駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ

人気blogランキングへ


名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 9月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
- - - - - -

9月 30日 (日) 失う心配より得る喜び
9月 29日 (土) 与えられた環境と能力の中で精....
9月 28日 (金) 寝るために生きてるのかも知れ....
9月 27日 (木) 楽あれば苦あり 苦あれば楽あり
9月 26日 (水) 物言わ猿は体調不良の原因
9月 25日 (火) 残された一番の大仕事
9月 24日 (月) とっつき難い人を排除してはビ....
9月 23日 (日) 自分の身は自分で守る
9月 22日 (土) No2は黄金の椅子
9月 21日 (金) 副作用も大きい高い能力と知識


 

 9月 26日 (水)
 物言わ猿は体調不良の原因
予感はありましたが 
 
貴乃花親方がやっぱり辞めてしまいましたね。 
 
私自身は現役の頃は大ファンで 
 
ほとんどの取り組みを楽しみに見ていましたので 
 
やはり残念です。 
 
昨日の会見 
 
長かったのですが最後まで見ていました。 
 
全部見ると 
 
色んな事が分かって来ますね。 
 
家庭の状況だとか 
 
弟子との関係だとか 
 
言葉にしない部分が結構見えて来ます。 
 
まぁ私の想像の世界になりますから 
 
あえてここでは書きませんが 
 
一番強く感じたのは 
 
貴乃花は本当に孤独だったって事ですね。 
 
見ていて最後は本当に気の毒になりました。 
 
これまでの理解できない行動は 
 
孤独故に起こった 
 
こう考えて間違い無いと思いますね。 
 
中学を卒業して相撲の世界一筋 
 
しかも結果も残して雲の上の人になりましたので 
 
対等に語れる人はいなかっったんだろうと思います。 
 
普通であれば 
 
学生時代の同級生と居酒屋に行ったりキャバクラに言ったりして 
 
若い頃は色んな刺激を受ける訳ですが 
 
貴乃花は肉体的な刺激はたくさん受けたわけですが 
 
人とのつながりで受ける刺激と 
 
それによって得られる人間関係の処理能力 
 
これを得る機会を失ってしまった 
 
これを私は感じました。 
 
私を含め 
 
たくさんの人に勇気を与えてくれた英雄ですから 
 
こんな終わり方は気の毒でなりません。 
 
会見の中で 
 
一言 
 
自ら命を絶ったときでもウンヌンってのがあって 
 
一瞬ドキっとしましたが 
 
私の杞憂に終る事を願っています。 
 
会見の話しはこの位にして 
 
貴乃花が協会改革を挫折した理由 
 
これは単純ですよね。 
 
人の作る集団が何か? 
 
これを全く理解してないし 
 
多分教えてくれる人もいなかったのだろうと思います。 
 
人の作る集団 
 
大きな物から小さな物まで 
 
中学のグループから政治の世界まで 
 
共通した原理があります。 
 
これを貴乃花は分かってなかった 
 
そう思うのです 
 
その原理とは 
 
集団を自分の思う方向に動かしたいのであれば 
 
その原動力は仲間の数であり 
 
その数集めに優れた物が自らの思いを達成する事ができる 
 
これが集団の原理です。 
 
安部首相も議員のお友達をたくさん集める事ができたから 
 
日本の首相でいられるのです。 
 
徳川家康や豊臣秀吉 
 
天下人になったのは肉体が強いからではありません 
 
年寄りになってるのに 
 
仲間集めが上手だったから権力を手に入れたのです。 
 
逆に言えば 
 
自らに逆らう人が増えれば権力から引きずり落とされますから 
 
金正恩もおじさんを処刑したのです。 
 
つまり 
 
組織の中でのし上がろうと思えば 
 
原則的に人心掌握能力 
 
これが欠かせない訳です。 
 
ここに思いが至らなかったから 
 
貴乃花は挫折したのです。 
 
まぁしかし 
 
実はそんな原理が働かない組織も間違いなく存在します。 
 
それは零細企業です。 
 
零細企業は 
 
いくらたくさんの従業員を仲間にしても 
 
経営者に対しては無力です。 
 
私自身も勤めた会社は零細企業でしたから 
 
社員全員と私は心は通じていましたが 
 
経営者に対して全く対抗できませんでした。 
 
だからそこを見限った訳です。 
 
人集めで権力を握る組織は 
 
例えば最近で言えば 
 
ボクシング連盟とかレスリング連盟だとか 
 
一見独裁者と言われる人達でも 
 
いずれ引きずり下ろされます。 
 
ところが零細企業の経営者のように 
 
その原理が働かない組織は 
 
トップを引きずり下ろす力は存在しませんから 
 
よほど意識しないと 
 
社長は裸の王様になります。 
 
イエスマンばかりに取り囲まれて 
 
人格が異常になってくる社長さん 
 
特に不動産の世界にはゴソゴソいます。 
 
当社も零細企業で 
 
株は私一人で持っていますから 
 
その落とし穴に落ちる可能性は大です。 
 
だから 
 
私は 
 
あえて 
 
自分が今リーダシップをあまり発揮しないようにしてるのです。 
 
会議も滅多にやりませんし 
 
支店にもあまり顔を出しません 
 
一見放任経営にも見えますが 
 
私自身は 
 
自分が意見を言うより 
 
社員が意見を言い易い 
 
そんな環境を意識してるから 
 
あえて一歩引いてる訳です。 
 
ただ 
 
実際には放任ではありませんよ 
 
社員の性格を一人一人把握していて 
 
手助けが必要だと思えばお客様に同行していますし 
 
やる事に口を挟まない方が結果を出す 
 
と思う社員には 
 
あえて言いたい事も言わない訳です。 
 
まぁしかし 
 
言いたい事を言わないってのは 
 
ストレスが溜まりますよね。 
 
そのせいで 
 
最近は胃腸の調子が芳しくありません。 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++