駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ

人気blogランキングへ


名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 4月
 日 月 火 水 木 金 土
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
- - - - -

4月 30日 (月) 不満があってもそこがアナタに....
4月 29日 (日) 所詮人間です。衣を取れば大し....
4月 28日 (土) 高齢者には相変わらず厳しい賃....
4月 27日 (金) 言葉は相手の素性を確認してか....
4月 26日 (木) 延々と受け継がれるのは遺伝子....
4月 25日 (水) 鏡は魂と肉体を分離する悪魔の....
4月 24日 (火) 昔のトップ営業マンは皆書類偽....
4月 23日 (月) 生きる場所は庶民の中
4月 22日 (日) 不動産は遊ばせてはいけません
4月 21日 (土) 先行型と後回し型


 

 4月 9日 (月)
 トラブルは宝の山
直近の一年間で契約した売買案件を見ると 
 
最高値は3億で最低は480万円です。 
 
で面白い事に 
 
どっちが大変だったかと言えば 
 
はるかに一番安い物件の方です。 
 
これはたまたまではなく 
 
不動産の全般の取引に見られる傾向です。 
 
賃貸でも高額物件はあまりトラブルになりませんが 
 
低額物件は良く殺すだのなんだのと大騒ぎに発展する事があります。 
 
この面白い現象 
 
ちゃんと理論的にも説明が付きます。 
 
売買の場合は高額物件は法人が契約対象になりますし 
 
個人であっても 
 
社会的に成功してる方が多いのです。 
 
社会的に成功するって事は 
 
能力も常識も備わってる事が多いので 
 
お互いある程度共通のルールの上での取引となりますので 
 
スムーズに取引が行われる訳です。 
 
 
ところが低額物件のお客様の中には 
 
認知能力が低下していたり 
 
あるいは人格に問題があって 
 
社会的に厳しい人生を歩んでる 
 
そんな人も多いので 
 
色んな事が起るのです。 
 
散々説明して署名捺印を終えても 
 
理解力は低下していても欲は深いので 
 
あとになっって 
 
“そんな話しは聞いてない” 
 
こんな話しからトラブルになります。 
 
賃貸の場合も同じで 
 
高額物件に入る人はそれなりの収入がある訳で 
 
勤め先がしっかりしていますので 
 
これもビジネスのルールが備わってる方が多いのですが 
 
低額物件は 
 
刑務所から出て来た人も居れば 
 
性格が悪く 
 
身内から縁を切られてる人もたくさんいます。 
 
最悪の精神を病んでる方もたくさんいます。 
 
そんな方の中には 
 
社会のルールより大声で恫喝 
 
そんな生き方を貫いてここまで来てる人もたくさんいますので 
 
少し注意しただけで 
 
“オモテに出ろバカヤロー” 
 
って事になります。 
 
そんな訳で 
 
高額物件の取引は楽で 
 
低額物件は苦しむ 
 
これが不動産取引の傾向として存在するのです。 
 
であれば 
 
高額物件ばかり扱えば不動産屋は楽して儲かる? 
 
まあそう考えがちですよね。 
 
ところが 
 
実際は全く逆です。 
 
当社の場合で言えば 
 
例えば今回一番の大きな取引だった3億の案件 
 
契約は大変スムーズに進みましたが 
 
これがどうしてまとまったかと言えば 
 
私たちが20年間もその物件にあった古いアパート 
 
その管理をしてきたからです。 
 
古いアパートって事は色んな底辺の入居者がいたって事です。 
 
その事に向き合ってきたから 
 
大きな成果が約束されるのです。 
 
賃貸でも同じです 
 
当社では高額物件の管理もやっていますが 
 
これらは全て 
 
新築の時から管理を受けています。 
 
そしてそれを新築する前には 
 
やはり古いアパートが建っていて 
 
その中にはたくさんのトラブルメーカーがいて 
 
そして長くその相手をして 
 
また建て替えの時期には 
 
その入居者の立ち退き 
 
これも全て無償でやって来たのです。 
 
ですから 
 
一見楽な取引のウラには 
 
測り知れない努力 
 
これが当社のパターンです。 
 
この原理は不動産の世界だけではありません 
 
私はあるオーケストラの方に知合いがいますが 
 
その方曰く 
 
“音楽家の方は良いですね好きな事で生活ができて” 
 
って言われるそうですが 
 
その言葉には本当に腹が立つそうです。 
 
その理由をゴルフクラブの 
 
元楽器メーカーの社長さんが語っていました。 
 
某国立の芸術学校の方は一日15時間も毎日楽器を演奏するそうです。 
 
大体爪が破れピアノであれば 
 
鍵盤に血がにじむそうです。 
 
そんな見えない努力があって 
 
そして華やかなステージがある訳です。 
 
当社もまさにその見えない努力の上に成り立ってる 
 
これは間違いのない事実です。 
 
ですから 
 
高額の取引があれば 
 
それはそれで満足感もありますが 
 
実際に私がワクワクするのは 
 
古いアパートの家主さんから 
 
入居者の問題で大変困っていて 
 
相談があった時です。 
 
お客様の問題を解決して 
 
初めて私たちの報酬がある 
 
この意識は 
 
創業以来全く私の中ではブレる事はありません。 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++