駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ

人気blogランキングへ


名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 7月
 日 月 火 水 木 金 土
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - -

7月 31日 (火) 社員にとっては些細な事 私に....
7月 30日 (月) 日本人も不動産屋も絶滅危惧種
7月 29日 (日) 家庭のトラブルは労働と金銭の....
7月 28日 (土) 社会的評価は低くても気持は誇....
7月 27日 (金) 私にとって一番の投資詐欺の加....
7月 26日 (木) 自制の文化
7月 25日 (水) ここはアフリカの砂漠?
7月 24日 (火) 因果応報
7月 23日 (月) 今は未体験の世界の入り口に差....
7月 22日 (日) いつも誰かに見られてる・・怖い


 

 7月 5日 (木)
 犯罪者と善良な市民・・実は一緒です
私のゴルフ仲間の方に 
 
上場会社をリタイヤして今はお孫さんにも囲まれ 
 
大変幸せな老後を送ってる方がいますが 
 
この方 
 
昔は散々飲酒運転をしてきたそうで 
 
よくそれを自慢しています。 
 
まぁ昔の事ですからね 
 
時代も少し寛容だったんでしょう。 
 
しかしこの方の話しを聞いて思いますが 
 
私たちの今の世界は法治国家ですが 
 
法律の中でも刑法は別物ですよね。 
 
家賃を払わず民事で訴えられても会社をクビになる事はありませんが 
 
刑事事件となれば職を失う 
 
この可能性が高くなります。 
 
ですから犯罪者とそうでない人 
 
社会の扱いを見ると 
 
そこには大きな壁があって仕切られてる訳ですが 
 
実際には犯罪を犯す前には 
 
犯罪者と善良な市民に明確なラインがある訳ではありません。 
 
この方の場合は 
 
散々飲酒運転をしても事故を起こさなかったために 
 
善良な市民の仲間にいられますが 
 
もし 
 
それで死亡事故を起こしたら 
 
犯罪者となりますから 
 
会社は解雇になったでしょうし 
 
もしかしたら家族も崩壊したかも知れません。 
 
つまり 
 
私たちは犯罪を犯した人を別世界の人だと思っていますが 
 
実際には 
 
そんな事はなく 
 
誰でも少し歯車が狂えば 
 
犯罪者の仲間に入る事がある 
 
そんな危うさを持ってるのが人間社会です。 
 
ですから 
 
日頃からその事を意識して 
 
できれば悲惨な人生ならないようにしてもらいたい 
 
そんな風に社員や子供達に対してはいつも思っています。 
 
では元々犯罪的要素が少ないのに 
 
犯罪に走る人はどんなケースがあるでしょうか? 
 
まぁ男性の場合はお酒とお金と女性 
 
大体これが原因ですね。 
 
お酒の場合は 
 
日頃しっかり脳が本能の暴走を抑えてるのに 
 
アルコールによってその機能が低下して 
 
犯罪者の落とし穴にストン 
 
ってのは本当に良くニュース流れます 
 
痴漢で捕まった学校の先生とかが 
 
お酒の勢いでつい 
 
なんて事を口にします。 
 
また家庭でも 
 
酒を飲んで家族に暴力を振るう 
 
なんて事が日常化して 
 
ある日気づいたら 
 
自分子供が反応しなくなった 
 
なんてのは虐待オヤジの定番です。 
 
ですから 
 
お酒を飲む人は 
 
とにかく飲んでしまったら 
 
自分は別人格になるんだ 
 
って事をしっかり頭に叩き込むべきでしょうね。 
 
私に飲酒運転の武勇伝を語るお父さんも 
 
たくさん飲酒運転をしてきましたが 
 
最初から飲酒運転をしよう 
 
なんて思った事は一度も無かったそうです。 
 
会社に車を置いて1杯のつもりが 
 
その一杯が前頭葉をマヒさせ 
 
ふらつく足で車に向かわせる訳です。 
 
ですから 
 
今の時代であれば 
 
そんな人は車通勤をするべきではありませんよね。 
 
まぁそんな感じで 
 
酒は人格を変えますから 
 
そうであれば 
 
シラフの内に 
 
そんな事にならないための予防 
 
これをしっかり確保して 
 
酒を飲んで犯罪者の側に行かないように気を付ければ良いでしょう。 
 
で 
 
この善良な市民を犯罪者に変えるもう一つの大きな要素 
 
これは本当にやっかいです。 
 
もしかしたら救い用はないかも知れません。 
 
それはお金です。 
 
同じお金でも 
 
家主に多い金銭に対する執着心の強い人は 
 
周りに信頼できる人はいなくなりますが 
 
犯罪者になる事は希です。 
 
犯罪者になるのは 
 
逆にお金を貯める事に無頓着で 
 
ひたすら使う事に生き甲斐を感じる 
 
そんなタイプです。 
 
当社の入居者でも 
 
たまに強盗だの覚醒剤だのに走って行く人がいますが 
 
ことごとく浪費癖で金銭的に困窮した結果です。 
 
金銭的に困窮して犯罪にまで走った人 
 
私の知合いにもいますが 
 
このタイプは 
 
金銭的に困らない時には 
 
犯罪者どころか本当に良い人です。 
 
なんせお金を使う事を躊躇しませんから 
 
人におごりまくる訳です。 
 
私が知ってる別の人は 
 
親が10億単位の財産を残しましたので 
 
それがある間は 
 
大変良い人でした 
 
だから私も親しく付き合ってたのです。 
 
ところが 
 
それが尽きると 
 
もう表情からして人間の顔では無くなりましたね。 
 
最後は三度の飯にも困るようになり 
 
私との縁はそこで切れました。 
 
そんな訳で 
 
私たちが生きる世界は 
 
今普通の人であっても 
 
犯罪者に変わる 
 
そんな人達がたくさんいて 
 
それと身近で接して暮らしてるのが現実です。 
 
そして 
 
その身近に居る人間の中で 
 
犯罪者に変わる可能性があるのが 
 
金銭感覚で分かるのです。 
 
私の母親が 
 
私が若い頃 
 
自分の身近にいる人達を見て来て 
 
私に語った事があります。 
 
それは 
 
怠け者と金遣いの荒さは根はひとつ 
 
って言葉です。 
 
この言葉は不動産の世界に身を置けば 
 
そんな人をたくさん目にしますから 
 
実感として良く分かります。 
 
時代劇でも遊び人イコールバクチ打ちですが 
 
地道に働くのが嫌で 
 
楽して儲かるバクチに走る訳ですが 
 
最後はドスで差されてオシマイ 
 
定番です。 
 
ですから 
 
私自身は 
 
不動産投資の名の下に 
 
働かずに不労所得に走る人達を見ると 
 
警戒する訳です。 
 
大家とは名ばかり 
 
80歳にもなって 
 
私に金を借りに来た人が最近居ましたが 
 
私がお金を貸す事はありません 
 
私は自分が本当に一生懸命働いて生きて来ましたから 
 
遊んで暮らしてる人に同情する気持は 
 
とっくにどっかに吹っ飛んでしまったんです。 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++