駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 5月
 日 月 火 水 木 金 土
- - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- -

5月 31日 (木) 寄付だけでは社会は回りません....
5月 30日 (水) 受け入れて貰えるかどうかは言....
5月 29日 (火) 言葉と行動を一致させるのは至....
5月 28日 (月) 感情の制御ができない者たちの....
5月 27日 (日) 国同士の交渉も所詮人間のやる....
5月 26日 (土) 防御を固めれば身動きが取れない
5月 25日 (金) 人は言葉を生み出し 言葉が人....
5月 24日 (木) 物件は心眼で見る
5月 23日 (水) 不動産業界は意志をしっかり持....
5月 22日 (火) 価値は比較によって決まる


 

 5月 31日 (木)
 寄付だけでは社会は回りません 税金があるから成り立つのです。
先日千葉のゴルフ場に行くときに 
 
道の横に警察官と人が5〜6人 
 
何かを囲んで見てましたので 
 
もしや死体? 
 
って思って 
 
ヤジ馬根性が頭もたげて 
 
車を止めて見てみました。 
 
そしたらやっぱり死体でした。 
 
ただし人間では無く大きな鹿 
 
まぁしかし随分鹿が増えた物ですね。 
 
その通りは田舎ですがバス通りで 
 
コンビニやなんかもあります。 
 
こんな所まで鹿が下りてくるようになったって訳です。 
 
これからは農家の皆さん大変ですね。 
 
この辺りの田んぼを見ると 
 
こっちはイノシシ対策だと思いますが 
 
電流を通した柵が巡らしてあります。 
 
こんなにお金をかけて採算はとれるのか? 
 
って心配になりますよね。 
 
昔は田んぼには 
 
鳥よけの案山子を立てておけばよかったのですが 
 
今は獣よけになりましたから 
 
その対策費用はケタ違いだと思います。 
 
で昔のカカシ 
 
私が子供の頃も田んぼに立ててましたが 
 
スズメが米を食べるのを防ぐために立ててました 
 
それがどれだけ効果があったのか分りませんが 
 
いずれにしても米作りの大敵はスズメだった訳です。 
 
でこのスズメ 
 
シカやイノシシとは逆に 
 
大きく減ってるそうですね。 
 
絶滅危惧 
 
なんて言葉も聞かれます。 
 
こうなると 
 
今度は駆除対象から保護へ 
 
って事になっていきます。 
 
まぁ人間の勝手ですよね 
 
昔はスズメを駆除して野生動物を保護 
 
今はまったく逆で 
 
シカやイノシシは害獣でスズメは守りましょう 
 
って話しです。 
 
野生動物からすれば 
 
人間が一番の害獣なんでしょうね。 
 
こんな風にして世の中を見ると 
 
面白い事に 
 
世界が違って見えます。 
 
つまり 
 
人間中心に世の中を見るのと 
 
人間も単なる動物の一部 
 
そんな視点で見ることの違いです。 
 
私は随分前から 
 
人間を中心にした世界観とは決別してますので 
 
逆に人間中心で組み立てられてる宗教 
 
これが真実とはほど遠いと思っています。 
 
死んだら極楽だとか天国だとか 
 
あるいは信じれば永遠の命だとか 
 
私から見れば 
 
どう考えても人間が作り出した発想です。 
 
世の中を見れば 
 
そこに溢れてる創造物は 
 
人間には全く役に立たないものだらけです。 
 
逆に人間には害にしか成らない 
 
そんな生物もたくさんあります。 
 
ゴキブリだとか農業の妨げになる雑草だとか 
 
数え上げたらキリがありません。 
 
そんな風に世の中を見て 
 
私は人間中心の世界観は人間が作り上げた物であり 
 
真理とはほど遠い 
 
そんな風に思ってる訳です。 
 
ただ人間社会で 
 
私のような世界観は少数派ですから 
 
これを表に出しすぎると 
 
世渡りの妨げとなります。 
 
ですから日頃はあまりこの事を語る事はありませんが 
 
たまに 
 
目に見えない世界を利用してたり 
 
あるいは利用されてたり 
 
なんて人達に 
 
チクリと語る事はあります。 
 
以前そんな人がやってきて 
 
私にある慈善団体の寄付を求めてきました。 
 
“川端さんそろそろ徳を積む事を考えましょう” 
 
って言いながら・・・・ 
 
少しの寄付で徳を積む事が出来て 
 
極楽が約束されるとすれば 
 
こんな安い話しはありませんよね。 
 
ただ 
 
私はお断りしました。 
 
すると 
 
その方キレ気味にあれこれ言ってきましたから。 
 
少し私の考えをお話しました。 
 
お金で徳が積めるとすれば 
 
私は十分積んでるんだと 
 
理由も語りました 
 
私は皆さんのように寄付を集めて回る事はしませんが 
 
仕事をする事によって 
 
寄付よりはるかに大きなお金を払ってるんだって事 
 
それは税金と社会保険です 
 
たまたま税金の支払い時期でしたので 
 
納付書もお見せしました 
 
つまり 
 
私が徳を積むために寄付金を集めても 
 
僅かしか集まりませんが 
 
仕事をする事によって 
 
莫大なお金を世の中のために生み出してる訳です。 
 
まぁしかし余り語り過ぎると険悪になりますからね。 
 
その位にしましたが 
 
いずれにしても 
 
ボランティアで社会貢献をしてる皆さん 
 
大変立派ですし 
 
尊敬しますが 
 
しかし良く考えて欲しいのは 
 
そんな人だらけになれば社会は成り立たないって事です。 
 
ビジネスが富を生み出し 
 
それによって私達は豊かな生活を送れる訳です。 
 
私は僅かの寄付金を集めるより 
 
働いてたくさん税金を払う 
 
これが一番の社会貢献だと思ってる訳です。 
 
それと 
 
いちいち求められるまま寄付をすれば 
 
すぐに会社は立ち行かなくなります。 
 
そんな事より 
 
会社を存続させる事の方が 
 
税金と言う血液供給になりますから 
 
はるかに効率的であり大きな意味があるのです。 
 
社会が未発達な社会では 
 
弱者救済の寄付やお布施は大きな意味を持つ 
 
これは理解していますが 
 
日本のように分配のシステムが出来上がってる国では 
 
寄付も大切ですが 
 
それより税金 
 
私はそんな風に考えています。 
 
ですから 
 
少し私に失望する人がいるかも知れませんが 
 
僅かの寄付で 
 
自己満足で終るような生き方は 
 
私の選択肢には無いって事 
 
これをご理解頂いて 
 
世界観の違いで気まずくなる事の無いように 
 
って思ってる訳です。 
 
それと勘違いしてもらっては困りますから 
 
あまり語りたくありませんが言っておきます。 
 
私が全く寄付をしてない訳ではありません 
 
災害が発生したときには僅かながら義援金に協力しますし 
 
自分がしたいと思えば時々恵まれない子供へ寄付もしています。 
 
寄付ですからね 
 
自分が納得してする物であって 
 
訳の分らない団体から 
 
集金のように来られても 
 
まずご希望にお応えする事はありません 
 
って話しです。 
 
 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++