駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ

人気blogランキングへ


名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 7月
 日 月 火 水 木 金 土
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - -

7月 31日 (火) 社員にとっては些細な事 私に....
7月 30日 (月) 日本人も不動産屋も絶滅危惧種
7月 29日 (日) 家庭のトラブルは労働と金銭の....
7月 28日 (土) 社会的評価は低くても気持は誇....
7月 27日 (金) 私にとって一番の投資詐欺の加....
7月 26日 (木) 自制の文化
7月 25日 (水) ここはアフリカの砂漠?
7月 24日 (火) 因果応報
7月 23日 (月) 今は未体験の世界の入り口に差....
7月 22日 (日) いつも誰かに見られてる・・怖い


 

 7月 6日 (金)
 辛いのは板挟み
今日からアメリカは中国への高関税を発動するようですね。 
 
いよいよ米中の貿易戦争が幕開けって感じになりましたね。 
 
歴史的には保護主義の台頭は戦争につながった訳ですが 
 
果たして今回はどうなりますか? 
 
核保有国同士が本気で核ミサイルを撃ち合う事になる 
 
なんて事は考え憎いですが 
 
しかし今までの国際秩序は大きく変わるように思います。 
 
どんな風に変わるか? 
 
まぁ私ごときに分かる訳はありませんが 
 
一つの流れはアメリカ離れでしょうね。 
 
同盟国にもガンガン経済的なケンカを売りまくるトランプさん 
 
さすがにウンザリ 
 
って空気が広がるでしょうね。 
 
日本の指導者の皆さんは 
 
是非この時代の変化 
 
しっかり感じ取ってもらって 
 
舵取りを誤らないようにしてもらいたいものです。 
 
この米中の動き 
 
悲観的な予測をする専門家も多いのですが 
 
私は日本にとっては良い事になるように思いますね。 
 
具体的に筋道を立てて説明する事はできませんが 
 
ケンカしてる者同士は 
 
自分に賛同する仲間が欲しい 
 
そんな風に思うようになりますからね 
 
日本も今までのようにアメリカと運命共同体 
 
みたいは考えを封印すれば 
 
漁夫の利が舞い込んでくる 
 
そんな風に思うのです。 
 
まぁしかし 
 
米中の貿易戦争で止まってる間は 
 
うまく立ち回る事もできますが 
 
実際に軍事行動となったら 
 
中立は許されませんよね。 
 
この原理は 
 
中学の不良から戦国大名まで 
 
人間の抱えるジレンマです。 
 
中学の不良グループ同士がケンカするとなれば 
 
それまで両方と上手く付き合っていても 
 
どっちかに付かなければ 
 
両方から敵と見なされますし 
 
戦国大名も 
 
徳川家康か石田三成 
 
いずれかに加勢しなければ 
 
生き残る道は無かったのです。 
 
まぁしかし辛いですよね。 
 
ですから 
 
今回の米中の対立も 
 
経済戦争だけで終ってもらわなければ困るのです。 
 
大国同士の戦争はそうならないように祈るしかないのですが 
 
会社や個人の生活の中でも良く見られるパターンですよね。 
 
会社では専務派と社長派 
 
どっちにつくか? 
 
って悩んでる人も多いとおもいます。 
 
悲惨なのは家庭でこれが起る時ですよね。 
 
お父さんとお母さんの仲が悪く 
 
子供は毎日ヒヤヒヤしながら生きてる 
 
なんて家庭はたくさんあると思います。 
 
子供は毎日不安を抱えて生きる訳ですが 
 
それでもお父さんとお母さん 
 
両方の機嫌を取りながら立ち回る位で済めば 
 
もしかしたらその事が将来の内面の成長につながる 
 
なんて事もあるかも知れませんが 
 
両親が離婚 
 
なんて事になれば 
 
子供は戦国大名と同じ選択を迫られますよね 
 
お父さんについていくのか? 
 
お母さんについていくのか? 
 
私は離婚家庭の内情に詳しい訳ではありませんが 
 
想像で言わせてもらえば 
 
お父さんについて行けばお金は心配ないけど 
 
家事は自分でしなければならない 
 
お母さんについて行けば 
 
家事はやってくれるけどお金が心配 
 
そんなジレンマが子供にのしかかるんでしょうね。 
 
気の毒なものです 
 
ですから 
 
お父さんお母さん 
 
できれば 
 
子供にそんな負担はかけずに済む道 
 
これを選択して欲しいといつも思います。 
 
ただ 
 
この子供のジレンマ 
 
結果から言えば 
 
ほとんどがお母さんについて行きますね。 
 
私たちの仕事をすれば分かりますが 
 
母子家庭はたくさんありますが 
 
父子家庭はほとんど目にする事はありません。 
 
苦しい経済状況の中 
 
必死で一人で子育てをしてるお母さん達を見ると 
 
本当に男として申し訳がない 
 
そんな気持になります。 
 
まぁしかし 
 
大体の場合は苦労してお母さんが一人で子育てをすると 
 
その子供達はお母さん思いになりますから 
 
報われる事も多いのですが 
 
お母さんが他の男に走ると 
 
子供は高い確率で悲惨な事になりますね。 
 
虐待で小さな子供が亡くなる事件は後を絶ちませんが 
 
報道で見ると 
 
大半の虐待男は母親の新しい交際相手ですよね。 
 
男からすれば 
 
母親は自分が好きだから大切にしますが 
 
その子供は 
 
大好きな女性が他の男と行為に及んだ証ですから 
 
憎しみの対象になる危険が高いのでです。 
 
くれぐれも児童相談所の皆さんは 
 
多少プライバシーに踏み込んでも 
 
このパターンの家族 
 
しっかり注意深く様子を見て 
 
もし虐待の兆候があれば 
 
勇気を持って子供を保護して欲しい 
 
悲惨なニュースを目にする度に 
 
いつも思います。 
 
小さな子供の命ひとつ守れない国は 
 
とても先進国とは言えない 
 
私はそんな考えですから 
 
行政からの要請があれば 
 
情報の提供はためらわないつもりです。 
 
そんな訳で 
 
子供ができたら 
 
もう自分の欲求は抑えて 
 
しっかり責任を果す 
 
そんな親になりましょう。 
 


  本当に時代の変化は驚くほど早く大きく変わりますね。

はるぼさんのブログを初めから読み返していたのですが、
2011年12月20日の記事で

>> 私が不思議だと思うのは
>> 今は情報機器が進歩して
>> 効率的に情報のやりとりができますが
>> ことビジネスの目的である売上に関して言えば
>> アナログの時代の方が
>> はるかに儲かった訳です。
>> 理由はハッキリしていますが
>> 長くなりますので次の機会にしますが

というのが気になりました。
よろしければ、そのことを近いうち書いていただけると嬉しいです。
テツ ..7/6 18:13(金)

  >テツさん
そんなに昔のブログを呼んで頂き恐縮です。
情報手段が今と比べて遅れてた方が儲かった話しは近いうちに書いてみます。
はるぼ ..7/7 8:08(土)

  楽しみにしています!
本当にはるぼさんのブログが大好きで、実は初めから読むのはもう2回目です。
もしオフ会とかあるようでしたら、参加してみたいです。
テツ ..7/7 12:51(土)

  >テツさん
オフ会は以前は東京でもやっていましたが最近は年に2回だけ沖縄でしかやっていません沖縄に行く機会がありましたら是非・・
はるぼ ..7/8 8:19(日)
>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++