駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ

人気blogランキングへ


名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2019年 1月
 日 月 火 水 木 金 土
- - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- -

1月 20日 (日) 自分勝手はやっぱりダメでしょ....
1月 19日 (土) 自分の意思ではどうにもならな....
1月 18日 (金) 世間を狭くする
1月 17日 (木) 自制心を保つのは恐怖
1月 16日 (水) 大急ぎで沖縄に行ってきました
1月 15日 (火) 資産のセキュリティー対策
1月 14日 (月) 一番目に産まれて・・
1月 13日 (日) 自分で考えて行動するから進歩....
1月 12日 (土) 断捨離と溜め込み障害結果は同じ
1月 11日 (金) 素人の悪知恵


 

 1月 3日 (木)
 私の精神安定剤
全員で下品な隠語を使うチームの方が 
使わないチームより労働効率が良く 
メンバー同士の結び付きも強く生産性が高い 
 
冷たい水に手を入れて耐えるときには 
汚い言葉を使うと1.5倍も耐えられる 
 
エマバーンって言う人の著書からの引用ですが 
 
面白いですよね。 
 
私達は汚い言葉を使うから人間 
 
そんな事も書かれてるようです。 
 
この話 
 
私自身は何となく頷けますね 
 
私自身が中学までは 
 
大人も子供も汚い言葉が飛交う 
 
そんな世界にいましたから.・・ 
 
それから時代が変わり 
 
今の成熟した社会に至るまでの過程で 
 
何となく感じてる事がこの言葉でしっくり理解できるのです。 
 
私の育った家庭は父親が口が悪く 
 
本当に嫌いでしたが 
 
しかし今私達の兄弟は滅多に見られない位に強い絆で結ばれています。 
 
また私の同級生達は 
 
今でも頻繁に集まっていますが 
 
皆口の悪い人間ばかりです。 
 
私自身 
 
その空間が大好きなのは 
 
自分自身が 
 
好きなだけ汚い言葉を使う事ができるからです。 
 
今はつくづくそんな環境がある事に感謝しています。 
 
東京でそれをやっては 
 
もう私の人格が地に落ちますから 
 
汚い言葉はほとんど使いませんが 
 
使わないって事は 
 
ある意味自分の心を偽ってる訳ですから 
 
窮屈さを感じて 
 
これが若干自分にとっては辛い 
 
そんな風にも感じる事があります。 
 
しかし人間ってやっかいですよね。 
 
綺麗な言葉は本心を偽り 
 
汚い言葉は本心をさらけ出す 
 
にも関わらず 
 
周りは綺麗な言葉を求める訳です。 
 
まぁ汚い言葉は聞き苦しいですからね 
 
それも止む得ませんが 
 
しかし 
 
私達の仕事をするのであれば 
 
単に言葉の美しさで人を判断してはいけませんね。 
 
汚い言葉を使う人が 
 
正直な内面が見える 
 
そんな事も多いですから 
 
単に言葉使いだけで決め付けては行けません。 
 
ただ 
 
お客様はそれで受け入れるとしても 
 
今の時代は自分が発する言葉 
 
これは本当に気を付けないと 
 
最悪刑務所に入る事になりますよね。 
 
録音技術が発達してますから 
 
感情的になって 
 
“ぶっ殺す” 
 
なんて口から出ると 
 
その部分だけ切り取って 
 
殺害予告って事になりますからね。 
 
今はマスコミも随分劣化して 
 
政治家だの有名人だの 
 
発した言葉の一部だけを切り取って 
 
相手のイメージを落とすだけ落とす 
 
そんな事ばかりやってますから 
 
いつの間にか 
 
話の面白い政治家はいなくなってしまいましたね 
 
皆、揚げ足を取られないように 
 
当たり障りのない話ばかりですから 
 
聞いていてもつまらなく 
 
結果政治家がどんどん小ぶりになって 
 
あの安部首相にすら対抗できる人はいなくなってしまいました。 
 
私はもう少し世の中が多少の汚い言葉を受け入れた方が 
 
活気が出て面白い 
 
なんて日頃から感じていますから 
 
今回のような記事に共感を覚えるのです。 
 
まぁしかし 
 
そうは言っても 
 
罵詈雑言が許された昔に戻る事はありませんので 
 
時代に合わせて 
 
萎縮しながら言葉を選んで生きてく訳ですが 
 
しかしそれでは自分の中でストレスが溜まります 
 
どうすれば良いんでしょうね? 
 
私は 
 
自分自身が 
 
厳しい中で生きて来ましたから 
 
その対処方も持っています。 
 
それは 
 
口には出しませんが 
 
心の中で 
 
汚い言葉を発するのです。 
 
幸い私は汚い言葉にまみれて育ちましたから 
 
その語彙の多さは負けません 
 
トットラー イビラー ガージュー アタビチャー ガッパヤー ハーモー シカー ユクシムナー・・・・ 
 
数え切れない位出てきます。 
 
それによって私は精神を安定させてる 
 
そんな面もありますから 
 
私にとって汚い言葉は 
 
財産 
 
そんな風にも言えます。 
 
だからたまには村に帰り 
 
その言葉を磨くののです。 
 


  30代後半の私が友達と小さいころ使ってたり、親が使ってたりして意味がわかるのは、

トットラー=トットロー(?)=抜けている人、注意深くない人
ガージュー=頑固者
ガッパヤー=ガッパイ(?)=後頭部が盛り上がっている人
ハーモー=前歯が抜けている人
ユクシムナー=ユクサー(?)=嘘つき

ぐらいで、アタビチャー、シカーは聞いたことがありません。地域性によって方言も違うのかもしれません。イビラーも聞いた事がありませんが、イバヤー=威張る人のように、いびる人の意味でしょうか?
 
ちゅらさん ..1/4 0:53(金)

  >ちゅらさんさん

書いてある言葉はウチナーグチが分かる人ならどこでも使ってた言葉です。
イビラーはケチの事です
アタビチャーはアタビーの変形語です。
シカーはビビリって意味です



はるぼ ..1/4 16:09(金)

  角園洋介 様

メールアドレスアドレスの確認です。
前田由美の父親の前田二郎 ..1/6 11:35(日)
>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++