駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 4月
 日 月 火 水 木 金 土
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
- - - - -

4月 30日 (月) 不満があってもそこがアナタに....
4月 29日 (日) 所詮人間です。衣を取れば大し....
4月 28日 (土) 高齢者には相変わらず厳しい賃....
4月 27日 (金) 言葉は相手の素性を確認してか....
4月 26日 (木) 延々と受け継がれるのは遺伝子....
4月 25日 (水) 鏡は魂と肉体を分離する悪魔の....
4月 24日 (火) 昔のトップ営業マンは皆書類偽....
4月 23日 (月) 生きる場所は庶民の中
4月 22日 (日) 不動産は遊ばせてはいけません
4月 21日 (土) 先行型と後回し型


 

 4月 8日 (日)
 もっと寛容な世の中に・・・
 
舞鶴市の相撲巡業中 
 
挨拶した市長さんが土俵上で倒れ 
 
女性の看護師が土俵にかけ上がったら 
 
場内アナウンスで 
 
“女性の方は土俵から下りて下さい” 
 
って放送があったようですが 
 
確かに人命に関わる事態でそんな事を言ったとすれば不適切ではありますよね。 
 
ただ 
 
この話し 
 
放送をした若い行司さん 
 
これを皆さん責めすぎですよね。 
 
人命救助に向かった女性を土俵から下りるように放送したのは 
 
不適切と言えば不適切ですが 
 
しかしマスコミの皆さんが袋叩きにするほどの悪い事かと言えばそうでもありません。 
 
これは見方を変えれば 
 
行司さんの行動は称賛されてもおかしくない出来事なんです。 
 
って言うか 
 
多分昔であれば 
 
叩かれるのは人命救助だと言っても 
 
女人禁制の神聖な土俵に上がった女性だったでしょうね。 
 
それよりもまず 
 
いくら緊急事態であっても 
 
女性は土俵に上がる事はなかったと思います。 
 
なんせ行司さんは軍配を差し違えれば腹を切る 
 
その覚悟で短刀を脇に差してたそうですから 
 
今とは比べものにならない位に土俵に対する崇拝の念は強かったはずです。 
 
まぁ反論もあるかも知れませんが 
 
私はいずれにしても時代の変化で善悪が変わる時期に 
 
若い行司さんのミスを総掛かりで叩くマスコミ 
 
どこかおかしいと思いますね。 
 
実際にその行司さんは 
 
観客の男性が 
 
“女性を土俵に上げるな” 
 
って怒鳴ったからそんな放送したようですから 
 
観客の中には間違い無く 
 
緊急事態でも女性は土俵に上げるべきではない 
 
って考えてる人もいる訳です。 
 
そんな両方の考えが存在するのに 
 
一方的に悪者扱い 
 
どうも私は好きになれないのです。 
 
この話しを聞いて 
 
私は子供の頃のある出来事を思い出しました。 
 
近所でハブが出て 
 
子供達が棒で叩いて殺しかけたら 
 
近所のオバサンがやってきて 
 
大声で 
 
“早く前の池に捨てないと誰か噛まれてしまうよ” 
 
って言いました 
 
で 
 
私は慌ててそのハブを池に捨てたら 
 
そのハブは死んで無くて 
 
池を泳いで逃げて行きました 
 
で騒ぎを聞きつけて走ってやってきた近所のオジさんがそれを見て 
 
“バカヤロー池に入れたらハブは生き返るんだ” 
 
って血相を変えて怒鳴りました。 
 
で 
 
それを見ていた私に池にハブを捨てるように言ったオバさん 
 
とっとと知らんぷりして 
 
自分の家に戻ってしまいました。 
 
私は一方の大人の言う事を聞いただけなのに 
 
なんでこんなに叱られるのか? 
 
本当に悔しい思いでした 
 
だからこの歳でも忘れないのです。 
 
まぁしかしこれが人の世です。 
 
私たちは正しいとかなんとか言いますが 
 
実際にはそれを決めるのは 
 
理屈ではありません 
 
声の大きさです。 
 
今回の相撲の行司さんの件で言えば 
 
本当は女性が土俵に上がる方が悪い 
 
なんて思っていても 
 
誰もそれは口に出せなくなります。 
 
なんせマスコミ総掛かりですからね。 
 
だから 
 
こんな拙いブログですが 
 
勇気を出して 
 
あえて書いてるのです。 
 
マスコミが発達した今 
 
どうしても私たちは多数意見に流されがちですが 
 
実際には多数が正しいとか限りません 
 
と言うより 
 
世論なんてのは手のひら返しが日常茶飯事です。 
 
選挙が典型ですよね。 
 
日本で言えば 
 
私たち国民が圧倒的に支持した民主党 
 
もう支持どころか空中分解です。 
 
お隣の韓国も 
 
国民が熱狂した朴元大統領 
 
ほぼ無期懲役で全財産募集って判決ですが 
 
国民は喝采を浴びせる訳です。 
 
そんな人の世の移り変わりを見ると 
 
なるべく人の意見に惑わされずに 
 
自分の意見を持つ事 
 
これが大切だとつくづく思いますね。 
 
だから私は 
 
これからも 
 
会社経営もゴルフも 
 
徹底的に自己流 
 
これを貫くつもりです。 
 
 


  琉球大学の建学の理念は、「自由平等、寛容平和」だそうです。さすが米軍が設立しただけのことはあり、日本にはあまり(ほとんどあるいは全く)無いような「寛容」の理念が掲げられているのは素晴らしいと思います。
ちゅらさん ..4/8 21:47(日)

  >ちゅらさんさん
琉球大学の建学の理念に寛容があるとは知りませんでした。私は長年東京で暮らしていて沖縄の寛容さ
これが恋しくなることがよくあります。
都会では厳しく規則を守る事によって規律が守られる訳ですから不寛容に傾くのもやむ得ないのかとも思いますが少し疲れる事もあります。
はるぼ ..4/10 13:02(火)
>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++