駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ

人気blogランキングへ


名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 8月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
-

8月 31日 (金) 若かければ善 年取れば悪
8月 30日 (木) 人の接触は自分を常に最新状態....
8月 29日 (水) 雷雨の中傘も差さずに平然と歩....
8月 28日 (火) 改めて諸行無常
8月 27日 (月) 子供はマンガ好き 実は大人に....
8月 26日 (日) 西部劇で蘇る小学生時代
8月 25日 (土) 外見の衰えは内面で補うしかあ....
8月 24日 (金) 政治は利用せず利用させず
8月 23日 (木) 激しい痛みが教えてくれた己の....
8月 22日 (水) 水もお金もあるべき流れは決ま....


 

 8月 5日 (日)
 そろそろ祭りが終り 冬がやって来ます
ライフネット生命保険の創業者の出口さんは 
 
勤めてた大手の生命保険会社で 
 
社長に逆らって左遷させられた時に 
 
真っ先にこう思ったそうです。 
 
“これで多数派の仲間入りが出来た” 
 
と 
 
理由は 
 
大きな組織では経営陣はほんの一部の人間ですから 
 
そこから外れて降格させられると言う事は 
 
大多数の社員の仲間の元に戻れた 
 
そんな風に思った訳です。 
 
まぁ中々凡人には思いつかない発想ですよね。 
 
その思考形態のおかげで 
 
自ら生保を起こして 
 
そして今は大学の学長にまでなってる訳です。 
 
この話し 
 
色んな事が学べますが 
 
私が感じるのは 
 
能力のある人にとっては 
 
大きな組織では 
 
その能力に蓋をしてしまうって事があるって話しですよね。 
 
ですから 
 
自分が会社の中にいて 
 
窮屈だと思えば 
 
もしかしたら一歩勇気を出して外に飛び出せば 
 
そこで大きく花開く 
 
なんて事もよくあると思います。 
 
まぁしかし気をつけなければいけないのは 
 
自分の能力を過剰に評価してしまい 
 
実際には飛び出したら 
 
自分は無能だった 
 
って事を確認しただけ 
 
なんて人も多いわけで 
 
その見極めはしっかりしないと 
 
結果惨めな人生が待ってる可能性が高くなります。 
 
特に不動産の世界では 
 
この勘違いが多く発生しますので 
 
よく注意した方が良いですね。 
 
私もこの自己評価が高く 
 
独立して見た物の 
 
実際にはあえなく撃沈してこの世界から去って行った人 
 
腐るほど知っています。 
 
どうして不動産の世界ではこの勘違いが多数発生するかと言うと 
 
歩合給があって大金を手にする事があるからです。 
 
つまり 
 
上場会社の社員より高い給料をとったとなれば 
 
オレの能力は凄い 
 
って思い込んでしまうのです。 
 
で 
 
独立したら 
 
それまでとは打って変わって売り上げは上がらず 
 
結果撃沈 
 
残りの人生は大きな借金の支払いで終る 
 
って事になります。 
 
そんな事態にならないように 
 
この不動産特有の勘違い 
 
しっかり意識して 
 
自分の能力を冷静に見極めるようにしましょう。 
 
私自身若い頃会社を辞めて独立した訳ですが 
 
私が勤めてた頃と独立した後に一番感じたのは 
 
営業に割ける時間です 
 
なんせ官庁の書類から経理 
 
また広告作成から 
 
社員の募集教育 
 
これらの非営業業務が大量に押し寄せてきます。 
 
ですから 
 
感覚的には 
 
営業に割ける時間は 
 
勤めてた頃の数分の1って事になります。 
 
この限られた時間で 
 
会社が成り立つだけの売り上げを上げると言う事は 
 
本当に大きな試練です。 
 
ですから 
 
会社勤めで 
 
親しい業者に建て売り用地ブチ込んで成績を上げていても 
 
それはその環境でしか通用しないって事になります。 
 
にも関わらず 
 
自分の能力を過信して 
 
転落していく人 
 
この世界でいつの時代もたくさん目にする事になります。 
 
しかしたくさん目にしますが 
 
実際には僅かながら成功して行く人もいます。 
 
そして 
 
成功していく人と失敗する人 
 
この違いも明確に分かります。 
 
私自身会社を起こすときに最初に読んだ本がありますが 
 
それは 
 
会社を倒産させた社長さん達の経験談をまとめた本でした 
 
その中にも書いてありましたが 
 
仕事が上手く行ってる時に 
 
必ずやってくる冬の時代から目を反らし 
 
その備えを怠る人 
 
これが潰れる訳です。 
 
ですから 
 
当時私が読んだ本だとかセミナー 
 
そんな中には 
 
プラス思考の大切さ 
 
みたいな事を強調した中身が多かったのですが 
 
このプラス思考は 
 
人に依っては 
 
妄想を膨らまし勘違いを誘発する 
 
大変危険な発想形態でもある訳です。 
 
今の時代は 
 
ビルゲイツだのスティーブンジョブスだの 
 
あるいは孫正義だの三木谷浩史だの 
 
たくさんの華々しい経営者がいますから 
 
自分も簡単にその仲間入りができる 
 
なんて勘違いしがちですが 
 
彼等はことごとく 
 
才能も備わり 
 
人一倍の努力もして 
 
そして成功してる訳です。 
 
孫正義が家族と食事してたのを目撃してた人がいますが 
 
曰く 
 
家族との食事中も 
 
ずっと本を読んでたそうです。 
 
そんな訳で 
 
不動産の世界も 
 
特に最近の不動産投資ブームで美味しい思いをした人がたくさんいると思いますが 
 
これによって自分の事を勘違いすると 
 
必ず惨めな人生が待っています。 
 
そして 
 
冬の時代は 
 
もうすぐやってきますから 
 
くれぐれも 
 
それに備えて 
 
意識改革 
 
怠らないようにしたいものです。. 
 


  キリギリスにならず、アリになれということでしょうか(^^)v
rina ..8/5 22:32(日)

  >rinaさん
不動産の世界は金融が緩めば大量にキリギリスが発生して 金融が締まればそれが大量に死ぬ
この繰り返しですからね。 今回は金融緩和が規模も大きく長かったために大量にキリギリスが発生してはずです。
はるぼ ..8/6 8:12(月)
>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++