駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ

人気blogランキングへ


名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 9月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
- - - - - -

9月 30日 (日) 失う心配より得る喜び
9月 29日 (土) 与えられた環境と能力の中で精....
9月 28日 (金) 寝るために生きてるのかも知れ....
9月 27日 (木) 楽あれば苦あり 苦あれば楽あり
9月 26日 (水) 物言わ猿は体調不良の原因
9月 25日 (火) 残された一番の大仕事
9月 24日 (月) とっつき難い人を排除してはビ....
9月 23日 (日) 自分の身は自分で守る
9月 22日 (土) No2は黄金の椅子
9月 21日 (金) 副作用も大きい高い能力と知識


 

 9月 15日 (土)
 情報伝達のために生まれ 心を隠すために進化した
前歯の詰め物が取れたので歯医者に行くと 
 
先生がレントゲンを撮った後 
 
口の中をガリガリしながら 
 
“この歯はもう薄皮一枚ですから差し歯にします” 
 
って言いました。 
 
私は折れてから差し歯にしてください 
 
って言いたかったのですが 
 
なんせガリガリやられてますから 
 
声を発する事ができません。 
 
で 
 
そのまま言い出せずに 
 
結局不本意ながらも差し歯って事になりました。 
 
気が重いですね 
 
私は歯医者が苦手ですから 
 
詰め物だけ再度埋めてくれればと思ったので 
 
1回だけで済むと思ってましたが 
 
残念ながらこれからしばらく歯医者通いです。 
 
まぁ基本的には信頼してる先生ですからね 
 
多分それが正しいのでしょう 
 
そう思ってまた頑張って通います。 
 
私はそんな感じで頭の中では 
 
言いたい事が言い出せなかったり 
 
失望したりしてる訳ですが 
 
先生はそんな私の気持は分かりませんよね 
 
私が発した言葉は 
 
“有り難うございます” 
 
だけですからね。 
 
この言葉と人間の心 
 
私はこの仕事してから 
 
ずっと意識して居ます。 
 
そうすると面白い事に 
 
言葉は大きく二つの役割がある事が分かります。 
 
一つは客観的な情報の伝達です。 
 
例えば 
 
明日9時にお客様の所に訪問しますとか 
 
この物件は5000万円ですとか 
 
そんな感じです。 
 
これは間違った情報を伝えて失敗する事もあれば 
 
邪悪な人間はあえて事実と異なる事を伝えたりするような例外もありますが 
 
基本的にはその事実に基づいて発しますので 
 
大半は真実 
 
そう行って良いと思います。 
 
やっかいなのは 
 
言葉の持つもう一つの役割です。 
 
それは 
 
自分の心を伝える 
 
そんな役目を言葉が担ってるのです 
 
これがやっかいだと言うのは 
 
これは極論すれば 
 
ほとんどが真実ではありません。 
 
もちろん自分の気持を正直に発する事もありますが 
 
自分の気持を語る時には 
 
人間は本当の気持より 
 
人間関係を円滑に維持するとか 
 
あるいは自分の人格を良く見せたいとか 
 
そんな気持が優先しますから 
 
本心は後回しになるのです。 
 
具体的には 
 
あまり美しく無い女性に 
 
それをストレートに言ってしまえば 
 
人間関係はブチ壊れ 
 
相手を傷付けて 
 
自分の人格は地に落ちます 
 
ですから 
 
普通は本心とは真逆の言葉が口から出てくる訳です。 
 
不動産の世界では 
 
これを理解するのとしないのでは 
 
その成果が大きく違って来ます。 
 
お客様を案内して 
 
帰り際に 
 
“大変良い物件で気に入りましたので帰って検討します” 
 
なんて舞い上がってたのが若い頃の私です。 
 
で楽しみに電話を待ってると 
 
ウンもスンもなく 
 
しばらくして電話を入れると 
 
“もう他の物件に決めました” 
 
なんて言われて 
 
天国から地獄 
 
何度も何度も経験しました 
 
経験して分かった訳です 
 
人は基本的に自分の心を偽る生き物だと 
 
それが分かれば 
 
お客様の言葉をそのまま受け止める事はありません。 
 
私は 
 
お客様が 
 
“検討して電話をします。” 
 
なんて言って帰った後 
 
必死に別の物件を探して 
 
そのままお客様の家に届けた事があります。 
 
で 
 
まだお客様は自宅に戻ってませんでしたので 
 
しばらく待ってると 
 
やがて戻って来ました 
 
私の姿を見て 
 
お客様は少し驚きましたが 
 
私が更に良い物件を見つけた 
 
と伝えると 
 
そのまままた物件を見に行きました。 
 
で 
 
その物件で目出度く成約になった訳ですが 
 
後でそのお客様が語ったのは 
 
最初に私の会社から戻った後 
 
他の不動産屋に行き 
 
良い物件がありましたので 
 
申し込んで来た所だったそうです。 
 
で 
 
私が後で持って行った物件は更に良かったので 
 
そっちをキャンセルしてもらった訳です。 
 
あの時 
 
私がお客様の言葉をそのまま受け止めていれば 
 
まとまらなかった話しです。 
 
こんな話しはゴソゴソありますが 
 
私自身は 
 
お客様の言葉を信じない 
 
そういう風になってから 
 
成績は伸びたのです 
 
人の言葉を信じないなんて 
 
あまり褒められた話しではありませんが 
 
残念ながら 
 
この仕事では 
 
自然とそうなるのです。 
 
なんせ 
 
腐るほどお客様の言葉に振回されますからね 
 
誰でも学習できます。 
 


  ハウスショップさんは違うのでしょうが、お客の方も不動産屋が嘘ばかり言うからそうなったのかもしれませんね。どういう状況だったのかわかりませんので何とも言えませんが。基本、日本の不動産売買のしくみは、業者の利益をおもんぱかっているものだと感じます。
お客 ..9/14 21:26(金)

  >お客さん
そのお話残念ながら否定できませんね。
特に昔は病的な虚言癖を持った人達がウジャウジャいました。
ただし今はこの業界も随分改善してましたが
なんせ昔が昔ですから社会的な評価が上がるにはまだ時間がかかります。
はるぼ ..9/15 8:09(土)
>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++