駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 5月
 日 月 火 水 木 金 土
- - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- -

5月 31日 (木) 寄付だけでは社会は回りません....
5月 30日 (水) 受け入れて貰えるかどうかは言....
5月 29日 (火) 言葉と行動を一致させるのは至....
5月 28日 (月) 感情の制御ができない者たちの....
5月 27日 (日) 国同士の交渉も所詮人間のやる....
5月 26日 (土) 防御を固めれば身動きが取れない
5月 25日 (金) 人は言葉を生み出し 言葉が人....
5月 24日 (木) 物件は心眼で見る
5月 23日 (水) 不動産業界は意志をしっかり持....
5月 22日 (火) 価値は比較によって決まる


 

 5月 24日 (木)
 物件は心眼で見る
不動産の仕事は大金に関わる仕事ですが 
 
しかし人間のやる事ですからどうしてもミスはあります。 
 
ですから不動産屋を経営するのであれば 
 
社員がミスを冒せば 
 
大きな代償がのしかかる 
 
これは常に意識しなければなりません。 
 
売買になれば 
 
事前に社員が私に関連書類を山のように持ってきますが 
 
そんな時に体がきつい 
 
なんて感じる事は良くありますが 
 
この確認作業に手を抜けば大きな危険が待っていますので 
 
毎回頑張って隅々までチェックするようにしています。 
 
また落とし穴は経験を積んでなければ分らない 
 
なんて事も多いので 
 
その意味では私は社内では大変貴重な存在となります。 
 
こんな感じで 
 
私たちは毎回緊張して取引をする訳ですが 
 
しかし世の中には不動産屋はたくさんありますので 
 
考え方は様々です。 
 
問題に気づかないどころか 
 
意図的に隠して契約する同業者も残念ながらたくさんいます。 
 
最近も社員から受けた相談は 
 
信じられないケースでしたね。 
 
具体的には賃貸マンションを売りたいって相談を受けたのですが 
 
現地を見ると一目で敷地に対して建物が大きすぎる 
 
って事が分ります。 
 
で登記簿を取ると 
 
案の定大幅に建坪率と容積率がオーバーしています。 
 
で 
 
売主に建築確認書を見せて貰うと 
 
元々マンションの敷地の一部であった土地を 
 
不動産屋に売却して 
 
そこに数棟の建て売りが建っていました。 
 
しかしマンションの容積で食われてる土地に建物なんか建つ訳はありませんよね。 
 
で 
 
行政に確認すると 
 
完全に役所の見落としです。 
 
本来建物が建たない土地に建築確認を下ろした 
 
って訳です。 
 
この問題 
 
当時マンションの敷地を売ったご主人は他界し 
 
隣地を分譲した不動産業者は潰れていますから 
 
もうそのいきさつは想像するしかありませんが 
 
プロでるある不動産屋が知らない訳はありませんから 
 
おそらく 
 
役所が気づかなければと言う条件で不動産屋は安く買ったのだろうと思います。 
 
で 
 
役所は敷地の二重使用に気づかずに目出度く確認が下りたので 
 
一般の人に売却した訳です。 
 
この時の当事者はいませんが 
 
しかし残された人達は大迷惑ですよね。 
 
賃貸マンションを売却したいと思っても 
 
今の時代違法建築となれば 
 
銀行も融資しませんから 
 
価格は二足三文となりますし 
 
その敷地に建った建て売りを買った人達も 
 
そんないわく付きであれば買わなかったはずです。 
 
ですから 
 
マンションの所有者も 
 
建て売りを買った方達も大迷惑です 
 
しかし 
 
こんな被害をもたらすケースでありながら 
 
面白い事に 
 
この問題は当社が指摘するまで 
 
誰も気づかなかったんですよね。 
 
もしかしたら 
 
マンションの売却と言う話しがなければ 
 
そのマンションが朽ちるまで 
 
全く問題は表にならなかったかも知れません。 
 
実際に私たちは売却するためには 
 
その問題を避けて通れませんが 
 
別に売る必要が無ければ 
 
マンションの売主も 
 
隣の建て売りを買った人達も 
 
普通に生活して人生を全う出来るはずです。 
 
また役所の皆さんも 
 
私たちが突かなければ 
 
できればこの問題は触れたくないでしょう。 
 
その意味では私たちは疫病神 
 
そんな風に見られるかもしれません。 
 
しかし今回の件でつくづく思いましたが 
 
私たち人間は本当に大した代物ではありませんね。 
 
この物件の問題点 
 
まぁ素人の皆さんは気づかないとしても 
 
プロが見れば一目で分る事です。 
 
にも関わらず 
 
役所の人間 
 
あるいは銀行の皆さん方 
 
全くその事に気づかなかった訳ですからね。 
 
先ほどプロであれば一目で分る 
 
なんて言いましたが 
 
もしかしたら間違いかも知れません 
 
一目では気づかない不動産屋は多いかも知れませんね。 
 
私自身も最近は 
 
よく社員から見落としを指摘される事がありますからね。 
 
プロと言っても人間って訳です。 
 
いずれにしても 
 
不動産の仕事は大変難しい仕事です。 
 
失敗しないためには 
 
自分自身が緊張感を持つのと同時に 
 
社内では経験豊富な人間の力を借りる 
 
これは大切だと思いますね。 
 
当社でも私が社員に 
 
”水は下から上には流れないんだよ“ 
 
って一言で 
 
社員が下水の問題に初めて気づいた 
 
なんて事もありました。 
 
人間の脳はそもそもその程度だって事です。 
 


  あれ、この問題ってかなり前にニュースになってた件とおなじですか?
3代目 ..5/24 13:38(木)

  >3代目さん
そんなニュースがありましたか。知りませんでした。この話しは当社で進行中の案件です。
はるぼ ..5/24 15:41(木)

  ttps://mainichi.jp/articles/20170429/k00/00m/040/154000c
調べてみましたが、全然違いましたね。失礼しました。
3代目 ..5/25 10:45(金)
>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++