駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2019年 2月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
- -

2月 28日 (木) ミズを防ぐ秘訣は不要な部分を....
2月 27日 (水) 24時間クレーム対応サービス
2月 26日 (火) 今日は政治ネタです 興味の無....
2月 25日 (月) 成熟した消費者
2月 24日 (日) 比較に耐え続ければ強くなれる
2月 23日 (土) 去る者は追わず
2月 22日 (金) 不動産の仕事を楽しむには負の....
2月 21日 (木) 悪ふざけが許されなくなった
2月 20日 (水) 不動産の人脈は開拓する物では....
2月 19日 (火) 見た目を飾るより中身の充実


 

 2月 23日 (土)
 去る者は追わず
身近な人間が 
 
最近親しい友人が自分を明らかに避けるようになった 
 
自分が何をやらかしたか分からなくて悩んでる 
 
なんて言って居ました。 
 
で 
 
私は気の毒ですのでアドバイスしました。 
 
それは多分アナタには全く問題がなくて 
 
そうなったのは避けてる友人の方だと・・ 
 
だから悩むのは全く意味がない 
 
って話です。 
 
知合いが自分を避けるようになって悩む 
 
なんて人は世の中にたくさんいると思いますが 
 
このパターンは 
 
こちらは何の落ち度もないのに 
 
相手に問題がある場合が多いのです。 
 
私自身この別れはたくさんありました。 
 
若い頃の友人の中には 
 
本当に親しく付き合ってたのに 
 
ある日を境に私からの連絡は一切無視するようになった 
 
そんな人もいます。 
 
どうしてそうなったかと言えば 
 
相手に彼女ができたからです。 
 
恋人との時間はいくらあっても足りません 
 
とても男と時間を無駄に消費する気になれなくなったのです。 
 
つまり 
 
私は全く落ち度がなくても 
 
突然永遠の別れはやって来たのです。 
 
これは恋人同士でも良くありますよね 
 
ラブラブだっったのに 
 
ある日彼女が突然冷たくなった 
 
で 
 
自分のどこがいけなかったのか 
 
自問自答して悩んで苦しむ 
 
これも世の中にはたくさんいると思います。 
 
が 
 
その原因は 
 
実は彼女が他の男の事を好きになっただけ 
 
ってのが大半だろうと思います。 
 
であれば 
 
これもいくら自分を責めても意味がない事です。 
 
私が不動産の世界に入りたての頃は 
 
たくさんの先輩達が可愛がってくれましたが 
 
私が成績を上げるようになると 
 
その先輩達 
 
悉く冷たくなりました。 
 
当たり前ですよね 
 
自分の地位が脅かされる訳ですから 
 
可愛がる後輩から憎しみの対象に変わった訳です。 
 
これも 
 
相手の内面の問題ですから 
 
私にはどうしようもありません。 
 
またお客様の中には 
 
お隣同士最初は仲良くしてたのに 
 
時間の経過と共に挨拶もしなくなった 
 
なんて人達の話をよく耳にします。 
 
大体原因は経済格差です。 
 
同じ時期に建て売りを買って仲良く暮らしてたのに 
 
お隣が豊かになり 
 
早々と新築に建て替えると 
 
一気に自分の家がボロく見えて 
 
惨めな気持になるのです 
 
で 
 
お隣を嫌悪するようになる訳です。 
 
こんな感じで 
 
私たち人間の関係は 
 
自分に全く落ち度がなくても悪化する 
 
こんなやっかいな面があるのです。 
 
ですから 
 
そうなった時には 
 
仲が良かった相手でも 
 
時間と共に環境が変わり 
 
付き合うには不都合が多くなった訳で 
 
 
そうなればリセットするのが一番です。 
 
どんなに過去に親しかったとしても 
 
こっちからの連絡を無視するようであれば 
 
もうとっとと関係はおしまいにして 
 
次に進む 
 
これが一番です。 
 
私自身 
 
これをいつも意識しながら生きて来ましたので 
 
去る人は全く追いかける事はしません。 
 
自分の時間も限りがありますから 
 
不都合が生じた人間関係に執着する気は 
 
さらさら無いのです。 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++