駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ

人気blogランキングへ


名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2019年 1月
 日 月 火 水 木 金 土
- - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- -

1月 31日 (木) 目指すのは町医者みたいな不動....
1月 30日 (水) 勝負は冷静さが保てるかどうか....
1月 29日 (火) 成熟した社会
1月 28日 (月) パソコンを使わない人の前では....
1月 27日 (日) 仲間外れ
1月 26日 (土) 長距離型会社経営
1月 25日 (金) 金銭感覚は千差万別
1月 24日 (木) 仕事で負けたら相手を恨むので....
1月 23日 (水) 払う前はシビアで 払った後は....
1月 22日 (火) 社長以外は皆使用人


 

 1月 11日 (金)
 素人の悪知恵
私は 
 
最近たくさんの新しい命に接していますが 
 
生命は本当に不思議ですよね。 
 
どこにも居なかったのに 
 
突然現れて 
 
そして周りの人の人生を大きく変えます。 
 
私の息子に関して言えば 
 
旅行好きで 
 
休みの度にあっちこっち行って居ましたが 
 
今は休日は 
 
オムツを替えたり、近くの公園に出かけたりで 
 
旅行に行く暇はありません。 
 
子供が出来れば法的には扶養義務が発生しますので 
 
新しい命に全責任を負わされる事になりますから 
 
自分の人生だからと言って好き勝手には出来ない訳です。 
 
別に法律でいちいち縛られなくても 
 
動物ですら子供は大切に育てる訳ですから 
 
人間は当然産まれた子供は守る 
 
って思いますが 
 
実際には動物以下の人間もたくさんいますから 
 
法律に書かれてる訳です。 
 
それと人間社会では 
 
子供はどんなに小さくても独立した人格を持ちます。 
 
ただ人格はありますが 
 
単独での法律行為は危険ですので 
 
原則的には親権者である親が法定代理人として法律行為を行う事になります。 
 
不動産の売買にしろ賃貸にしろ 
 
未成年者の場合は 
 
実際にはその交渉する相手は親って事になります。 
 
が 
 
不動産屋が注意しなければ行けないのは 
 
親が本人に成り代わり法律行為が出来るのは 
 
未成年の間です。 
 
成人すれば 
 
例え親子であっても 
 
法的には他人 
 
そう思った方がしっくり理解出来ます。 
 
この理解が足りないと 
 
大きなトラブルになる事があります。 
 
最近当社であった話ですが 
 
ある不動産を当社が仲介して10年近く貸していましたが 
 
最近女性から電話がかかってきました。 
 
女性はその不動産の所有者ですが 
 
誰に断ってその家を貸したのか? 
 
って怒っていました。 
 
弁護士を立てて 
 
損害賠償を請求する 
 
って話です。 
 
そして当社が仲介した理由 
 
それは当時その所有者のお父さんが 
 
娘名義の不動産を 
 
娘が忙しくて手続きできないので 
 
自分が成り代わって契約をする 
 
そう言われて仲介した訳です。 
 
ところが 
 
実際には 
 
その不動産を貸す事を娘は承諾していなくて 
 
父親は入った家賃を全て遊興費に使ってしまったって話です。 
 
で 
 
娘さんは弁護士を立てて私たちに噛みついて来た訳です。 
 
実際にその通りであれば 
 
当社は大きな責任を取らされます 
 
が 
 
結果は当社は何の被害もありませんでした。 
 
最後は 
 
“親子の問題ですから私たちを巻き込まないで下さい” 
 
と反論して終りました。 
 
どうして当社は無傷でいられたのか? 
 
それは 
 
娘さんが当時成人だったために 
 
本人から委任状貰っていたのです。 
 
印鑑証明付きで 
 
“賃貸の契約手続き及び賃料の受領は父親に全て委任した” 
 
そう書いて捺印してあります。 
 
これを提示すれば 
 
弁護士もグウの音も出ませんよね。 
 
どうして娘さんがそれを知らなかったかと言えば 
 
自分で委任した事を忘れてたからです 
 
厳密に言えば委任した事を忘れてた訳ではありません 
 
父親に頼んだ事は覚えていますが 
 
委任状を書いた事を忘れてたのです。 
 
つまり 
 
貸した当時は自分も同意していましたが 
 
最近になって 
 
積み立ててるはずの家賃が 
 
全て父親が使ってしまったのが判明して 
 
怒りに任せて 
 
自分は知らなかった事にして 
 
当社から少しでも被害金額を巻き上げよう 
 
って悪知恵を働かせた訳です。 
 
まぁしかし今回の事でつくづく思いましたが 
 
不動産の仕事は本当に地雷原を歩くような物ですね 
 
今回の件も 
 
もし当社が委任状を紛失していたら 
 
恐らく1000万円くらいは請求されたでしょう。 
 
社員の皆さんは 
 
くれぐれもこの話からしっかり学んで 
 
身を守る書類は 
 
面倒がらずにしっかり備えて下さい。 
 
そうしないと 
 
素人でも 
 
悪知恵を働かす人がたくさんいますから 
 
いつか餌食になってしまいます。 
 
 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++