駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ

人気blogランキングへ


名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 6月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

6月 30日 (土) 他人の評価が期待できない不器....
6月 29日 (金) 理解能力の優劣は大した問題で....
6月 28日 (木) 厳しい人生はズボラによっても....
6月 27日 (水) 不動産屋の限界
6月 26日 (火) 自分の言葉を制する者は自分の....
6月 25日 (月) ガソリンメーターで自分の脳の....
6月 24日 (日) 相手に腹が立ったら自分は絶対....
6月 23日 (土) セカンドチャンス
6月 22日 (金) 閉鎖は没落 解放は発展
6月 21日 (木) ボス犬上司に吹き荒れる粛正の嵐


 

 6月 21日 (木)
 ボス犬上司に吹き荒れる粛正の嵐
先日テレビで 
 
失踪した犬を3年もかけて探し出した飼い主 
 
この感動番組を放送していましたが 
 
私みたいなヘソ曲がりから見れば 
 
どうも感動的結末は納得できませんでしたね。 
 
人間の立場から見れば大変な時間と労力をかけて探してるって事は 
 
愛情の深さの表われ 
 
って事になるんでしょうが 
 
犬の立場からみれば 
 
その飼い主との生活がいやで逃げた訳ですし 
 
実際に長い間野生で暮らす辛さを味わったはずなのに 
 
やってきた買主の顔を見ても黙って去ってしまいましたからね 
 
最後はワナを使っての捕獲となにましたが 
 
困惑してる犬の表情を見て 
 
なんとなくその気持が分ったので 
 
私自身は感動する気にはならなかった訳です。 
 
まぁしかし実際には野犬のままでは 
 
役所の人に捕まり殺傷処分 
 
って事が想定されますので 
 
飼い主の行動は間違ってはいないと思いますが 
 
番組はもう少し犬の気持にも焦点を当てて欲しかった 
 
そんな風に思った訳です。 
 
この話しはこの位にして 
 
人間は本当に犬好きが多いですね。 
 
特に最近また増えたように思います。 
 
おそらく少子化だとか 
 
あるいは一生結婚しない 
 
なんて人が増えたからでしょうね。 
 
孤独を癒やすには犬は大変有効 
 
そんな話しを愛犬家からよく耳にします。 
 
そしてどうしてそんなに犬が癒やしになるかと言うと 
 
従順だから 
 
って話しもよく聞きます。 
 
犬はネコとは違い元々群れで暮らす動物ですから 
 
群れの秩序を守るために自分の欲求を抑える 
 
そんな能力が備わってる訳です。 
 
順位が高い者に対して従順になる事によって 
 
群れの秩序が安定し 
 
効率的な狩りができて 
 
獲物の分配も適切に行われる訳です。 
 
で人間ですが 
 
人間も集団生活によって社会を発展してきた訳ですが 
 
群れの秩序はここにきて揺らいでるように思いますね。 
 
人間も犬と同じで 
 
順位付けがしっかりしていれば安定する訳ですが 
 
戦後人間は皆平等 
 
って事になりましたから 
 
順位付けによる安定が崩れた訳です。 
 
家長制度がある間は相続でもあまりモメなかったのですが 
 
それが無くなりましたから裁判だらけです。 
 
会社においては長く 
 
役職による順位付けで安定を保っていましたが 
 
最近それも崩れてきましたね。 
 
会社だけでなく 
 
公務員も最高位にある事務次官が簡単にひきずり下ろされる時代です。 
 
言うまでもなくパワハラ、セクハラ 
 
これが厳しく糾弾されるようになりましたから 
 
役職が上だからと言って 
 
ボス犬の気でいると 
 
すぐに群れから追い出される 
 
それが今の人間社会です。 
 
そうやって考えると 
 
不動産の業界は実は進歩的だったように思いますね。 
 
昔からパワハラは蔓延する世界でしたが 
 
しかしこのパワハラ上司は大体長くその地位に留まることはありませんでしたし 
 
体育会系の上下関係をそのまま反映したような会社も 
 
ほとんどが消え去りました。 
 
また社員自体も 
 
他の業界と違い 
 
終身雇用なんて期待は持ってなかった 
 
それが不動産業界でした 
 
ですから 
 
嫌な上司がいればとっとと辞める人が多かったですし 
 
私自身も小さな子供が3人もいたのに 
 
会社を辞めた訳です。 
 
この人が安定しない不動産業界の特性 
 
これは昔は他の世界と比べて劣ってる 
 
なんて思っていましたが 
 
今は逆に今の時代には合ってる 
 
そんな風に感じるようになりましたね。 
 
理由は 
 
他の業界でも終身雇用が崩れる事になったからです。 
 
この終身雇用が会社の中でピラミッドを作り 
 
組織の安定をもたらした訳ですが 
 
終身雇用が守られないとなれば 
 
組織は不安定化します。 
 
これ不動産業界以外の方達には辛いかもしれませんが 
 
不動産の世界は元々そんな業界ですから 
 
組織は安定してなかったのです。 
 
そんな理由から 
 
逆に言えば大きくなるのが難しい業界です。 
 
だから当社のような零細企業がたくさん存在するのです。 
 
いずれにしても不動産の世界は 
 
自分の能力と意欲を高めれば 
 
零細企業に居ながら 
 
上場会社の役員にも負けない収入が可能になる一方 
 
それが欠如していれば 
 
長年働いていても 
 
自分の子供と同じくらいの年齢の若い営業マンに負けて 
 
みじめな思いをする世界でもあります。 
 
大変厳しい世界ですが 
 
外の世界も終身雇用が崩れましたので 
 
皆さん不動産業界に近づいてきた 
 
そうも言えます。 
 
いずれにしても頑張るしか無いって事です。 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++