++山根一男の徒然日記++
山根一男HP 〜やまネット〜

山根一男掲示板

11月 16日(金) 若葉台春里口清掃
11月 11日(日) 可児市議会議会報告会帷子地区センター
6月 20日(水) 連合中北濃地協で活動報告
6月 19日(火) おっかなびっくりガレイさんに何でもきいちゃおう
6月 12日(火) 久々にデモに参加「核兵器廃絶‼」
6月 03日(日) 6月5日(火)に地区センターで意見聴取会【告知】
4月 28日(土) 第1回 立憲民主党岐阜県連 結成準備会
4月 23日(月) 4月28日(土)13時30分より結成準備会
4月 17日(火) 民進党を離党しました。
3月 24日(土) 県政報告会&憲法9条守る可茂地区学習会
2018年 11月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-

 

 2018年11月16日(金)
 若葉台春里口清掃
 春里側から若葉台に上がってゆく道、仮に春里口とする。若葉台を貫くメイン道路の春里方面への出口ともいえる坂道だが、道路わきに雑草がひどかった。 
 
 毎日、通る道だし若葉台の裏玄関とも言える場所だ。ずっと気になっていた。草が道路脇の白線を越え、車にさえ当たりそうな勢いだ。歩道は反対側にあるので、通行人の多くはそちら側を使うが、中にはそうでない人や自転車にとっては危険な状態となっていた。 
 
 ついに我慢ならなくなり、一昨日少し時間が出来たときに一人で草刈りを始めた。夕方からだったために1時間くらいで作業ができなくなり、途中で終了にした。 
 

 昨日と、今日昼前に少し時間ができたので残りを仕上げた。3日間で通算は5時間くらいかけてきれいになった。気持ちがいい。 
 
 面白いことと、心残りなことがある。初日、草を刈っていると見覚えのある植木ばさみが出て来た。1年前に置き忘れたらしい。ずっと探していたのだ。 
心残りなことは、愛用していた鎌が、どこに置き忘れたか行方不明になってしまった。もしかしたら、来年草刈りをしたら出て来るのかもしれない。 
 
 この道、意外に通行量が多い。ずっと以前の調べでは9割くらいが通過車両だという。県道は本来、塩(地名)から菅刈に続いているのだが、踏切が狭いこともありこちらに流れてしまう。 
 
 団地内の通過車両を無くすことは、若葉台の悲願でもあるが、県道がもう少し整備されない限り難しいだろう。せめて安全のためと、美観を思い草刈りをした。誰に頼まれたわけではない、あえて言えば自分の住む「若葉台愛」の実現のためだ。 
 
 完全ボランティアだが、ひとつ思うことがある。一般の人なら完全ボランティアだが、自分は議員だ。議員は市民の税金から報酬を得ている。今日のように特に市役所に行く予定のない日も含めて、月40万円の報酬をいただいている。なのでこれくらいのことは当たり前だと個人的には思う。 
 
 ただ、市民はなんと思うだろう。感心される方もいるだろうし、中には売名行為だと捉える人もいるかもしれない。私の場合はもう十年以上、このような清掃活動は続けているので、あまり気にしていない。 
 

 要はまちが美しくなり、住む人も周辺の人にとっても良い環境になればいい。犬を散歩させるように、ジョギングを楽しむように、気軽に誰でも自分の住む公共スペースを掃除できるようになればいいなと思う。 
 
 


  ボランティアで公共スペースを清掃される方に敬意を表します。ただ場所の問題があります。道路(車道・歩道・路側帯等)の雑草除去作業は危険です。もし交通事故に遭遇すればどうなるのでしょうか?誰も何の補償もしてくれないでしょう。
個人的には道路の除草作業は、安全を確保した上で、市の予算で行うべきだと思います。
将ちゃん ..12/9 9:32(日)
>> 返信
 

