駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ

人気blogランキングへ


名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 7月
 日 月 火 水 木 金 土
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - -

7月 31日 (火) 社員にとっては些細な事 私に....
7月 30日 (月) 日本人も不動産屋も絶滅危惧種
7月 29日 (日) 家庭のトラブルは労働と金銭の....
7月 28日 (土) 社会的評価は低くても気持は誇....
7月 27日 (金) 私にとって一番の投資詐欺の加....
7月 26日 (木) 自制の文化
7月 25日 (水) ここはアフリカの砂漠?
7月 24日 (火) 因果応報
7月 23日 (月) 今は未体験の世界の入り口に差....
7月 22日 (日) いつも誰かに見られてる・・怖い


 

 7月 31日 (火)
 社員にとっては些細な事 私に取っては会社存続に関わる大問題
1年半もコンビニの駐車場に無断で車を停めた男が 
 
裁判にかけられ921万円もの支払いを命じられた 
 
なんてニュースが流れましたが 
 
我々不動産屋も日頃から無断駐車に悩まされてますから 
 
被告人に対して同情心は湧いてきませんね。 
 
しかしこの男 
 
本当に図太いですよね。 
 
私も運転中眠いときに 
 
少しコンビの駐車場に車を停めさせてもらう事がありますが 
 
大体それに見合った買い物をします。 
 
それがこの男は車だけ停めて買い物はしなかったようですね。 
 
世の中には自分の感覚とはかけ離れた人間がたくさんいる 
 
これを今回の話しで再確認しました。 
 
以前当社の営業地域でも有名なコンビニがあって 
 
そこの駐車場にはいつも反社会勢力の車が停めてありました。 
 
店長さんが怖くて放置したのか 
 
あるいは店長さんも関係者なのか分かりませんが 
 
いずれにしても見た目で明らかに怖い人達ですから 
 
そのコンビニを避ける人が多かったと思います。 
 
ですから被害額を計算すれば 
 
今回の無断駐車とはケタ違いだったように思いますが 
 
その後どうなったんでしょうかね? 
 
最近行ってないのでよく分かりませんが・・ 
 
この無断駐車をする人たち 
 
コンビニは不特定多数のお客様が来る訳ですから 
 
しばらく様子見って事になり 
 
それが被害を拡大するのでしょうが 
 
私達はそうは行きません 
 
なんせ誰かが勝手に月極駐車場に停めるって事は 
 
そこを契約してお金を払ってる人が停められない 
 
って訳ですから 
 
様子見なんて悠長な事は言ってられません。 
 
ですから 
 
時にはその違法駐車場の前に張り込んで 
 
車の持ち主が戻ってくるのを待つ 
 
そんな事になる訳ですが 
 
その待ってる間 
 
色んな事が頭を駆け巡りますよね 
 
こんな図々しい事をする訳ですから 
 
もしかしたら凶暴な人間かも知れません。 
 
ですから 
 
もしそうだった時にどうするか? 
 
なんて事もあれこれシミュレーションしたりなんかしながら 
 
少しドキドキしながら戻って来るのを待つわけです。 
 
ただ 
 
私が経験したのは 
 
ほとんどが拍子抜けでしたね 
 
多かったのは中年の女性です。 
 
たまに男性もいますが 
 
これは大体職人系の人達ですね。 
 
平謝りで逃げて行きます。 
 
大胆な行動をするのに普通の人 
 
一見不思議ですが 
 
しかし駅前の放置自転車を見れば良く理解できすよね。 
 
関係者以外駐輪禁止と書いてあっても 
 
たくさんの善良な市民が平気で放置していきます。 
 
これを犯罪と呼んで良いのか 
 
それともマナー違反と言うべきか 
 
よく分かりませんが 
 
しかし言える事は 
 
私達人間は本来その程度の物だって事ですよね。 
 
ですから 
 
社会の秩序を守るためには 
 
残念ながら 
 
ルールを守らない人にはそれなりの罰則 
 
これをしっかり課さないと 
 
社会の質が低下する訳です。 
 
正直者がバカを見るような社会は 
 
いずれ全体が堕落します。 
 
もちろん会社も同じです。 
 
それが分かってますから 
 
私は 
 
一見些細な事にも思い切りエネルギーを絞り出して 
 
全力で対処する訳です。 
 
社員に対しても 
 
私が些細な事で叱りつけると 
 
フテ腐れる態度を取る人がたまにいますが 
 
私は絶対に放置しません。 
 
一人がルールを守らず 
 
私がそれを放置すれば 
 
すぐに他の社員はそのルールを無視するようになります。 
 
そうなれば会社が成り立ちません。 
 
一人の社員にとっては些細な事 
 
私にとっては会社の存続に関わる大きな事 
 
この意識の違いが 
 
時には大きなバトルとなります。 
 
散々この話しは社員にしますが 
 
しかし 
 
根絶できていません。 
 
会社経営の辛い所です。 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++