++山根一男の徒然日記++
山根一男HP 〜やまネット〜

山根一男掲示板

6月 20日(水) 連合中北濃地協で活動報告
6月 19日(火) おっかなびっくりガレイさんに何でもきいちゃおう
6月 12日(火) 久々にデモに参加「核兵器廃絶‼」
6月 03日(日) 6月5日(火)に地区センターで意見聴取会【告知】
4月 28日(土) 第1回 立憲民主党岐阜県連 結成準備会
4月 23日(月) 4月28日(土)13時30分より結成準備会
4月 17日(火) 民進党を離党しました。
3月 24日(土) 県政報告会&憲法9条守る可茂地区学習会
3月 22日(木) 3月議会最終日 初めての予算修正案可決
3月 20日(火) 第20回新滝ヶ洞溜池の水質異常に関わる対策協議会 ....
2018年 6月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

 

 2018年6月20日(水)
 連合中北濃地協で活動報告
 18時30分より、可児市土田のKYB研修センターで連合岐阜 中北濃地域協議会の幹事会があり、冒頭のところで少しだけ時間をもらい、可児市議会6月定例会の論点や、自分の活動について報告した。 
 
 これまでも、冒頭であいさつしたり口頭で、簡単な可児市の状況などを話させていただいたたがことはあったが、今日は初めてレジュメも用意して説明した。 
 
 主に取り上げた点は、東美濃ナンバー実現協議会に対する300万円の分担金の補正予算を認めたことと、岐阜医療科学大学に対する18億円の補助金の繰り延べを認めたという点だ。 
 
 あとは可児駅東駅前造成工事について、小池土木に3億9,744万円で請け負わせる点(工期は平成31年9月30日まで)など 
 
 連合岐阜 中北濃地域協議会は、KYBを始め、パジェロ製造、可児LIXIL、東海化成、三菱電機、大豊岐阜、中部電力、関西電力、郵政、JR東海の労働組合などこの地域を代表するような企業の労働組合のまとまりだ。 
 

 私は、いわゆる労組出身の組織内議員ではないが、協力議員として連合推薦をいただいているので、このような機会をつくっていただいた。 
 
 役員はほとんど30歳代、40歳代の若い方だ。労働組合という組織を通じて、現在の可児市政の課題や、自分の活動について意見交換ができることはありがたい。今後も、このような機会を増やしていければと思う。 
 
 
 

>> 返信
 

 2018年6月19日(火)
 おっかなびっくりガレイさんに何でもきいちゃおう
 表題のような勉強会&交流会が岐阜市長良公園内の研修センターであった。ガレイさんとは、座間宮ガレイさんのことで、選挙のこととか、政治のことを日本中渡り歩きながら講演活動を続けている方だ。 
 
 可児市でも二度ほど、この方に来ていただき講演会を行った。とにかく話がおもしろく、従来の政治談議ではなくとても具体的な社会変革の方法など、まったく政治経験のない方でも動きたくなるような話をしてくれる。 
 

 私は、彼を日本最強のアジテーターと呼んでいる。いわゆるそそのかし役だ、彼の行った場所、日本全国で様々な市民活動、政治運動が巻き起こっている。 
 
 
 今日も、開始時間が午前10時と、子育てに忙しいママさんらに照準を合わせた設定だ、ガレイさんの話は1時間ほどで、そのあと1時間20分くらい質疑応答が続いた。一方的な話ではなく、双方向の話し合いという感じだ。 
 

 しかも、公園内に立地した会場であり、終わった時間がランチタイムときているので、公園内で思い思いに昼食を取りながら、さらにお話しが続いた。 
 
 何よりも、子連れのママさんらが気兼ねなく参加できるのが良い。こんな気楽な感じの政治集会(?)どんどん広がってゆくと、日本も変わるだろう。
 

>> 返信
 

 2018年6月12日(火)
 久々にデモに参加「核兵器廃絶‼」
 総務企画常任委員会は午前中で終わった。 
午後2時から、可児市役所近くの広見第一児童公園で核兵器廃絶を訴える集会があり、その後に可児市役所まで行進して可児市長からのメッセージを受け取る『平和行進2018』があるというので参加した。 
 
