駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 7月
 日 月 火 水 木 金 土
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - -

7月 23日 (月) 今は未体験の世界の入り口に差....
7月 22日 (日) いつも誰かに見られてる・・怖い
7月 21日 (土) 利益が同じ方向を向くから仲間....
7月 20日 (金) イメージは波に揺られるサバニ
7月 19日 (木) 家庭の不健全さは社会を不安定....
7月 18日 (水) 有難いのは苦境
7月 17日 (火) 時代が大きく変化する時 経験....
7月 16日 (月) 喜びも悲しみも一瞬
7月 15日 (日) 他人の気持にビクビクしながら....
7月 14日 (土) 本当のワルは上から目線


 

 7月 8日 (日)
 昔は人と対話 今はパソコンと対話
私が以前に 
 
今のように情報手段が発達してない時代の方が儲かった 
 
ってブログで書きましたが 
 
それには理由があります。 
 
当時は 
 
例えば良い物件を集めるときに 
 
少し知恵を絞れば 
 
他の不動産屋気づかない方法がいくつもあったのです。 
 
具体的には 
 
駅から遠くてお客様が来ない 
 
そんな小さな不動産屋が 
 
良い物件の売却を受けても買手が見つけられない 
 
ってケースがたくさんありました。 
 
ですから 
 
私は一時期 
 
徹底してそんな寂れた不動産屋ばかり回って 
 
おいしい思いをする事ができたのです。 
 
そんな事を繰り返す内に 
 
私の元へは販売力の無い不動産屋から 
 
たくさん情報が集まるようになった訳です。 
 
また買主も 
 
私の所に行けば良い物件を紹介してくれる 
 
そんなイメージを持った人がたくさん集まりました 
 
ですから 
 
ガンガン売買がまとまった訳です。 
 
言い換えれば情報手段が限られますから 
 
良い情報は足で集めるしか無かったのです。 
 
今になると大して効果が無かったと思っていますが 
 
同業者からの優良な情報を得ると言う名目で 
 
散々夜は飲み食いしました。 
 
これは不動産の世界だけではありません 
 
情報が今のように高度に発達していない時代は 
 
町の雑貨屋さんとか洋服屋さん 
 
こんな商売も人のつながりで 
 
そこそこ儲かってたはずです。 
 
ところが今は 
 
ネットで商品の情報が溢れてますから 
 
大手の小売店舗ですらも苦しくなってる訳です。 
 
この情報手段の発達は 
 
最近流行の 
 
勝ち組とか負け組 
 
そんな言葉が示すように 
 
ビジネスでは大きな格差を生みます。 
 
先日テレビでやっていましたが 
 
一日中パソコンで株の売買をしてる若い人が 
 
20億円も稼いだ 
 
なんて話していましたが 
 
一方では一日中汗にまみれて仕事をして 
 
日当は1万円 
 
なんて人もいます。 
 
つまり 
 
情報手段の発達は 
 
元々消費者には幅広く恩恵がありますが 
 
事業者は顧客が集中する傾向がありますから 
 
一部の儲かる会社と 
 
多数の儲からない会社 
 
これがある意味運命づけられて訳です。 
 
ですから 
 
必ずしもそれが利益につながる訳では無いのです。 
 
不動産業界もその流れの中で 
 
情報通信手段が発達したからと言って 
 
不動産屋がすべからく儲かる訳ではなく 
 
私たちの周りでも閉店する会社はたくさんあるのです。 
 
これが 
 
私自身は自分の知恵を絞れば結果が出るネットの無い時代に 
 
売り上げを上げる事ができた理由です。 
 
それと以前ある若い方から 
 
昔は手書きで書類を作ってたとすれば 
 
書類の作成に追われて営業する時間が無かったのでは? 
 
って聞かれた事がありますが 
 
今の時代から見ればそう思うのは当たり前ですが 
 
昔は今と違い 
 
行政の縛りが緩く 
 
たくさんの書類は必要が無かったのです。 
 
大体重説は土地であれば 
 
B4の雛形でカーボンを敷いて30分もあれば作成できましたし 
 
添付素類は 
 
公図、謄本だけ 
 
って感じでした。 
 
ですから手作業でもたくさん契約ができた訳です。 
 
そんな時代に購入した売主が 
 
今になって売却を不動産屋に依頼すると 
 
土地は測量のやり直し 
 
擁壁もやり直し 
 
敷地内のガラは撤去 
 
上下水道も他人の敷地を通ってるのでやり直し 
 
最悪道路の幅員が足りないので再建築不可 
 
なんて言われて驚くケースも多いと思いますが 
 
昔はそんな事は大きな問題では無かった訳ですから 
 
時代の変化で余計な負担が生じた 
 
そんな風にも言えるのです。 
 
ですから 
 
若い営業マンは 
 
そんな時代の変遷も頭に入れながら 
 
丁寧に売り主に説明するべきしょうね。 
 
単に今の常識だけを押しつけても 
 
顧客によっては怒り出す 
 
そんな事も多いと思います。 
 
情報手段の発達は 
 
消費者には大きな恩恵ですが 
 
そのために事業者は淘汰されますし 
 
個人の売主も 
 
何事も無く暮らしてた自分の家が 
 
いつの間にか 
 
欠点だらけになって価値が暴落してた 
 
そんな風になってるって事です。 
 
そんな訳で 
 
昔はどんな商売も 
 
人とたくさん接すれば 
 
それなりに売り上げが上がりましたが 
 
今の時代は 
 
全く人と会わずに 
 
パソコン画面だけ眺めて 
 
大もうけをする人達がたくさんいますから。 
 
そんな人達に美味しいところは持っていかれ 
 
昔ながらの人と接するパターンで得られるチャンスは 
 
大きくしぼんでしまった訳です。 
 


  とてもわかりやすい内容でした!
ありがとうございます。
去年初めて行ってから沖縄が好きになって、年に2〜3回行っています!
オフ会やる時に告知していただければ参加したいと思います!!
テツ ..7/8 10:02(日)

  >テツさん
沖縄でのオフ会は大体夏は8月10日前後
冬は12月28日前後です。 その時期に沖縄に行く機会があればお知らせ下さい。
はるぼ ..7/8 18:09(日)

  ありがとうございます!
8月は予定と被ってしまっているので、年末行けそうであればご連絡させていただきます!!
よろしくお願いします。
テツ ..7/9 18:25(月)
>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++