駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 5月
 日 月 火 水 木 金 土
- - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- -

5月 31日 (木) 寄付だけでは社会は回りません....
5月 30日 (水) 受け入れて貰えるかどうかは言....
5月 29日 (火) 言葉と行動を一致させるのは至....
5月 28日 (月) 感情の制御ができない者たちの....
5月 27日 (日) 国同士の交渉も所詮人間のやる....
5月 26日 (土) 防御を固めれば身動きが取れない
5月 25日 (金) 人は言葉を生み出し 言葉が人....
5月 24日 (木) 物件は心眼で見る
5月 23日 (水) 不動産業界は意志をしっかり持....
5月 22日 (火) 価値は比較によって決まる


 

 5月 19日 (土)
 ストレスは生きるためのエンジン
私のゴルフ仲間の方に末期の癌を患ってる方がいますが 
 
先日久しぶりにご一緒にラウンドする事ができました。 
 
この方 
 
重病にもかかわらず 
 
めげる事無くゴルフに来ますし 
 
また楽しそうに話しますので 
 
本当に凄いと思います。 
 
さすがに体は随分痩せてしまいましたが 
 
ゴルフのプレーは力強かったので 
 
色んな話しをして一日楽しく過ごす事ができました。 
 
その中で興味深かったのは 
 
ガンの治療についての話しでした。 
 
手術はできないので抗がん剤での治療ですが 
 
この抗がん剤は著しく体を衰弱させるようです。 
 
で 
 
衰弱が限界に達したら 
 
今度は癌より体力回復って事になって 
 
点滴で栄養をガンガン与えるそうです。 
 
で栄養を与えると 
 
癌も元気になって 
 
また抗がん剤 
 
この繰り返しだって話していました。 
 
この話しを聞いて 
 
私の父親が心臓手術から脳梗塞を患い 
 
そして亡くなるまでの話しを思い出しました。 
 
父親の場合は血液の成分調整 
 
これをまるで綱渡りをするかのように微妙なバランスで行っていました。 
 
つまり 
 
血液はサラサラにすれば血管が切れても血が止まりませんし 
 
だからと言ってドロドロにすれば血管が詰まる訳です。 
 
つまり 
 
血をサラサラにする薬を飲んだり 
 
また逆に血に粘度を持たせる薬を飲んだりしてたのです。 
 
まぁ病人だから仕方が無い 
 
って思いがちですが 
 
このジレンマ 
 
私たちは健常者であっても常に抱える問題なんですよね、 
 
アスリートの場合は 
 
練習しなければ上手くなれませんが 
 
その練習が怪我につながります。 
 
ですから 
 
この調整が上手く行って初めて 
 
人を感動させるパフォーマンスが可能になるのです。 
 
昔の人は勉強でも 
 
頑張らなければ試験に受かりませんが 
 
頑張り過ぎて肺結核になってしまった 
 
なんて人もいたようですから 
 
この話しはスポーツに限った事では無いんですよね。 
 
このジレンマは 
 
会社を経営してるといつも抱える問題です。 
 
仕事が増えると人を採用する訳ですが 
 
仕事量が減ると 
 
その増やした人件費が経営を圧迫します 
 
ですから 
 
常にその均衡を意識する 
 
これが会社経営です。 
 
また社員の指導も 
 
厳しすぎると辞めますし 
 
かと言って甘すぎると役に立たない人間になる事があります。 
 
この事も 
 
同じように精神をすり減らす原因になります。 
 
経営者の立場だけではありません 
 
社員からすれば 
 
会社に不満があってもそれをそのまま言えば 
 
会社にいづらくなりますし 
 
かと言ってガマンすれば 
 
自分の心が折れますから 
 
これまた毎日あれやこれやと悩む事になります。 
 
子育て中のお母さん達も 
 
子供が言うこと聞かなければ 
 
ついひっぱたく 
 
なんて事があるでしょうが 
 
殴ってしまってから 
 
虐待の罪悪感に悩まされる 
 
この繰り返しだろうと思います。 
 
そんな感じで 
 
私たち人間は 
 
色んな場面でギリギリの境界線に立たされる訳で 
 
これが大きなストレスになるのです。 
 
ただ 
 
これから逃れる術があるかと言えば 
 
無いでしょうね多分 
 
だから 
 
生きる事はストレスその物なんです。 
 
ただ 
 
この原理を理解すると 
 
ストレスは随分和らぎます。 
 
どうして和らぐかと言うと 
 
覚悟するからです。 
 
ハラハラドキドキして生きるのが人生だと・・ 
 
ストレスの原因は 
 
境界線に立たされて 
 
悪い方に転落すること 
 
これを恐れるからです。 
 
そして覚悟するって事はそれを受け入れる 
 
って事ですから 
 
最悪の事態もただ恐れるのではなく 
 
具体的に想定できるのです。 
 
病気であれば 
 
治療に失敗して亡くなるのが最悪ですが 
 
私の父親のケースで言えば 
 
86歳で手術しましたが 
 
成功しても2年しか持たなかったのです。 
 
また会社であれば 
 
人件費が経営を圧迫して苦しいのであれば 
 
それを社員に理解して貰えば良いのです 
 
潰れれば同じですから 
 
納得しない社員はいないはずです。 
 
そうやって考えて行くと 
 
最悪の事態はただ恐れるのでは無く 
 
具体的に描いて行けば 
 
それほど心配する事は無い 
 
って事に行き着く訳です。 
 
こんな感じで 
 
ストレスで潰される前に 
 
あれこれ考えて 
 
自分の気持を楽にする 
 
特に会社経営をするのであれば 
 
それは欠かせないのです。 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++