駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2019年 1月
 日 月 火 水 木 金 土
- - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- -

1月 31日 (木) 目指すのは町医者みたいな不動....
1月 30日 (水) 勝負は冷静さが保てるかどうか....
1月 29日 (火) 成熟した社会
1月 28日 (月) パソコンを使わない人の前では....
1月 27日 (日) 仲間外れ
1月 26日 (土) 長距離型会社経営
1月 25日 (金) 金銭感覚は千差万別
1月 24日 (木) 仕事で負けたら相手を恨むので....
1月 23日 (水) 払う前はシビアで 払った後は....
1月 22日 (火) 社長以外は皆使用人


 

 1月 26日 (土)
 長距離型会社経営
今中国人の方が買主の売買の決済準備をしていますが 
 
予想通りと言うか何と言うか 
 
決済の段取りが上手く付きません 
 
理由は中国からのお金の持ち出しです 
 
当局の規制がかかって 
 
送金もできなければ現金の持ち出しもできないようです。 
 
大変困った事ですが 
 
実はこれは想定の範囲内です。 
 
何を想定したかと言うと 
 
想定できない事が起こる事を想定したのです。 
 
ですから 
 
契約前から売主には 
 
予期できない事が起こる可能性がありますから 
 
そのつもりで居て下さい 
 
と何度も何度も言ってありましたので 
 
やっぱり 
 
って話になり 
 
別に大したショックではありません。 
 
この話 
 
何気ないようですが 
 
営業マンの大半は 
 
その一言が言えずに苦しむんですよね。 
 
実際には心の中で 
 
決済が予定通りいかないかも知れない 
 
なんて思っていても 
 
それを売主に言うと 
 
契約が流れるかも知れない 
 
って恐怖心が湧いてきて 
 
結果 
 
その通りになって苦しむ訳です。 
 
悪い話しを先にすれば契約は流れるかも知れませんが 
 
後でトラブルになるよりは流れた方が良い 
 
私はそんな考えですから 
 
ガンガン悪い話しは事前に伝えますが 
 
大体の営業マンは契約に対して 
 
期待感と壊れる恐怖を抱えながら商談を進めて行きますからね 
 
中々悪い話しをする勇気が湧いてこない訳です。 
 
まぁしかし営業マンの気持は分かりますね 
 
特に売上至上主義の会社だと 
 
大体精神的に追い詰められますからね 
 
契約が流れる恐怖は半端ないでしょう。 
 
ただ 
 
私自身は 
 
長年この世界に居て 
 
そんな思いまでしている価値があるのか? 
 
っていつも疑問に思っていますから 
 
いつの間にかそんな営業スタイルになって来た訳です。 
 
私は 
 
社員に求めるのは売上だけではありません 
 
ですから 
 
華々しい売り上げてる社員を持ち上げる事もなければ 
 
泣かず飛ばずの社員を追い詰める事もありません 
 
全体として会社が成り立てば良い 
 
それが私の経営理念です。 
 
いつも思いますが 
 
仕事は長距離走です 
 
私は40年も不動産の世界に居ますが 
 
長く走るコツはマラソンと同じです 
 
ムリをせず 
 
自分が長く走れるペースで走る 
 
これです。 
 
にも関わらず 
 
短距離走のように走る事を社員に強いては 
 
長く働く事はできません。 
 
まぁそんな会社が急成長しますから 
 
あまり悪くも言えませんが 
 
とにかく 
 
私自身は 
 
会社経営においては 
 
短距離型ではありません 
 
長距離型です。 
 
コツコツと社員の能力に合わせて進む 
 
そしてそのためには 
 
派手な生活をせず 
 
売上が低くても成り立つような生き方を身に付けて 
 
成績が悪くても焦らせないようにする事です。 
 
不動産屋でありながら 
 
私も社員も質素な人間が揃ってるのは 
 
そのためです。 
 
 
 


Name: DelKey:
Mail: URL:
Cookie  




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++