駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2019年 1月
 日 月 火 水 木 金 土
- - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- -

1月 31日 (木) 目指すのは町医者みたいな不動....
1月 30日 (水) 勝負は冷静さが保てるかどうか....
1月 29日 (火) 成熟した社会
1月 28日 (月) パソコンを使わない人の前では....
1月 27日 (日) 仲間外れ
1月 26日 (土) 長距離型会社経営
1月 25日 (金) 金銭感覚は千差万別
1月 24日 (木) 仕事で負けたら相手を恨むので....
1月 23日 (水) 払う前はシビアで 払った後は....
1月 22日 (火) 社長以外は皆使用人


 

 1月 2日 (水)
 私の脳は欠陥品
長く生きてると若い頃は気づかずに失敗した原因が色々と見えて来ますが 
 
今私が一番強く感じるのは 
 
人間の脳の多様性 
 
と言うか二つと同じ物が無い唯一性 
 
これをもっと意識すれば不要な人間関係の軋轢 
 
これを随分防げたように思います。 
 
私自身若い頃はそうでしたが 
 
人間の脳は同じ物が無いのに 
 
人は自分の脳を基準に善悪を判断する 
 
そんな生き物です。 
 
これが 
 
人間関係で起る軋轢の原因です。 
 
世の中には 
 
弱い人を脅してお金を巻き上げても 
 
全く良心が痛まない人もいれば 
 
見ず知らずの孤児だとか障害者 
 
これをボランティアで世話する 
 
なんて人もたくさんいます。 
 
家族の生活を守るために年老いても仕事をしてるお母さんがいるかと思えば 
 
40代になってもその母親に依存して仕事もせずに毎日パチンコ 
 
なんて人達もたくさんいます。 
 
こんな人達を見ると 
 
どうしても善悪で判断しがちですが 
 
実際には 
 
カツ上げをしてる人は 
 
時には逆に怖い人達に激しく殴られるでしょうし 
 
そして最後は刑務所に入る 
 
なんて生活を繰り返してる訳で 
 
決して良い思いをして生きてる訳ではありません。 
 
本人も苦しんでますが 
 
そんな行動をする脳を持ったためにその生活から抜け出せないのです 
 
親に依存してパチンコ三昧の人間も 
 
普通の人なら苦痛に思う1年365日パチンコ屋に入り浸れて過ごす 
 
これが麻薬のような快感になり抜け出せない訳ですから 
 
そんな脳を持った故の不幸 
 
見方を変えればそんな風に言えます。 
 
そんな風にして 
 
人間の行動をその人の脳に原因を求めると 
 
人に寛大になれます 
 
また 
 
そんな脳を持って生まれた人間 
 
これは自分に合わないと思えば 
 
相手を矯正するのではなく距離を置く 
 
これが正しい選択だってのも分ります。 
 
そうすれば必要の無い争いは随分減らせますが 
 
若い頃はそれが分らず 
 
身近な人間であれば 
 
説教して分らせる 
 
なんて行動に出て 
 
結果矯正どころか言い争いで終る 
 
そんな事が良くあったのです。 
 
今にして思えば 
 
ガソリンスタンドでたばこを吸うくらいに危険でしたが 
 
酒に誘って説教 
 
なんて事もありましたが随分失敗しました。 
 
日馬富士がやらかした事と全く一緒です。 
 
ですから 
 
以前は休みの前の日は 
 
部下を誘って飲酒 
 
これが習慣になっていましたが 
 
今は同じ人達と酒を飲む機会が増えれば 
 
最後は話題が尽きて 
 
入り込んではいけない話題になり 
 
お互い相手の不満を口にして 
 
険悪になる事があるのを分ってますから 
 
社員との飲食も随分減りました。 
 
そんな話しはともかく 
 
この仕事は本当に多様な人と接します 
 
その中で立派で尊敬できる 
 
なんて人はごく僅かです。 
 
って事は 
 
大体の人間は自分を基準に考えれば 
 
相手がおかしい 
 
って事になります。 
 
こうなっては 
 
逆に自分が行き詰まってしまいますから 
 
そうならないためには 
 
自分自身も多様な脳を持った人類のほんの一部 
 
これを理解する事です。 
 
理解すれば怒りや嫌悪感が薄れますから 
 
たくさんの人を受け入れる事ができ 
 
結果 
 
営業成績も上がるのです。 
 
しかしこんな考えになって自分を振り返ると 
 
私自身 
 
とんでもない脳を持ってますよね。 
 
この脳のせいで 
 
14歳で沖縄を離れる事になり 
 
小さな3人の子供を抱えて 
 
頼る人もいないのに会社を起こす 
 
なんて無謀な行動に出たのです。 
 
この脳のせいで 
 
随分苦しめられました。 
 
自分の脳でありながら 
 
あまり好きにはなれません。 
 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++