駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2019年 2月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
- -

2月 28日 (木) ミズを防ぐ秘訣は不要な部分を....
2月 27日 (水) 24時間クレーム対応サービス
2月 26日 (火) 今日は政治ネタです 興味の無....
2月 25日 (月) 成熟した消費者
2月 24日 (日) 比較に耐え続ければ強くなれる
2月 23日 (土) 去る者は追わず
2月 22日 (金) 不動産の仕事を楽しむには負の....
2月 21日 (木) 悪ふざけが許されなくなった
2月 20日 (水) 不動産の人脈は開拓する物では....
2月 19日 (火) 見た目を飾るより中身の充実


 

 2月 2日 (土)
 大陸のスケールの大きさを感じた出会い
一昨日は 
 
中間金の受け渡しで都内に行ってきました。 
 
中間金ですからね 
 
本来は社員だけやれる事ですが 
 
今回は買主が中国人のために 
 
今後の事が心配で一緒に立ち会って来ました。 
 
買主側の仲介には中国人の営業マンがいますので 
 
その人を介して意思の疎通を行い契約になりました。 
 
なんせ買主の方は全く日本語ができないそうですから 
 
とても我々のレベルでは契約できません。 
 
で最初に会ったのはその担当営業マンの中国人ですが 
 
本当に驚きましたね 
 
日本人より日本語が話せるって感じです。 
 
性格も温厚で良識があり 
 
まぁAクラスの営業マンですね。 
 
で 
 
あれこれ雑談をしてる内に 
 
買主の中国人が入ってきました。 
 
こちらは一瞬ヤバイって出で立ちでしたね。 
 
身体はプロレスラー体型で 
 
頭は横を刈り上げ上は伸ばして後ろで束ねてました。 
 
外国の危険地帯にたくさんいそうな髪型です。 
 
で 
 
私は担当営業マンが席を外した間 
 
その買主の中国人の性格を知りたく話しかけました 
 
話しかけたと言っても私は中国語ができませんからね 
 
ただ日本語は出来ますかって言葉言えますので 
 
まずそれを尋ねたらノーでした。 
 
で次に 
 
英語は話せるかと聞いたら 
 
少しできます 
 
って返事でしたので 
 
英語で分かり易い言葉で話しかけましたが 
 
残念ながら 
 
英語もダメでした。 
 
しかし 
 
ここまでで私の目的はほぼ達成できました。 
 
言葉は通じませんが 
 
外見とは裏腹に 
 
大変良識のある方だってのが 
 
表情と話し方で伝わって来ました。 
 
で 
 
ここから先はどうして日本で不動産を買う気になったのか? 
 
あるいは中国ではどんな仕事をしてるのか? 
 
大変興味が湧いてきましたので 
 
構わず英語で二言三言話しかけると 
 
聞き取りは少しできるようで 
 
頷きながらスマホで超高速でピコピコ打ち始めました 
 
で 
 
私に画面を見せてくれました 
 
そこには翻訳機能を使って変換した日本語が書いてありました。 
 
まぁ見事ですね。 
 
この翻訳機能を使えば 
 
かなりの意思の疎通ができます。 
 
分かった事は 
 
この買主は上海で3000人の従業員のいる会社の経営者である事 
 
日本が大好きでこれからも時間があれば来るつもりなので 
 
その滞在場所として不動産を買った事 
 
そして 
 
今は中国はお金の持ち出しが厳しいが 
 
もし改善されたら 
 
日本の不動産にできるだけ投資したい 
 
そんな事が書いてありました。 
 
で 
 
最後に年齢を聞いたら 
 
1988年生まれ 
 
30歳だそうです。 
 
私は中国に行った事がありませんが 
 
一度は行くべきですね。 
 
この方を見て強く思いましたね。 
 
大陸は 
 
島国には無いスケールの大きな人間が生まれる 
 
これは間違い無いようです。 
 
30歳の若さで 
 
英語は全く話せなくて 
 
それでも3000人の社員を抱える会社の社長 
 
言い換えれば 
 
中国国内だけでそれだけの市場があるって事です。 
 
貿易戦争をしかけたトランプさん 
 
もしかしたら 
 
覇権を中国に譲ると言う皮肉な結果になるかも知れませんね。 
 
いずれにしても 
 
私たちも 
 
もうアメリカべったりでは無く 
 
どっちにも等距離を保つ 
 
そんな時代になったのかも知れません。 
 
日本は 
 
徴用工だのレーダー照射だの 
 
小国同士のいがみあいに 
 
いつまでも関わってる場合ではありませんね。 
 
小さな事に関わるってると 
 
大きな世界が見えなくなりますからね。 
 
私の先祖が 
 
ブラジルに渡った気持 
 
なんとなく感じる事ができた経験でした。 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++