 昨年の12月議会で、核兵器廃絶に関して、核兵器禁止条約に日本も調印せよという請願に賛成した議員が5人しかいなかった残念さを思い出す。 
 
 まさに、そのとき賛成した5名のうち4名が、今日のこのデモに参加した。すなわち共産党の二人と、今は立憲民主党員となった私と渡辺仁美議員である。のこり1名は保守系最大会派の議員だが、原爆に対して強い思いがあって賛成されたようだ。 
 
 日本は、すでに122カ国が調印している核兵器禁止条約に署名していない。世界で唯一の被爆国として、本来ならば真っ先に調印すべき条約だ。 
 
 何故、調印しないか?それは明白だ、アメリカに遠慮している。いまはやりの言葉で言えば忖度(そんたく)している。つまり、日本はいわゆるアメリカの核のかさで守られている(?)ので、そのアメリカにさえ核を捨てろという条約には調印できないのだ。 
 
 日本は、これまでも核兵器廃絶を訴えてきたが…それが、まやかしだったことが世界に知れ渡ってしまった。国の尊厳はどこにあるのだろう。 
 
 広島での原爆犠牲者は、これまでに約26万3千人。長崎は14万9千人だ。アメリカの原爆投下は明らかな戦争犯罪だ。 
 
 他ならぬその国に遠慮して、国是であるはずの核兵器廃絶、この地上から核兵器を失くすための世界の潮流に逆らっているのは、あまりにも理不尽だ。たぶん世界の多くの国からはあきれられている。 
 
 2発の原爆で40万人も自国民を殺されながら、その殺した国にぺこぺこしている。哀れだ。 
 
 安倍政権は、靖国神社にはお参りし英霊たちに敬意を顕わす割には、空襲で犠牲になった市民や原爆で焼き尽くされて死んでいった方々の無念さに報いる気はないようだ。 
 
 相手がアメリカだろうが、ロシア、中国、フランス、イギリスだろうが、北朝鮮だろうが世界で一番強く核廃絶を訴える資格があるのは日本だ。 
 
 憲法の前文にある「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。」「国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ」 
 
 が泣いている。
 

>> 返信
 

 2018年6月3日(日)
 6月5日(火)に地区センターで意見聴取会【告知】
 6月5日(火)地区センターで初めての『公開意見聴取会』を実施する。10年来の悲願が、ようやく実現することになる。 
 
 詳しくは…2018年(平成30年)6月5日火曜日 午後1時半からから15時が、桜ヶ丘地区センター、19時〜21時が帷子地区センターである。 
 
 催しの正式の名前は『市民の声 公開意見城主会』で、今回で10回目の開催となる。ただし、これまでの9回はアーラ(可児市文化創造センター)で行って来た。 
 
 今年の3月までは、議員もしくは会派による意見聴取会や講演会は、政治活動だとして可児市内に14ある公民館は使用できないとしていた。 
 
 それが、今年の4月より、可児市内の公民館14館は、すべて地区センターという呼称に変わった。これによって、これまで生涯学習目的でしか使えなかった公民館が、営利・政治・宗教目的でも使えるようになった。 
 
 ただ、これまでも「議会」として、議会報告会や地域課題懇談会としては使えていた。議員個人や会派として使うとなると政治活動として排除されてきた。 
 
 その点、異論もあったがあえて争うことはせずに、この日が来るのを待っていた。6月5日の桜ヶ丘・帷子地区センターで行う『市民の声 公開意見聴取会』が事実上初めて、可児市の元公民館でおこなう会派ベースの政治的利用となる。 
 