 2018年11月11日(日)
 可児市議会議会報告会帷子地区センター
 通算14回目となる可児市議会報告会の今日は4ヵ所目、私の地元でもある帷子(かたびら)地区センターであった。 
 
 議会報告会というタイトルはついているが、内容は写真にもあるように「議員と語ろう」対話集会である。特に今日は参加者が少なくて、1グループ市民5名+議員4名という構成だった。(他にももう1グループあり) 
 
 帷子地区は可児市でももっとも人口が多い地区なのだが、日曜日の夜ということもあって出足が鈍かったのかもしれない。 
 
 ただ、参加者がだんだん減ってゆくことや、自治会関係者がほとんどになってしまう傾向は続いており、本来は抜本的な参加者増加策が求められているのだが、現状ではこれといった新たな工夫がされているわけでもない。 
 
 それはともかく、地元帷子であり私もよく知っている論客の方がグループに入っていてたいへん盛り上がった。 
 
 一応議員には役割り分担があり、今日は私は記録係なので、グループで出た意見をグループ討議終了後に、全体の中で発表するのと、3日以内に議事録をデータで今日の報告会の担当者に送らねばならない。 
 
 今回であれば5ヶ所であるので、それぞれの会で出たすべての意見を集約して、議会全員協議会に付される。さらに分野別に常任委員会で扱いについて議論されるしくみになっている。 
 
 市議会の中には、議会報告会自体がない自治体もたくさんある中では、可児市議会はかなり完成度の高いしくみができている方だと思うのだが、肝心の参加者が少なかったり、年齢層や立場、性別などに偏りがあっては残念だ。 
 
 今後、さらに努力と工夫で多様な参加者を増やしてゆく必要がある。内容については多すぎてここでは触れないが、最後に山根さんのブログがずっと更新されていないので心配していた…という言葉をもらった。 
 
 ありがたいことに、私のブログを楽しみにしている方がいる。ついつい即時性があり反応もすぐに見えるFacebook等、SNSの方に力が削がれてしまっていたが、これを機会にその時々の思いを書き込もうと思う。また、おつきあいいただければありがたい。 
  
 
 
 

>> 返信
 

 2018年6月20日(水)
 連合中北濃地協で活動報告
 18時30分より、可児市土田のKYB研修センターで連合岐阜 中北濃地域協議会の幹事会があり、冒頭のところで少しだけ時間をもらい、可児市議会6月定例会の論点や、自分の活動について報告した。 
 
 これまでも、冒頭であいさつしたり口頭で、簡単な可児市の状況などを話させていただいたたがことはあったが、今日は初めてレジュメも用意して説明した。 
 
 主に取り上げた点は、東美濃ナンバー実現協議会に対する300万円の分担金の補正予算を認めたことと、岐阜医療科学大学に対する18億円の補助金の繰り延べを認めたという点だ。 
 
 あとは可児駅東駅前造成工事について、小池土木に3億9,744万円で請け負わせる点(工期は平成31年9月30日まで)など 
 
 連合岐阜 中北濃地域協議会は、KYBを始め、パジェロ製造、可児LIXIL、東海化成、三菱電機、大豊岐阜、中部電力、関西電力、郵政、JR東海の労働組合などこの地域を代表するような企業の労働組合のまとまりだ。 
 

 私は、いわゆる労組出身の組織内議員ではないが、協力議員として連合推薦をいただいているので、このような機会をつくっていただいた。 
 
 役員はほとんど30歳代、40歳代の若い方だ。労働組合という組織を通じて、現在の可児市政の課題や、自分の活動について意見交換ができることはありがたい。今後も、このような機会を増やしていければと思う。 
 
 
 

>> 返信
 

 2018年6月19日(火)
 おっかなびっくりガレイさんに何でもきいちゃおう
 表題のような勉強会&交流会が岐阜市長良公園内の研修センターであった。ガレイさんとは、座間宮ガレイさんのことで、選挙のこととか、政治のことを日本中渡り歩きながら講演活動を続けている方だ。 
 
