駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ

人気blogランキングへ


名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2019年 2月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
- -

2月 21日 (木) 悪ふざけが許されなくなった
2月 20日 (水) 不動産の人脈は開拓する物では....
2月 19日 (火) 見た目を飾るより中身の充実
2月 18日 (月) 本当のプロの出番
2月 17日 (日) これからの時代を生き抜くキー....
2月 16日 (土) お金の問題ではありません 精....
2月 15日 (金) 監視社会で生きるための心得
2月 14日 (木) 足りるを知らざる物は全てを失う
2月 13日 (水) 山高ければ谷深し
2月 12日 (火) 影響を受ける若い人達の良い教....


 

 2月 12日 (火)
 影響を受ける若い人達の良い教科書になるのが義務
最近ブラジルに小学生で渡った従兄弟のお兄さんの話を書いたばかりですが 
 
昨日訃報が入りました。 
 
不思議な物ですよね 
 
普段思い出す事は無かったのに 
 
ふと頭に思い浮んでブログに書いたら亡くなった訳です。 
 
これを虫の知らせって言うんでしょうかね? 
 
まぁ離れてますから 
 
亡くなったと言われても実感も湧きませんが 
 
このブラジルに渡った従兄弟の家族 
 
つまり私の母親の弟一家なんですが 
 
私は仕事でくじけそうになった時には 
 
時々思い出して勇気を振り絞って来ましたので 
 
少し書いて見たいと思います。 
 
母親の弟一家と言いましたが 
 
ブラジルに渡ったときには叔父夫婦は一緒に行った訳ではありません 
 
子供達に遅れて3年後に渡航しました。 
 
では小学生の従兄弟達を誰が連れて渡ったかと言うと 
 
私たちの祖父です。 
 
私の祖父は還暦を過ぎて 
 
孫3人を連れて 
 
沖縄を離れブラジルに渡ったのです。 
 
これ 
 
本当に凄い話ですよね。 
 
今の私と同じ年代ですが 
 
とても想像できません。 
 
当時は 
 
もうブラジルに渡ったら2度と帰れない 
 
こんな時代ですから 
 
死ぬ覚悟で渡ったはずです。 
 
では 
 
どうしてそこまでしたかと言うと 
 
一口で言えば 
 
叔父が事業に失敗したからです。 
 
そのために 
 
沖縄では唯一の生活の手段であった畑を担保で取られてしまったのです。 
 
逆に言えば 
 
ブラジルに渡るしか生きる術は無かったのです。 
 
私の祖父は 
 
沖縄の村では人格者で 
 
誰からも尊敬されてる人間でした 
 
ですから充実した人生を送ってた訳ですが 
 
しかし 
 
息子の不始末のために 
 
それを全て捨てて 
 
ブラジルに渡ったのです。 
 
私は高校生の時に一度だけ祖父と会いましたが 
 
口にしてたことは 
 
とにかく孫達の将来の事しか頭に無かった 
 
って言って居ました。 
 
結果はブラジルで成功を収めた訳ですが 
 
そこに至るまでの苦労はすざましかったそうで 
 
色々と話を聞きました。 
 
私にはとても祖父の勇気と行動力はありませんが 
 
ただ 
 
同じ歳になってハッキリその気持は分かります。 
 
それは 
 
若い内は自分の人生 
 
これがいつも頭にはある訳ですが 
 
還暦を過ぎると 
 
考える事は 
 
若い人達の将来 
 
これが頭の中を占めて 
 
自分の事の優先度は一気に低下します。 
 
自分の子や孫 
 
そして会社では社員やその家族 
 
これが頭から離れる事はありません。 
 
そうなると 
 
自分自身の生き方はガラっと変わります。 
 
私は母親の影響を受けて今がありますが 
 
母親はブラジルに渡った自分の父親 
 
心から尊敬していました。 
 
つまり 
 
私の人生は 
 
祖父から延々と引き継がれて今があるのです。 
 
であれば 
 
私の影響を受けて次の時代を生きる若い人達 
 
彼等にとってプラスになる 
 
そんな生き方を示す義務があるのです。 
 
そして 
 
私自身は 
 
不動産の世界にいますから 
 
ここに潜む大きな落とし穴 
 
これも良く知っています。 
 
欲望が渦巻く世界 
 
ここには 
 
拝金主義が蔓延する素地があります。 
 
そして 
 
私の叔父が失敗して家族が悲惨な思いをしたのと同じで 
 
能力が伴わないのに 
 
事業欲が強いと 
 
周りを不幸にしてしまいます。 
 
そんな人達を生産しないためにも 
 
あえてお金を儲ける事が全てでは無い 
 
そんな生き方を貫いてる訳です。 
 
私は 
 
これからも質素で地に足を付けた生き方を貫く事になります。 
 
せっかく不動産の世界に入ったのであれば 
 
高級車に乗って高級クラブに通う 
 
そんな夢を持つ人も多いと思いますが 
 
当社はそんな夢を実現する会社ではありません。 
 
あくまで 
 
顧客にしっかりサービスを提供して 
 
それに応じた報酬をいただく 
 
それだけです。 
 
私の生き方は 
 
身内の失敗と 
 
それによる家族の犠牲 
 
そしてそれを乗り越えた祖父 
 
そんな物から成り立ってますので 
 
筋金入りです。 
 
ブレる事はありません。 
 
 
最後に私が尊敬する祖父の歌声 
 
嫌でなければ聴いて見て下さい。 
 
私は 
 
頻繁に勇気を貰っています。 
 
 
https://www.youtube.com/watch?v=k9YXtEF2FZo&t=0s&index=5&list=PLJc0-4W4-nDJX9xNT3492Mj3ml5XKMzZ4
 


Name: DelKey:
Mail: URL:
Cookie  




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++