 ぜひ、可児市に対するご意見や、疑問・質問などお持ちの方に参加いただきたい。「市民の声」所属の私と、渡辺仁美議員が対応する。 
 


  会議の結果を教えてください。
参加人数、意見の内容など。
会議案内が遅いのでもう少し早くできませんでしょうか?
また案内方法をご検討ください。
将ちゃん
将ちゃん ..6/19 8:29(火)

   将ちゃんさん告知が遅く申し訳ありません。告知が遅かったせいか、ビラだけの告知だけだったせいか参加者は2名だけでした。
 次回は7月22日(日)17時〜19時アーラ控室1
7月23日(月)13時30分〜15時30分 帷子地区センター 19時〜21時 桜ヶ丘地区センターの予定です。ぜひ、来てください。

山根 一男 ..6/20 0:52(水)
>> 返信
 

 2018年4月28日(土)
 第1回 立憲民主党岐阜県連 結成準備会
 4月17日の民進党離党、記者会見で表明していた第1回目の立憲民主党岐阜県連合の結成準備会を13時30分から、岐阜市文化センターで行った。どんな人が来るのか、何人くらい来るのかドキドキだったが、私を含め18名の有志が集まった。 
 
 現職議員は私と、可児市議会の中で「市民の声」という会派を組んでいる渡辺仁美議員、瑞穂市議の3名。結成準備委員長として山下八洲夫元参議院議員、他に山田良司元衆議院議員も参加した。 
 
 他には、来年4月の統一地方選を目指す方が3名、過去に選挙にチャレンジされた方が3名、山下八洲夫氏の元秘書が2名、その他市民活動に携わっている方が数名といったところである。 
 

 事実上、本日から準備会がスタートし6月9日(土)14時から岐阜市内で結成大会を開催する。それまでの間に、事務所の設置や設立趣旨、活動計画や運営組織案などを作って行かなければならない。 
 
 まったく新しい組織を立ち上げるというのは、それこそ前例がなく、なにもかも手探りで、設立されれば党本部からの交付金なども出ることになるが、それまではすべて自弁でやらなければならない。 
 

 前途多難ではあるが、ひとつひとつ課題を解決しながら進んでいる感がありとても高揚した気分である。1日も早く岐阜県におけるリベラル勢力の一局を担うことができるよう努めていきたい。
 


  立憲民主党頑張れ
国レベルの大きな問題
・自衛隊のあり方(憲法9条改訂の是非)
・原発の今後のあり方
可児市の大きな問題
・広見線の活性化(いつまで市税から支援を続けるのか?)
・消防団の改組(現状に合わせたあり方は?)
将ちゃん ..5/12 8:52(土)

  将ちゃんさん投稿ありがとうございます。尚且つ、立憲民主党に対するエールもありがとうございます。5/15をもって私と、同じ会派の渡辺仁美議員が、立憲民主党員議員として党執行部から認められました。可能な限り、国政に関する市民の声も国へ届けてまいります。
山根 一男 ..6/5 1:38(火)
>> 返信
 

 2018年4月23日(月)
 4月28日(土)13時30分より結成準備会
 いよいよ始まります。一緒に汗を流していただける方 ぜひ参加ください! 
※マスコミ向けお願い文書をそのまま掲載します。 
 
     立憲民主党 岐阜県連合結成準備会 開催のお知らせ 
 
 平素はお世話になります。去る4月17日の記者会見にてご報告いたしました通り、下記の日程で、第1回立憲民主党岐阜県連合結成準備会を開催することといたしました。ひとりでも多くの、この件に関心を持つ県民の耳に届くよう、広く県民への事前広報並びに取材をお願いいたします。 
 
                  記  
 
日  時  平成30年(2018年) 4月28日(土) 13時30分より 
会  場  岐阜市文化センター 3階 展示室 (岐阜市金町5-7-2) 
参 加 者 立憲民主党の理念に賛同できる市民(立憲民主党に入党、または     立憲パートナーズとして登録された方、またはその意思がある方) 
連 絡 先 山根 一男(可児市議会議員) 電話090-1821-4777 
 
