駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ

人気blogランキングへ


名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 6月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

6月 30日 (土) 他人の評価が期待できない不器....
6月 29日 (金) 理解能力の優劣は大した問題で....
6月 28日 (木) 厳しい人生はズボラによっても....
6月 27日 (水) 不動産屋の限界
6月 26日 (火) 自分の言葉を制する者は自分の....
6月 25日 (月) ガソリンメーターで自分の脳の....
6月 24日 (日) 相手に腹が立ったら自分は絶対....
6月 23日 (土) セカンドチャンス
6月 22日 (金) 閉鎖は没落 解放は発展
6月 21日 (木) ボス犬上司に吹き荒れる粛正の嵐


 

 6月 3日 (日)
 空気に流されて目先の世界への対応を誤らないように
日大のアメフト問題収まりませんね。 
 
伝わってくる報道を見ると 
 
人間の卑劣さみたいなもたくさん見えて来ます。 
 
選手はコーチが怖くて物が言えない 
 
コーチは監督に物が言えない 
 
監督は田中理事長に物が言えない 
 
まぁ報道によれば日大の構造はそんな形になってるって事です。 
 
さも酷い腐りきった組織 
 
ってイメージが作られてますが 
 
これ 
 
別に日大だけではありませんよね。 
 
私が高校生の時にも 
 
私たちは部活の先輩にはなれなれしく話せませんでしたし 
 
先輩達はOBに逆らえませんでした 
 
だから冷房設備のない体育館で地獄のシゴキが行われたのです 
 
また当時の顧問を思い出しても 
 
たまに教頭が練習を見に来ると 
 
気の毒なほど小さくなっていました。 
 
また官庁でも 
 
最近の財務省の書類の改ざんを見ると 
 
日本で最高の教育を受けた人達の集団であっても 
 
上司から指示される違法行為を断れない 
 
こんな実態が見えてきます。 
 
これ 
 
今私たちは皆悪として叩いていますが 
 
実際には 
 
人間の作る組織は 
 
元来上に下が従うから安定する訳です。 
 
そしてその上下関係が強ければ強いほど 
 
組織としては外部に対して強くなる 
 
そんな部分があるのです。 
 
ですから 
 
本当の生死をかけた軍隊は 
 
上官の命令には絶対服従 
 
これが前提になってる訳です。 
 
もし戦闘になって 
 
上官が 
 
撃て 
 
って命令した時に 
 
部下が 
 
嫌です 
 
なんて言ってしまっては 
 
敵の弾が飛んできて命を落とす事になります。 
 
逆に言えば 
 
日大はその強固な上下関係があったから 
 
あれほど巨大な組織が出来上がった 
 
そんな風にも言えるのです。 
 
この組織が抱えるジレンマ 
 
今回の報道で私たち国民は勘違いしそうですが 
 
勘違いが過ぎると 
 
社会生活が上手く行かなくなります。 
 
私たちのような小さな会社でも 
 
上司の言う事に逆らってばかりいると 
 
排除される事になります。 
 
幸い当社ではそこまで行った事はありませんが 
 
業務上の些細な指示を断って 
 
上司と揉めた 
 
なんて話しは何度かありました。 
 
こんな経験を積んで 
 
この組織に向かない人間 
 
これは厳しい人生を歩む 
 
これも分っています。 
 
会社では体育会系の人間は 
 
大変使いやすくて重宝されますが 
 
その理由は 
 
スポーツを通じて 
 
組織の中で自分を抑える 
 
これを身に付けてるからです。 
 
つまり上司としては使いやすいのです。 
 
ところが 
 
部活経験もなく 
 
自分の感情のまま生きる 
 
なんて人は 
 
些細は事で上司に逆らい 
 
その後口も利かない 
 
なんて事をよくやらかします。 
 
こうなれば 
 
もう会社は双方にとって地獄です。 
 
どちらかが辞めるまで重苦しい空気が流れます。 
 
そんな感じで 
 
会社で働くのであれば 
 
ある程度上司の命令には従う 
 
これは絶対に必要ですが 
 
今回の日大の報道や 
 
最近流行のパワハラ騒ぎで 
 
これを真に受けて 
 
厳しい人生を歩む 
 
そんな人が増えそうな気がするのです。 
 
で 
 
この上司の命令に素直に従えないやっかいなタイプの人間 
 
当社にもいます 
 
誰だと思います? 
 
私です 
 
私は勤めてた頃は 
 
経営者夫婦のやり方に反発していました。 
 
使う方としては 
 
本当に使いにくい人間だったと思います。 
 
私は自分の意思を貫く道を選びましたが 
 
と言う事は 
 
会社を辞めると言うことです。 
 
小さな子供が3人居るのに 
 
妻の猛反対を押し切って 
 
あえて会社を辞めたのです 
 
そして 
 
自分の性格を良く分ってますから 
 
それから別の組織に入っても同じ 
 
そう考えて 
 
自分で会社を起こしました。 
 
ですから 
 
私が会社経営をしてる理由は 
 
大金持ちになりたいからではありません 
 
自分らしく生きたい 
 
これが第一番目の目標です。 
 
この仕事をしてると 
 
たまに私を金で動かそうとする人がいますが 
 
金で動くくらいなら 
 
会社を起こすなんて必要も無かった訳です。 
 
そんな訳で 
 
日本中に 
 
今回の日大の騒ぎやパワハラ報道で 
 
上司に逆らう 
 
そんな勘違い行動に出る方も多いと思いますが 
 
組織に逆らうと言う事は 
 
そのまま厳しい人生が待ってるって事でもあるのです。 
 
その覚悟がなければ 
 
今の社会の空気に流されずに 
 
ある程度自分の思いは会社では封印する 
 
この事も意識するべきですね。 
 
いずれにしても 
 
くれぐれも 
 
財務省の人間や日大の人達を批判して終るのでは無く 
 
残念ながら 
 
これは人間社会の本質である事も頭の隅に入れて 
 
冷静に報道を見ましょう。 
 
 
 


  半沢直樹がヒットしたころから、そーゆー勘違い野郎が・・・
真田 ..6/3 15:45(日)

  >真田さん
たしかにテレビに影響される人も多いんでしょうね。ドラマと現実社会のギャップにも注意が必要ですね。
はるぼ ..6/4 8:11(月)
>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++