2018年4月2日(月)
      獄友

  
ある日突然警察がやって来て「お前が犯人だ」と取り押さえられてしまいます。くる日もくる日も大勢の刑事に囲まれて身に覚えのない殺人の自白を強要され、証拠を捏造され、死刑囚にされてしまいます。は?警察って私達を守ってくれる人達じゃないの?え?司法って無実の人を見殺し? 
 
公開中「獄友」、前作「袴田巌 夢の間の世の中」、前々作「ASAMA みえない手錠を外すまで」もぜひ見てくださーい。重いテーマですが、とても愛おしく良い映画なのでー。 
 
想像を絶する事態をどっしりと受け止めて、明るく笑って生きる強靭さに圧倒されます。「不運だったけど、不幸ではない」。うむ、胸に刻みたし。 
 
金監督と周防監督のトーク、フィクションとノンフィクションと真実性、興味深い内容でした。 
 
よしっ工房さ帰ってしかと働こーっと! 
  

>> 返信

 

 
  2018年3月9日(金)
      1年分のメール便が届いた

  
だから今日は「メール便記念日」  
 
数日前の夕方、クロネコさんが来て「メール便の担当の者が間違って配達してたんです」と平謝りに謝って大量の封筒をドサッと置いていった。なんと全部お隣のポストに投函されていて、お隣はほぼ不在なのだけど、鍵を預かっている植木屋さんが庭仕事に来て気付いて連絡してくれたのだそう。 
 
オットの参加してる野外展の資料やチラシも半年遅れて届いた。昨年9月に刊行された静岡の旅の雑誌「tabitabi」も。取材して頂いたの、送ってくれてたんだ!うれしい。ありがとう。アマゾンで本を注文してもいっこも届かないんだな〜と思っていたらそれらも全部来た。まずは「魚河岸ものがたり」を読もーっと。注文した日付は去年の3月12日。1年、焦らされたなぁ。そして確かこの本って「失踪」の話だったような。読むらー。楽しみらー。
  

>> 返信

 

 
  2018年2月9日(金)
      ギックリ5秒前

  
2月9日22時22分、肉の日ニャニャニャニャー! 
 
m.yamの猫マネジャー、テムチャムです。 
 
m.yamはまたもやマジでギックリ腰になる5秒前でロボット歩きをしてにゃす。 
 
20キロの粘土やバケツの釉薬をびくびく運ぶ。 
 
あたたためれば良いのだろうか。風呂で本を読む。 
 
文庫本お湯でふにゃふにゃ。 
 
是枝監督の対談集を1年ぐらい前に買ったら想像してた内容じゃなくて業界話ばっかりでなかなか読み進まない。 
 
この本「2」もあり「1」と一緒に買ってしまったのだ。 
 
ちゃんと全部読む。べし〜。
  

>> 返信

 

 
  2018年1月10日(水)
      秋刀魚が、、

  
いいえ、違うんです、たまたまなんですよ。 
ラブレター フロ〜ム カナダ〜〜〜♪ と歌っていましたらば、空中をスイスイと飛んできた秋刀魚がボクのお口にスーッと入ってきたんです。たまたまなんですよ、、 
 
あ、明けましておめでとうございます。 
 
m.yam の猫マネジャーten.yamです。 
 
今年もよろしくお願い致しにゃす。 
  

>> 返信


+ m.yam 窯日誌 +

2018年 4月
 日 月 火 水 木 金 土
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
- - - - -

4月 02日(月) 獄友
3月 09日(金) 1年分のメール便が届いた
2月 09日(金) ギックリ5秒前
1月 10日(水) 秋刀魚が、、
11月 19日(日) ARTE FUSE



過去の窯日誌へ



| 携帯用 | | RSS | | 検索・カテゴリー | | Home |

++ Powered By 21style ++