駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ

人気blogランキングへ


名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 3月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

3月 31日 (土) 尊いのは勤労所得
3月 30日 (金) 物理的な距離とリスク
3月 29日 (木) 辛いのもまた良し
3月 28日 (水) 偏屈にしたのは不動産屋
3月 27日 (火) この世は分らない事だらけ
3月 26日 (月) 一番の目標は与えられた命を全....
3月 25日 (日) ポピュリズムが通る組織は未熟....
3月 24日 (土) 外への発信から自分の内面整理....
3月 23日 (金) 文章 読むのと書くのは大違い
3月 22日 (木) 良い睡眠のために昼間はクタク....


 

 3月 9日 (金)
 やたら怒鳴るのはキチガイか臆病者 
良く 
 
めまいがひどく医者に通ってるのに 
 
全く改善しないなんて話しを耳にします。 
 
痛みも原因が分からずに苦労してる人 
 
たくさんいますよね。 
 
痛みやめまいは 
 
神経物質の電気信号が脳に伝わり 
 
そしてそれを感じる訳ですから 
 
よく考えれば目に見える患部が無いのに痛むのであれば 
 
原因が分かる方が不思議ですよね。 
 
逆に麻酔をかければ 
 
脳に電気信号が行かなくなり 
 
手足を切断しても痛みを感じない訳ですから 
 
本当に不思議なものです。 
 
また私は 
 
自分の脳で 
 
珊瑚礁のゴツゴツした海岸を 
 
はだしで歩く事を想像しただけで 
 
背筋がゾクゾクして 
 
本当に嫌な感覚です。 
 
そんな風に考えると 
 
私達の脳は自分の思い通りにならない 
 
とても不思議なものだってのが分かります。 
 
私達の仕事は 
 
本当に色んな人を扱いますから 
 
この事をしっかり理解して 
 
お客様の行動に対して 
 
できるだけ感情的にならない 
 
そんな努力が大切だろうと思います。 
 
日頃私達が接する人達には 
 
人格がねじ曲がったり 
 
あるいは不可解な行動を取る人 
 
たくさんいますが 
 
それにいちいち腹を立てては 
 
自分の精神が持ちません。 
 
非常識な行動や身勝手な行動 
 
これを繰り返す人は 
 
脳の構造がそうなってるのであり 
 
自分の意思ではどうにもならないのかも知れません 
 
であれば 
 
憎むより憐れむ 
 
そんな気持が湧いてくるはずです。 
 
しかし最初からそんな人格で固まってれば 
 
私達は理解しやすいのですが 
 
時に豹変型がいますが 
 
これはやっかいですね。 
 
日頃穏やかなおばあさんが 
 
いきなり腕を切り落とすだのなんだのって凄んで来て驚いた事がありますが 
 
お客様の中には 
 
人格者だと思っていたら 
 
突然訳の分からない事を言い出して騒ぐ 
 
なんてのはたまにあります。 
 
この豹変型 
 
面食らう事も多いのですが 
 
しかしこれも予期できる事がよくあります。 
 
豹変する人は 
 
大体不安心理がそうさせます。 
 
不動産の取引では 
 
借金が重くのしかかり自宅を売却する 
 
なんて人がたまにいますが 
 
昔お手伝いをしたお客様 
 
媒介から契約まではスムーズに行きましたが 
 
その契約がローン条項で流れそうになったときに 
 
いきなり怒鳴り始め 
 
反社会性力の名前まで出してきました。 
 
結果は少し決済が伸びただけで円満に終わりましたが 
 
無事残金を手にすると 
 
途中の暴言を本当に申し訳なかったと詫びました。 
 
この方の場合は 
 
契約が流れ 
 
債務の整理ができなくなる 
 
この不安が人格を変えた訳です。 
 
こんな事を長く体験すると 
 
不安は人間性を変える起爆剤だってのがよく分かります。 
 
このパターンは 
 
不動産屋自身にもたくさん見られます。 
 
お客様の案内までは低姿勢だった元付け業者 
 
買い付けの話しになると 
 
急に高圧的になり 
 
契約優先だのなんだと言い出します。 
 
それと交渉過程で 
 
お客様の少しの値引交渉で 
 
値引を断れば良い物を 
 
自分の物件の価値が分からない人間には買って貰わなくて良い 
 
とかなんとか 
 
やたら食ってかかる物言いをする売主業者 
 
本当たくさんいます。 
 
大体零細買い取り業者か 
 
ワンマン会社ですが 
 
これも私達経験を積んだ者から見れば 
 
臆病の表われってのがよく分かります。 
 
言葉とは裏腹に 
 
大金を出して買った不動産が売れない恐怖が 
 
若干精神を異常にさせてる訳です。 
 
不動産のビジネスは 
 
この臆病者達が蔓延する世界ですが 
 
この異常な世界も 
 
慣れてしまえば 
 
怒鳴り散らかす同業者が憐れに見えてきます。 
 
怒鳴る事は恐怖心の表われ 
 
この仕事をするのであれあ 
 
脳に叩き込みたい話しです。 
 
 
 


  こんばんわ。ご相談があります。私は今の沖縄ので内地出身の用務客の方から、やたら理不尽なことで怒鳴られ、謝罪させられるような業種の仕事に従事しています。
理不尽なことで30分も業務を妨害され、どう対処すべきなのかネットで検索すると、110番して警察を呼ぶべき事例に該当すると思われるのですが、貴社でもそういう方には警察を呼んで対処される事例も多いのですか?
そういうクレーマーは警察呼ぶしか対処法ないですよね。
沖縄では地元の方にはそういう人はほとんどおりませんで、日本本土(所謂ナイチャー)の中高年の方ばかりそういうことを言ってきますが、不当要求に対処するには110番しかないですよね?
ちゅらさん ..3/9 22:14(金)

  >ちゅらさん さん
具体的な話しが分りませんので
私も明確なアドバイスはできませんが
刑事事件に相当するケースであれば録音を取り警察に相談するのが一番だろうと思います。
私自身昨年も脅迫レベルのクレームがありましたのでしっかり録音を取り、警察に行くと伝えたらそれで全て解決しました。
はるぼ ..3/10 9:22(土)
>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++