駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 5月
 日 月 火 水 木 金 土
- - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- -

5月 31日 (木) 寄付だけでは社会は回りません....
5月 30日 (水) 受け入れて貰えるかどうかは言....
5月 29日 (火) 言葉と行動を一致させるのは至....
5月 28日 (月) 感情の制御ができない者たちの....
5月 27日 (日) 国同士の交渉も所詮人間のやる....
5月 26日 (土) 防御を固めれば身動きが取れない
5月 25日 (金) 人は言葉を生み出し 言葉が人....
5月 24日 (木) 物件は心眼で見る
5月 23日 (水) 不動産業界は意志をしっかり持....
5月 22日 (火) 価値は比較によって決まる


 

 5月 29日 (火)
 言葉と行動を一致させるのは至難の業
日大アメフト部の反則タックル問題 
 
まだまだ騒ぎが収まりませんね。 
 
この展開を見てると 
 
私たちが生きてる社会の本当の問題点 
 
そんな物が見て取れて大変興味深く観察しています。 
 
この騒ぎから私が大きく問題だと思うのは 
 
マスコミです。 
 
このマスコミの都合で 
 
たくさんの人が振り回され 
 
そしてまるで人民裁判のように人の善悪を決めてしまう 
 
これが今の時代の大問題です。 
 
起訴にもならない可能性が高い事を 
 
視聴率が取れるからガンガン行こうと言うのがマスコミの本音です。 
 
実際に起訴となれば真っ先に来るのは実行した選手です。 
 
今、タックルを行った選手を擁護して 
 
監督やコーチが極悪人 
 
みたいな話しでマスコミが報道し 
 
そして国民もそれに流されてますが 
 
これは間違った流れです。 
 
具体的には 
 
監督もコーチも辞任した訳ですが 
 
彼らは直接の指示を否定しています 
 
にも関わらず 
 
空気で彼等をクロと決め付けて 
 
いつまでも集団リンチのように襲いかかる 
 
これは大間違いですよね。 
 
刑事事件として考えれば 
 
例え指示があったとしても 
 
真っ先に責任があるのは実行した選手です。 
 
ヤクザの世界では無いのですから 
 
成人になった人が 
 
監督コーチから言われて相手に怪我をさせる 
 
まずこの行為についてしっかり責任を語るべきですよね。 
 
記者会見で正直に語ったから 
 
もうそれで実行犯は善人 
 
その先に居る本当の悪を叩こう 
 
って空気になってしまっていますが。 
 
この流れは明らかに危険です。 
 
辞任では責任が足らない 
 
って考えるのであれば 
 
あとは裁判で決着をつけるべきであって 
 
それをせずにマスコミが煽り 
 
それに感化された無数の人間がネットで襲いかかっては 
 
監督コーチがもし指示してないって話しが本当だった時には 
 
皆加害者になるんだって事 
 
せめて良識ある人はその程度は考えてもらいたい 
 
私はそんな風に考えています。 
 
この話しは私が怪我をさせるよう指示したコーチや監督を 
 
擁護してるように勘違いされそうですし 
 
反論もありそうですからこの位にしますが 
 
何でこんな方向に行くかと言うと 
 
この世の中は建前が支配する世界だからです。 
 
具体的には 
 
大学のスポーツは人間教育の一環 
 
この建前が 
 
国民を誤解させ 
 
皆人民裁判官に変身させるのです。 
 
実際には大学に限らず高校であてっても 
 
強豪校におけるスポーツは人間形成のためでありません 
 
勝つ事によって全国に名を売り 
 
それによって生徒が集まり 
 
経営が安定する 
 
これが目的です。 
 
ですから 
 
監督コーチも 
 
その目的を達しなければ 
 
職を失いますから 
 
必死に選手を追い詰めるのです。 
 
だから 
 
今回のような話しになる訳です。 
 
ですから 
 
この話しは監督コーチを袋叩きにして終っては大間違いです。 
 
そんな構造を今後も学校経営者は続けるのか? 
 
そこの根本的な話に行かなければ 
 
同じ事は絶対に起るはずです。 
 
教育者と言うのは建前です 
 
本当はほとんどの携わる人が 
 
生活の糧を得るために学校で働いてるのです。 
 
この建前と実態 
 
これを混同するから 
 
今回のような的外れな騒ぎになる訳です。 
 
不動産の仕事に限らず 
 
ビジネスをするのであれば 
 
少なくとも経営者は 
 
その事をしっかり意識しなければなりません。 
 
ビジネスの世界は 
 
建前のコピーが飛交いますが 
 
これはお客様へのアピールですから仕方の無い事ですが 
 
しかしこれを勘違いして真に受けると 
 
ビジネスはトラブルになります。 
 
“お客様の事を第1に考えて” 
 
なんて言葉を掲げる会社は多いと思いますが 
 
実際にはビジネスはお客様より会社の売り上げ 
 
これが経営にとっては一番真っ先にきます。 
 
だからどんな会社も売り上げ目標があるのです 
 
逆にお客様への貢献度目標なんてのは聞いた事すらありません。 
 
当社でもそんな目標はありませんが 
 
せめてお金だけを追い求める会社にはしたくない 
 
って思ってますから 
 
当社は売り上げ目標もありません 
 
強いて言えば社員が食べて行けるだけの稼ぎが目標です 
 
これが出来なければ会社は存続できませんからね。 
 
この建前と実態の矛盾に気づかないから 
 
不動産の世界では 
 
綺麗な標語を掲げてる会社が 
 
信頼してくれるお客様の物件を囲い込んだりなんか平気でやるし 
 
少しクレームを入れただけで 
 
ブチ切れたりなんかする訳です。 
 
綺麗な言葉を発するのは良いのですが 
 
この言葉に行動を合わせるのは本当に大変な事です。 
 
それがよく分ってますから 
 
私は昔から 
 
この歯の浮く言葉は 
 
絶対に使用しないのです。 
 
私が口にするのは 
 
“お客様の利益と当社の利益が相反する時には 
 
お客様の利益を優先する勇気を持つ事“ 
 
これだけですが 
 
それですら 
 
まだ当社の社員に完全に浸透させられてる訳ではありません 
 
今でも大声を出して伝える 
 
これが良くあります。 
 
いつもこんな事ばかり考えてますから 
 
今回のアメフトの騒ぎも 
 
世論の空気とは逆から見てしまう訳です。 
 
 
 
 


  少子化の中でここまで大きくなったのはすごいことですね。しかし、IOCや相撲連盟の要職をこなされていて、リスクも取らないといけなかったのでしょう。
はま10 ..5/29 10:00(火)

  >はまさん
日大は大きくなりすぎたようですね。
そのために統制が利かなくなってる
そんな風にも見えます
はるぼ ..5/29 15:35(火)
>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++