駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ

人気blogランキングへ


名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 6月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

6月 30日 (土) 他人の評価が期待できない不器....
6月 29日 (金) 理解能力の優劣は大した問題で....
6月 28日 (木) 厳しい人生はズボラによっても....
6月 27日 (水) 不動産屋の限界
6月 26日 (火) 自分の言葉を制する者は自分の....
6月 25日 (月) ガソリンメーターで自分の脳の....
6月 24日 (日) 相手に腹が立ったら自分は絶対....
6月 23日 (土) セカンドチャンス
6月 22日 (金) 閉鎖は没落 解放は発展
6月 21日 (木) ボス犬上司に吹き荒れる粛正の嵐


 

 6月 12日 (火)
 言葉で切ったと言っても法律的には切れない物
昨日久しぶりに新しく銀行口座を作りました。 
 
この銀行口座の新設 
 
手続きが煩雑になるばかりですね、 
 
煩雑になり迷惑なのは私たち顧客だけではありませんよね 
 
銀行の担当者も明らかに面倒くさがってる 
 
そんなオーラが出まくってました。 
 
昔は口座を作ると 
 
感謝してもらって 
 
粗品まで頂いたものですが 
 
随分時代が変わった物です。 
 
どうして口座を作るだけでこんなに厳しくなったかと言えば 
 
金融庁の指導でしょうね 
 
マネーロンダリングだとか振り込め詐欺だとか 
 
犯罪に使われるのを警戒してる 
 
って事なんでしょう。 
 
今は反社会勢力の構成員だと言うだけで口座は作れないようですから 
 
犯罪者からすれ銀行口座を持つことは 
 
私たちが想像できないくらいに困難になった事が想像できますね。 
 
金融システムがオンライン化され 
 
商取引の決済はほとんどが振込みで行われる訳ですが 
 
この仲間から排除されると 
 
ビジネスは不可能に近くなりますよね。 
 
国レベルでも 
 
北朝鮮の制裁を見てると 
 
金融機関からの締め出し 
 
これが大変有効だってのがよく分りますよね。 
 
北朝鮮がほぼ無条件降伏に近い態度に出るのも 
 
この制裁が効いてるのだと思います。 
 
この金融制裁の中に 
 
よく資産凍結 
 
ってのがありますよね。 
 
これいつも思いますが 
 
私たちは自分のお金だと思ってますが 
 
実際にはこの預けてるお金は 
 
国とか金融機関の意思によって使えなくされるんですよね 
 
その意味では自分のお金とは言い切れない 
 
そんな側面もある訳です。 
 
私がお金に関してあれこれ深く考えるようになったのは 
 
過去において 
 
自分にはまったく落ち度がないにも関わらず 
 
銀行の都合で経営がピンチになった事があるからです。 
 
大きな事が2回ありました。 
 
その一つが今回口座を作った銀行でしたが 
 
それ以来 
 
私は銀行に頼らない経営にシフトしました。 
 
って事は 
 
銀行に気を使う事も無くなったのです。 
 
具体的にはいくら支店長がやって来ても 
 
借り入れは断っています。 
 
今の時代借り入れをしてもらえなければ 
 
銀行にとっては利益になりませんから 
 
当社は顧客の重要度では下の方に位置してるのだろうと思います。 
 
だから 
 
口座開設でも冷たい 
 
そんな気がしています。 
 
考えすぎかも知れませんが・・ 
 
で口座の凍結 
 
北朝鮮の経済制裁とかではなく 
 
我々にも普通に起ります 
 
それは口座名義人が亡くなった時です。 
 
本人が亡くなれば 
 
家族は生活費も下ろせない 
 
って事にもなります。 
 
困りますよね。 
 
でも銀行はどうやって本人が亡くなった事を知るのでしょうね? 
 
役所がいちいち連絡してるのでしょうか? 
 
基本的にはそうでは無くて 
 
関係者からの通報 
 
だそうです。 
 
この通報があると凍結しますが 
 
逆に言えば通報がなければ凍結しないって訳です。 
 
であれば 
 
亡くなったあとの葬儀費用とか入院費用の支払い 
 
なんてのは下ろす時間的余裕がありますから 
 
早めに現金を手元に確保するべきですよね。 
 
まぁしかしこんな体験をする度に思いますが 
 
身内は仲よくしないと 
 
必ず困る事になりますよね。 
 
日頃ケンカして絶縁状態の兄弟がいると 
 
親が亡くなった途端に銀行に連絡して即口座凍結 
 
なんて事もあるでしょうし。 
 
その凍結した口座からお金を下ろすためには 
 
相続人のハンコが要りますから 
 
絶縁状態の兄弟にも連絡をとらなければなりません。 
 
私は一度だけ頼まれて 
 
そんな兄弟の橋渡しをしましたが 
 
血を分けた兄弟が 
 
元々他人の私が間に入らないと話しができない 
 
なんて状態を見て 
 
くれぐれも自分や自分の子供達にはそうならないように 
 
って強く思いましたね。 
 
その思いが 
 
今の自分の生き方の基本になってる 
 
そうも言えます。 
 
いずれにしても 
 
兄弟仲が悪ければ 
 
その代償は 
 
親が死んだ後に払う事になる 
 
これを意識して 
 
絶縁状態だけは回避 
 
そんな生き方を貫きましょう。 
 
兄弟の縁を切った 
 
なんて簡単に言いますが 
 
法律的には 
 
全く他人になる 
 
なんて事はできなんだって事 
 
これも理解するべきでしょう。 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++