駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 6月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

6月 25日 (月) ガソリンメーターで自分の脳の....
6月 24日 (日) 相手に腹が立ったら自分は絶対....
6月 23日 (土) セカンドチャンス
6月 22日 (金) 閉鎖は没落 解放は発展
6月 21日 (木) ボス犬上司に吹き荒れる粛正の嵐
6月 20日 (水) 不動産投資は元来余裕のある者....
6月 19日 (火) 晒せばそこに広がるのは無限の....
6月 18日 (月) 今日から沖縄に社員旅行
6月 17日 (日) オオバコに学ぶ成功の方程式
6月 16日 (土) 丸いコインを廃止して欲しい


 

 6月 4日 (月)
 煽り運転も煽り経営も嫌いです
最近当社の社員がまとめてくる売買の案件を見ると 
 
本当に難しい取引をよくまとめてると感心しますね。 
 
難しい案件をまとめるのは私と密に連絡をとる社員です。 
 
言い方を変えればまとめるために私の脳も利用する訳です。 
 
彼等を見てると 
 
もつれた糸をほぐすように 
 
粘り強く仕事に取り組んで行きます。 
 
で 
 
このタイプの社員に私が意識する事は 
 
一言で言えば焦らないように気を配る事です。 
 
このじっくり仕事に取り組むタイプは 
 
上司が気を長く持てば 
 
大きな成果につながりますが 
 
焦らせると 
 
徒労に終ります。 
 
ゴルフでもやたら同伴者のプレーを煽る人は嫌われますが 
 
それは急がされるとプレーに集中できませんから 
 
スコアはメチャクチャになります。 
 
これでは高いお金を出してゴルフに行く意味がありませんから 
 
皆敬遠して避けるようになる訳です。 
 
そんな訳で 
 
人の上に立つのであれば 
 
部下の性格を見て 
 
じっくり型であれば焦らせない 
 
これを意識しないと 
 
絶対に社員は育たないのです。 
 
私は勤めてた頃は 
 
煽り型の上司の下にいましたので 
 
この煽る人間をよく観察していました。 
 
で 
 
自分が会社を経営したらそんな風にはならない 
 
そう決めてたわけです。 
 
この煽る人間は 
 
基本的に視野が狭く臆病です。 
 
人の上に立ちながら 
 
少し業績が落ちると不安になり 
 
結果社員を煽る訳です。 
 
社員は牛や馬じゃありませんからね 
 
ただムチで叩けば良いって訳ではありません。 
 
成績が上がらないときには 
 
どうすれば上がるか 
 
それを考えて社員を指導するべきなのに 
 
自らは思考を停止して 
 
ただ大声で精神論 
 
これでは有能な人間は去って行きます。 
 
そんな思いをしてまで残るのは 
 
他で生きてく自信が無い社員ばかりですから 
 
従順で無能 
 
こんな傾向になります。 
 
他社の話しはともかく 
 
私はそんな考えですから 
 
社員にノルマも課さなければ 
 
成績が悪いからと行って追い込む事もしない訳です。 
 
不動産の仕事は大変難しくなる一方です。 
 
知識をつけて 
 
深く戦略を練らないと 
 
大きな成果はでません。 
 
そんな社員に育て上げるためには 
 
まず経営者が 
 
しっかり度胸を据えて 
 
多少の業績低迷には動じない事です。 
 
経営者がじっくり構えて初めて 
 
社員は難しい仕事にも時間をかけて取り組む事ができるのです。 
 
そんな訳で 
 
煽る経営者は視野の狭さと臆病の現れ 
 
私は社員を使うようになってから 
 
この事をずっと意識して居ます。 
 
今は車の煽り運転も警察が厳しく取り締まるようになりました。 
 
人間を煽る事は 
 
自分の無能を晒す事 
 
これを理解するだけで 
 
人生は大きく違って来ますよ。 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++