駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 7月
 日 月 火 水 木 金 土
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - -

7月 23日 (月) 今は未体験の世界の入り口に差....
7月 22日 (日) いつも誰かに見られてる・・怖い
7月 21日 (土) 利益が同じ方向を向くから仲間....
7月 20日 (金) イメージは波に揺られるサバニ
7月 19日 (木) 家庭の不健全さは社会を不安定....
7月 18日 (水) 有難いのは苦境
7月 17日 (火) 時代が大きく変化する時 経験....
7月 16日 (月) 喜びも悲しみも一瞬
7月 15日 (日) 他人の気持にビクビクしながら....
7月 14日 (土) 本当のワルは上から目線


 

 7月 13日 (金)
 視野狭窄防止のためにサッカー観戦
おとといはゴルフの後 
 
サッカー観戦に行きました。 
 
地元の町田ゼルビアが 
 
天皇杯の三回戦で 
 
あの鹿島アントラーズと対戦する事になりましたので 
 
のこのこ出かけて行った訳です。 
 
私はたまにサッカーを観戦しますが 
 
社員達はよく野球を見にいってるそうです。 
 
スポーツはテレビでも見れるのに 
 
なぜわざわざ大勢の人が出かけて行くのでしょうかね? 
 
もしその理由が分からない人がいれば 
 
一度は競技場に足を運ぶべきですよね 
 
瞬時にその理由が分かるはずです。 
 
これはコンサートも一緒ですよね。 
 
歌や踊りはテレビでいくらでも見れますが 
 
時には東京ドームが一杯になるほど 
 
たくさんの人がお金を時間をかけて見に行きます。 
 
これもそんな人の気持が分からない 
 
なんて思ったら 
 
とにかく一度は体験するべきです。 
 
テレビが出て来て 
 
電源を入れれば 
 
スポーツから芸能やニュース 
 
すべてが大量に流れてくるうようになりました 
 
ですから 
 
人間は勘違いするようになったのです。 
 
テレビだけを観て 
 
すべてが理解出来たかのように思い込む人 
 
これが増えたのです。 
 
ネットが普及して 
 
この勘違いはますます深刻になった 
 
そんな風に感じる事が多くなりました。 
 
テレビやPCのモニターに映される世界だけしか知らなければ 
 
かなり視野の狭い人間になります。 
 
実際には映像の世界は 
 
ほんの一部しか映していません。 
 
サッカーで言えば 
 
逆に競技場に行くと広いために 
 
選手との距離が遠くて顔も良く分かりません 
 
ですからシュートシーンでも 
 
目の前で起ればはっきり見えますが 
 
反対側のゴールで起っても 
 
相手側のサポーターが歓喜してますから分かりますが 
 
そうでなければ 
 
一瞬何がなんだかさっぱり分かりません 
 
それがテレビでは大きく映されますから 
 
その意味ではテレビの方が良く見える訳ですが 
 
しかし 
 
逆にテレビは 
 
ごく一部に焦点を当てて映していますから 
 
全体は全く見えてない訳です。 
 
反対側のゴールで得点が入った時に 
 
こっち側のキーパーは悔しがって地面を蹴っていますし 
 
サポーターの中には涙を浮かべる人もいます。 
 
また 
 
その得点によって自分の出番が来たとばかり 
 
控え選手がアップを始めたりします。 
 
つまり 
 
得点シーンはほんの一部の出来事であり 
 
サッカーの試合は 
 
実際には競技場全体で行われてる 
 
これが実際に競技場に足を運べば分かりますから 
 
サッカーはテレビと競技場では全く違う物を見てる事に気づく事ができます。 
 
以前韓国で日本の国旗を燃やしてる人達がテレビに映り 
 
ネットでは怒りのコメントがたくさん流れましたが 
 
この画面一杯に流れてるシーン 
 
少し引いて見れば 
 
一般の韓国人が 
 
その人達を変人扱いして 
 
横目で見ながら立ち去る 
 
これが実際の現場だってのが分かります。 
 
つまり 
 
テレビ画面に一杯に映って事は 
 
現実とはほど遠い 
 
そんな事が多いのです。 
 
逆に言えば現実と離れてるからテレビで流すのです。 
 
ですから 
 
テレビだけを見ていては 
 
実際の姿が見えなくなる 
 
これが大きな弊害です。 
 
テレビの登場によって 
 
情報はたくさん流れるようになりましたが 
 
実際には 
 
たくさんの人を視野狭窄に陥れた 
 
そんな負の側面もあるのです。 
 
そんな時代に 
 
自分自身がそうならないためには 
 
実際の世界をたくさん見て 
 
視野が狭くならないように意識するべきだと思いますね。 
 
先月当社の社員を沖縄に連れて行きましたが 
 
皆感動してくれました。 
 
実際の沖縄の自然と人間 
 
これも東京にいてテレビで観るのとは大きく違います。 
 
その意味では 
 
少し社員の視野が広がって 
 
私は目的を達する事ができたと思っています。 
 
そんな訳で 
 
テレビもネットも大変な恩恵をもたらしてくれましたが 
 
間違い無く大きな弊害も伴っていますので 
 
時には 
 
スポーツの観戦をしたり 
 
旅行に行ったりして 
 
見聞を広げるのと 
 
ただ面倒臭がって液晶だけ見て過ごすのでは 
 
人生は大きく違ってくる 
 
私はそれを確信しています。 
 
 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++