蒸し返されます 
 
男性は 
 
関係が良好な内は 
 
親密さの確認の意味があったキワドイ言葉 
 
これが関係が崩れれば 
 
一気に自分を破滅に導きます 
 
具体的には書けませんが 
 
私が聞いたある週刊誌やワイドショーを賑わした事件 
 
最近になってその真実を耳にしましたが 
 
仲よくしてる内は単にじゃれあってただけなのに 
 
こじれたら 
 
強姦って話しにも変化します。 
 
いずれにしても 
 
男性は 
 
本当に気を付けなければいけない 
 
そんな時代だって事です。 
 
私は 
 
最近は完全に 
 
女性恐怖症気味です。 
 


Name: DelKey:
Mail: URL:
Cookie  




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++