駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ

人気blogランキングへ


名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2019年 1月
 日 月 火 水 木 金 土
- - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- -

1月 31日 (木) 目指すのは町医者みたいな不動....
1月 30日 (水) 勝負は冷静さが保てるかどうか....
1月 29日 (火) 成熟した社会
1月 28日 (月) パソコンを使わない人の前では....
1月 27日 (日) 仲間外れ
1月 26日 (土) 長距離型会社経営
1月 25日 (金) 金銭感覚は千差万別
1月 24日 (木) 仕事で負けたら相手を恨むので....
1月 23日 (水) 払う前はシビアで 払った後は....
1月 22日 (火) 社長以外は皆使用人


 

 1月 7日 (月)
 社長がブレれば社員もブレる
不動産の世界は 
 
昔は詐欺に近い商売が蔓延してた 
 
そして 
 
時代の経過と共に 
 
それが少しずつ正常な状態になって来た 
 
こうも言えます。 
 
私が若い頃までは 
 
お客様には悪い話しは隠して売る 
 
って同業者はゴソゴソいました 
 
むしろそっちの方が多かったように思います。 
 
今私がやってる案件で信じられないのは 
 
間口が2Mに満たないのにそれを説明せずに売った 
 
そんな業者もいたんですよね。 
 
もちろんその会社は無くなり 
 
担当者もいませんので 
 
お客様はもう泣き寝入りです。 
 
こんなケースに出合う度に 
 
不動産業界は評判が悪いのは当たり前 
 
そんな風に感じて淋しくなります。 
 
で 
 
この悪い話しをお客様に隠して契約 
 
今の時代はこれをやってしまうと 
 
我々は大きな責任を取らされます 
 
先ほどのような間口が2M以下の物件を黙って売れば 
 
当然その損害を賠償しなければなりません 
 
だから 
 
私たちは契約前には一生懸命調査して 
 
悪い話しは洗いざらい重要事項説明に落とし込み 
 
しっかり理解してもらい 
 
それで契約する訳です。 
 
ですから 
 
不動産業界が昔と比べて良くなったのは 
 
行政が厳しく指導するようになった結果 
 
不動産屋に責任回避の機運が高まったため 
 
そんな風にも言えます。 
 
ただ 
 
お客様に悪い話しをどこまでするか? 
 
って話ですが 
 
まぁこれは難しいですよね。 
 
悪い話しをするって事は 
 
契約が流れてしまう可能性がある訳ですから 
 
売主や貸し主は 
 
なるべく最低限に抑えたいはずです。 
 
で 
 
不動産屋 
 
これも成約しなければ報酬はもらえませんので 
 
同じ心理が働きます 
 
だからやっかいです。 
 
これ 
 
営業マンの自主性に任せれば 
 
当社でも隠蔽の方向に流れてしまいます。 
 
なんせ財務省でさえ悪い話しは隠すだけではなく 
 
ねつ造までした訳ですからね 
 
人間の元来持ってる心理とも言えます。 
 
ただ 
 
そんな卑劣な事をしても 
 
大体は悲惨な結果に終ります 
 
財務省の優秀な官僚も 
 
定年を前にしてそれまでの努力が全てパぁです 
 
ですから 
 
目先の利益に流されて 
 
不正な道に進まない 
 
これが正道であるのは間違いありませんが 
 
それが中々できないのが人間ですから 
 
道を外させない 
 
これも経営者の大切な仕事です。 
 
最近もありました 
 
賃貸ですが 
 
我々が責任を問われる可能性は少ないが 
 
お客様の契約の意思決定には大きく影響する 
 
そんな話を説明せずに契約をするように 
 
当社の社員に強く迫った家主がいましたが 
 
社員が迷ってましたので 
 
私が指示しました 
 
その家主さんとは縁を切りなさいと・ 
 
で 
 
中々理解できない顔をしてましたので 
 
しっかり説明しました 
 
借主の事を思えと 
 
何年もかけて貯金をして 
 
そしてやっと大きな家に引っ越す事が出来る。 
 
ところが 
 
念願が叶ったら 
 
その物件に問題があって 
 
引っ越した事を後悔する 
 
こんな思いをさせて平気で居られるなら 
 
当社には向いてないから 
 
転職した方が良い 
 
そこまで強く言って 
 
やっと目を覚ますのです。 
 
大変ですが 
 
これも 
 
不動産業界では社長の重要な役目です。 
 
経営者が金にブレると 
 
社員のモラルは保てない 
 
これは私が長年この世界にいて確信してる事です。 
 
だから 
 
私は 
 
余計なお金がなくても生きられるように 
 
派手な生活をせず質素に徹してる訳です。 
 
私が儲かってる事をアピールして 
 
それを生き甲斐にする 
 
そんな人間であれば 
 
当社の社員の人生をブチ壊してしまう 
 
私はそんな考えで会社の舵取りをしてますから 
 
いつまで経っても大きくならないのは必然 
 
って訳です。 
 
 
 


Name: DelKey:
Mail: URL:
Cookie  




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++