                                以 上 
 
 
 

>> 返信
 

 2018年4月17日(火)
 民進党を離党しました。
 本日、山下八洲夫元参議院議員・渡辺仁美可児市議と共に、民進党岐阜県連に行き県連代表・幹事長へ離党届を出した。 
 
 その後、15時30分より岐阜県庁記者クラブで記者会見を行い、立憲民主党岐阜県連合の立ち上げを準備することを宣言した。4月28日土曜日13時30分からは、第1回目となる県連開設準備会議を岐阜市文化センターで行うことも伝えた。 
 
 主に答えたのは山下八洲夫氏だ。記者会見というのは何度か経験はあるがこれほど多くの記者の前で話すのは初めてだ。ざっと20社くらい。 
 

 昨年秋に立憲民主党が立ち上がった頃から、いつかこの日が来るような予感がしていた。民進党も立憲民主党も元は同じなので、その理念に大きな違いがあるわけではない。 
 
 ただ、原発政策等について微妙に違う。どちらも無くして行く方向性は変わらないが、立憲民主はすみやかに無くして行く方向だが、民進党は緩やかに無くしてゆく方向だ。 
 
 民進党は、早ければ来月にでも希望の党と一緒になり新しい党になる方向だ。一説には、新党の名前は民主党になるかもしれない。ただ、反対する人もいて、まだ紆余曲折はあるだろう。 
 
 ただ、民進党も希望の党も支持率は1%あるかないかくらいで、このままでは消滅の可能性がある。民進党は昨年の総選挙で衆議院議員候補を出さなかった。立候補予定者は希望の党公認で出た。 
 
 直近の選挙で候補者を出さなかったというのは、政党にとっては致命的で支持率が低迷するのは当然だ。当初の予定では希望の党に合流し、民進党はなくなる予定だったようだ。 
 
 一方で希望の党は、小池百合子さんの人気にあやかってにわかにできた党であり、地方組織がない。いわば足腰がないといってもいい。 
 
 地方組織が比較的しっかりしているが、衆議院議員がいない民進党と、議員はいるが地方組織がない希望の党が一緒になるのは時間の問題だ。 
 
 他方で立憲民主党は、希望の党に行くことを拒否された、若しくは自ら拒んだ議員たちがつくった党だ。ある意味筋を通したということで、昨年の総選挙ではでは誰も想像ができなかったような躍進を遂げた。 
 
 支持率は今でも10%を超えている。枝野さんは頑なに、他党との合流を拒んでいる。連合筋や民進党内部では、元々3党はいっつ一緒だったのだから、また一緒にまとまるべきとの論調があるが…それはないというべきであろう。 
 
 それをしたら立憲民主の評価は一気に落ちてしまう。やるわけはない。立憲民主は塊として一緒になることはないが、理念に賛同する人が個人的に参入することは拒まない。 
 
 最近も長野県の民進党国会議員が立憲民主に移ったし、札幌市議、民進党だった20人のうち16人が立憲民主に変わった。 
 
 こう書くと、ただ保身のために人気のある党に移るだけと…取られるかもしれない。そのことは否定はしないが、やはり自分の理念に忠実でありたいという気持ちが強い。 
 
 正直言えば、希望の党と一緒になる民進党は、いまより少し右に振れると思うので、私としては行きたくない。私は真ん中よりは少し左だと思っている。 
 
 昨年の民進党代表選では、前原さんと枝野さんの一騎打ちになったが、岐阜県でも大方は前原さんに向いていたが、私は枝野さんを選んだ。結果は前原さんが代表になり、一気に右に傾いて小池さんの党に近づいた。 
 
 それまでの市民連合や、共産党との関係はぷっつりと切れて、保守票を取りに行った。あわよくば政権をも取ろうという勢いも、一瞬あったがその後の小池百合子さんの排除発言で一気に崩れた。 
 
