駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2019年 1月
 日 月 火 水 木 金 土
- - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- -

1月 31日 (木) 目指すのは町医者みたいな不動....
1月 30日 (水) 勝負は冷静さが保てるかどうか....
1月 29日 (火) 成熟した社会
1月 28日 (月) パソコンを使わない人の前では....
1月 27日 (日) 仲間外れ
1月 26日 (土) 長距離型会社経営
1月 25日 (金) 金銭感覚は千差万別
1月 24日 (木) 仕事で負けたら相手を恨むので....
1月 23日 (水) 払う前はシビアで 払った後は....
1月 22日 (火) 社長以外は皆使用人


 

 1月 17日 (木)
 自制心を保つのは恐怖
宗教無くして文明の発達は無かった 
 
そう言われますね。 
 
高度な社会を築き生産性を高めるには 
 
宗教が大きな役割を果すって訳です。 
 
どうして宗教が重要かと言えば 
 
それによって個の自制心を高めるからだそうです。 
 
人が作る集団は 
 
どんな小さな集団であっても 
 
その集団の秩序を維持して機能するためには 
 
個々が自分の欲求を暴れさせない事 
 
これは絶対に欠かせませんが 
 
この目的のためには宗教が大変好都合だった訳です。 
 
しかし今の時代は 
 
その宗教が世界的に衰退してるそうです。 
 
理由は 
 
元々社会は宗教を介する事によって個人が生きられる 
 
そんな風になってたのに 
 
今はその宗教が無くても生きることができる 
 
それが一番の原因だと言う事です。 
 
日本で言えば檀家だの氏子だの 
 
村で生きるにはその共同体が必要だった訳ですが 
 
今の時代 
 
特に都会ではその共同体が存在しませんからね。 
 
アパートでは入居者同士 
 
せいぜい顔を合わせて会釈する程度の関係です。 
 
その会釈も苦痛で 
 
お隣の玄関のドアが開くと 
 
わざわざ時間差をつけてあえて顔を合わせないようにする 
 
これが都会の人間関係です。 
 
そんな感じで 
 
共同体が存在しないから宗教も必要がない 
 
そうなってしまった訳です。 
 
で 
 
宗教と自制心の関係に戻ると 
 
確かに宗教離れは自制心が弱まる 
 
そんな風に感じるのがこの仕事です。 
 
アパートの入居者には 
 
年寄りになっても 
 
子供のように自制心が弱い人がたくさんいます。 
 
些細な事で大声を出すクレーマーを見ると 
 
まるでイヤイヤ期の幼児と一緒です。 
 
ですから 
 
不動産仕事は 
 
この自制心のタガが外れた人達 
 
これと粘り強く付き合う仕事でもあるのです。 
 
でも 
 
宗教は力を失ったとしても 
 
社会生活では自制心を持たなければ生きて行けない 
 
この状況が変わった訳ではありませんよね。 
 
会社で社長が気にくわないからと暴力を振るってはクビになりますし。 
 
スーパーで美味しそうな食べ物があったからと言って 
 
それを勝手に食べてしまえば警察を呼ばれます。 
 
ですから 
 
いわゆるクレーマーの人達も 
 
実際は 
 
場所をわきまえて自制心を働かせてる訳です。 
 
では宗教は役に立たない訳ですから 
 
彼等はどうやって自制心を保つのでしょうか? 
 
今の時代 
 
宗教が役に立たなければ 
 
人間の自制心は動物と同じ原理が働きます。 
 
動物も本能のまま生きてる訳ではありません。 
 
しっかり自制心を働かすから生きられるのです。 
 
では 
 
その動物の自制心に作用する力は? 
 
恐怖です。 
 
ライオンが獲物を食べてるときに 
 
いくら腹が空いてるからと言って 
 
そのライオンのエサを横取りする動物はいません。 
 
恐いですからね 
 
自制心が働く訳です。 
 
で 
 
人間も同じで 
 
この恐怖によってしか自制心が働かない人 
 
間違いなく増えています。 
 
ただ動物と違うのは 
 
この恐怖は肉体的な危害を加えられる 
 
そんな恐怖だけではありません 
 
会社ではクビになる恐怖 
 
これがあるから 
 
理不尽な社長に頭に来てもガマンする事ができますし。 
 
銀行の窓口で札束を見ても 
 
それをわしづかみにすれば 
 
刑務所に入る恐怖 
 
これが犯行を思いとどまらせる訳です。 
 
そんな訳で逆に言えば 
 
今の時代は 
 
恐怖によってしか自制心を保てない 
 
そんな人がたくさんいるのが不動産の仕事をしてるとよく分かります。 
 
理由は 
 
私達は入居者はお客様ですから 
 
原則的に恐怖を与えられないのです 
 
これが 
 
トラブルメーカーが暴走する構造です。 
 
ただ 
 
実際はこの人達勘違いですね。 
 
私達に対して 
 
何でも許される 
 
なんて思っては大間違いです。 
 
やはり自制心を持っていただかないと 
 
悲惨な結果になります。 
 
逆に言えば 
 
不動産屋に対して自制心を保つ必要がなければ 
 
世の中にホームレスは存在しないって事です。 
 
日頃会社でのストレスを 
 
不動産に発散 
 
なんて事を繰り返してると 
 
ホームレスを余儀なくされる事があります。 
 
自制心を保つために 
 
このホームレスの恐怖 
 
たまには想像するのも悪くないと思います。 
 
当社でも 
 
寒空の中 
 
行く当ても無いのに 
 
カバン一つで出て言っていただいた方 
 
何人もいます。 
 


  非常にためなる話です。ありがたいいありがたい拝みいます
田中義仁 ..1/16 8:43(水)

  >田中義仁さん
ブログの中身にからめたコメントのセンスが良いですね。
有り難うございます。

はるぼ ..1/17 17:59(木)
>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++