 可児市でも二度ほど、この方に来ていただき講演会を行った。とにかく話がおもしろく、従来の政治談議ではなくとても具体的な社会変革の方法など、まったく政治経験のない方でも動きたくなるような話をしてくれる。 
 

 私は、彼を日本最強のアジテーターと呼んでいる。いわゆるそそのかし役だ、彼の行った場所、日本全国で様々な市民活動、政治運動が巻き起こっている。 
 
 
 今日も、開始時間が午前10時と、子育てに忙しいママさんらに照準を合わせた設定だ、ガレイさんの話は1時間ほどで、そのあと1時間20分くらい質疑応答が続いた。一方的な話ではなく、双方向の話し合いという感じだ。 
 

 しかも、公園内に立地した会場であり、終わった時間がランチタイムときているので、公園内で思い思いに昼食を取りながら、さらにお話しが続いた。 
 
 何よりも、子連れのママさんらが気兼ねなく参加できるのが良い。こんな気楽な感じの政治集会(?)どんどん広がってゆくと、日本も変わるだろう。
 

>> 返信
 

 2018年6月12日(火)
 久々にデモに参加「核兵器廃絶‼」
 総務企画常任委員会は午前中で終わった。 
午後2時から、可児市役所近くの広見第一児童公園で核兵器廃絶を訴える集会があり、その後に可児市役所まで行進して可児市長からのメッセージを受け取る『平和行進2018』があるというので参加した。 
 
 昨年の12月議会で、核兵器廃絶に関して、核兵器禁止条約に日本も調印せよという請願に賛成した議員が5人しかいなかった残念さを思い出す。 
 
 まさに、そのとき賛成した5名のうち4名が、今日のこのデモに参加した。すなわち共産党の二人と、今は立憲民主党員となった私と渡辺仁美議員である。のこり1名は保守系最大会派の議員だが、原爆に対して強い思いがあって賛成されたようだ。 
 
 日本は、すでに122カ国が調印している核兵器禁止条約に署名していない。世界で唯一の被爆国として、本来ならば真っ先に調印すべき条約だ。 
 
 何故、調印しないか?それは明白だ、アメリカに遠慮している。いまはやりの言葉で言えば忖度(そんたく)している。つまり、日本はいわゆるアメリカの核のかさで守られている(?)ので、そのアメリカにさえ核を捨てろという条約には調印できないのだ。 
 
 日本は、これまでも核兵器廃絶を訴えてきたが…それが、まやかしだったことが世界に知れ渡ってしまった。国の尊厳はどこにあるのだろう。 
 
 広島での原爆犠牲者は、これまでに約26万3千人。長崎は14万9千人だ。アメリカの原爆投下は明らかな戦争犯罪だ。 
 
 他ならぬその国に遠慮して、国是であるはずの核兵器廃絶、この地上から核兵器を失くすための世界の潮流に逆らっているのは、あまりにも理不尽だ。たぶん世界の多くの国からはあきれられている。 
 
 2発の原爆で40万人も自国民を殺されながら、その殺した国にぺこぺこしている。哀れだ。 
 
 安倍政権は、靖国神社にはお参りし英霊たちに敬意を顕わす割には、空襲で犠牲になった市民や原爆で焼き尽くされて死んでいった方々の無念さに報いる気はないようだ。 
 
 相手がアメリカだろうが、ロシア、中国、フランス、イギリスだろうが、北朝鮮だろうが世界で一番強く核廃絶を訴える資格があるのは日本だ。 
 
 憲法の前文にある「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。」「国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ」 
 
 が泣いている。
 

>> 返信
 

 2018年6月3日(日)
 6月5日(火)に地区センターで意見聴取会【告知】
 6月5日(火)地区センターで初めての『公開意見聴取会』を実施する。10年来の悲願が、ようやく実現することになる。 
 