 右だ左だとレッテルを貼るのはよくないことかもしれないが、現実には民進党内でも自民党に近い人と、共産党とも組める人に分けられる。 
 
 岐阜県内では、昨年の総選挙で比例票で立憲民主に入れた人が18万人もいた。可児市でも1万人を超え、今井雅人という強力な候補者がいる希望の党にほとんど肉薄していた。 
 
 私は、リベラル中道の中でも、共産党に共鳴する点もあるけど…そこまではいけないという層の声を束ねたいと思う。そして、立憲民主は草の根からの社会改革を謳っている。 
 
 このことは、一番最初の民主党『市民が主役の民主党』と言っていた頃の民主党にきわめて近い。市民活動出身の私にとっては、とても肌が合い、活動もしやすくなる。 
 
 ただ、まったく何もないところに、党の県連をつくるというのは、並大抵のことではない。お金もいるし、人が何より必要だ。立憲民主党本部とも連絡を取りながら進めるが、正式な県連が出来るまでは財政的な支援もない。 
 
 何もかもが手探りで、様々な人の輪をつないでいかなければできない。政党とも連合とも市民団体ともつながりを持ちながら、進めてゆく必要がある。まさにこれは自分の出番だと思っている。 
 
 新しいことを生み出してゆくことは、私としては得意なことと意識している。この一ヶ月くらい、予想もつかないことに沢山でくわしそうだが、自分を信じて、多くの方々の思いをつなげながら進めていきたい。 
 
  
 
 


  「市民つぶやき」
「政治家は、まったく信用できできなくなった!!」

政治家は、自らの掲げる信条に基づき、それを現実のものとすべく世の中を変革していく「指導者」でなければならないと思っている。政治家と官僚の最大の違いは、選挙という洗礼を受けているか否かであり、そのことが政治家の存在価値そのものなのであるにも関わらず、異なる政党の立場にあった政治家が十分な自己批判もなく、自己の都合だけで政党を渡り歩き、簡単に有権者を欺いてしまう。その行いの重大性について自覚に欠ける政治家がいることに強い違和感と怒りを覚える。

産経新聞(2018.4.21)によると、立憲民主党など6会派は、厚労委員会に「生活保護法の一部改正について法案」を共同提出したにも関わらず、提案(答弁)者の池田真紀議員が委員会をサボり「#MeToo」フォーマンスに参加していたことが判明し、自ら提出した法案の答弁拒否をするという政治家として自殺行為に等しい史上初の珍事件が起ったと報じている。
審議をしないで「安倍辞めろ」では議論は深まらない。国会議員が議論しなくて誰がするのか、国会で議論される審議は兆単位の問題、いち地方の僅か8億円程の公有地の払い下げ問題で1年以上も国会を振りまわし、政局にばかりに明け暮れ、国民のための重要な法案すらも審議拒否する国会議員には呆れるばかりである。国会は1日3億円の運営費が掛ると言われており「歳費泥棒」と言われても過言ではないのである。

honebuto ..4/23 20:08(月)

  honebuto様 政治家に対してお怒りの様子はよくわかりますが、本当に怒るべき先が違いませんか?
 森友事件にせよ、加計事件にせよ小さな問題ではありません。国民の財産である国有地を、身内にタダ同然で払下げたり、公文書をうそを隠すために公然と改ざんしてしまったのですから、すでに安倍内閣は政権を継続する資格は失っています。1日も早く退陣することが国益にかなっています。
山根 一男 ..4/24 1:56(火)

  両問題とも、しっかりと証拠固めをして、国会での議論もしっかり行う、両面とも大事ではないでしょうか?
将ちゃん ..5/4 8:21(金)
>> 返信


>> 過去の日記へ



| 携帯用 | | RSS | | 検索 | 

++ Powered By 21style ++