 詳しくは…2018年(平成30年)6月5日火曜日 午後1時半からから15時が、桜ヶ丘地区センター、19時〜21時が帷子地区センターである。 
 
 催しの正式の名前は『市民の声 公開意見城主会』で、今回で10回目の開催となる。ただし、これまでの9回はアーラ(可児市文化創造センター)で行って来た。 
 
 今年の3月までは、議員もしくは会派による意見聴取会や講演会は、政治活動だとして可児市内に14ある公民館は使用できないとしていた。 
 
 それが、今年の4月より、可児市内の公民館14館は、すべて地区センターという呼称に変わった。これによって、これまで生涯学習目的でしか使えなかった公民館が、営利・政治・宗教目的でも使えるようになった。 
 
 ただ、これまでも「議会」として、議会報告会や地域課題懇談会としては使えていた。議員個人や会派として使うとなると政治活動として排除されてきた。 
 
 その点、異論もあったがあえて争うことはせずに、この日が来るのを待っていた。6月5日の桜ヶ丘・帷子地区センターで行う『市民の声 公開意見聴取会』が事実上初めて、可児市の元公民館でおこなう会派ベースの政治的利用となる。 
 
 ぜひ、可児市に対するご意見や、疑問・質問などお持ちの方に参加いただきたい。「市民の声」所属の私と、渡辺仁美議員が対応する。 
 


  会議の結果を教えてください。
参加人数、意見の内容など。
会議案内が遅いのでもう少し早くできませんでしょうか?
また案内方法をご検討ください。
将ちゃん
将ちゃん ..6/19 8:29(火)

   将ちゃんさん告知が遅く申し訳ありません。告知が遅かったせいか、ビラだけの告知だけだったせいか参加者は2名だけでした。
 次回は7月22日(日)17時〜19時アーラ控室1
7月23日(月)13時30分〜15時30分 帷子地区センター 19時〜21時 桜ヶ丘地区センターの予定です。ぜひ、来てください。

山根 一男 ..6/20 0:52(水)
>> 返信
 

 2018年4月28日(土)
 第1回 立憲民主党岐阜県連 結成準備会
 4月17日の民進党離党、記者会見で表明していた第1回目の立憲民主党岐阜県連合の結成準備会を13時30分から、岐阜市文化センターで行った。どんな人が来るのか、何人くらい来るのかドキドキだったが、私を含め18名の有志が集まった。 
 
 現職議員は私と、可児市議会の中で「市民の声」という会派を組んでいる渡辺仁美議員、瑞穂市議の3名。結成準備委員長として山下八洲夫元参議院議員、他に山田良司元衆議院議員も参加した。 
 
 他には、来年4月の統一地方選を目指す方が3名、過去に選挙にチャレンジされた方が3名、山下八洲夫氏の元秘書が2名、その他市民活動に携わっている方が数名といったところである。 
 

 事実上、本日から準備会がスタートし6月9日(土)14時から岐阜市内で結成大会を開催する。それまでの間に、事務所の設置や設立趣旨、活動計画や運営組織案などを作って行かなければならない。 
 
 まったく新しい組織を立ち上げるというのは、それこそ前例がなく、なにもかも手探りで、設立されれば党本部からの交付金なども出ることになるが、それまではすべて自弁でやらなければならない。 
 

 前途多難ではあるが、ひとつひとつ課題を解決しながら進んでいる感がありとても高揚した気分である。1日も早く岐阜県におけるリベラル勢力の一局を担うことができるよう努めていきたい。
 


  立憲民主党頑張れ
国レベルの大きな問題
・自衛隊のあり方(憲法9条改訂の是非)
・原発の今後のあり方
可児市の大きな問題
・広見線の活性化(いつまで市税から支援を続けるのか?)
・消防団の改組(現状に合わせたあり方は?)
将ちゃん ..5/12 8:52(土)

  将ちゃんさん投稿ありがとうございます。尚且つ、立憲民主党に対するエールもありがとうございます。5/15をもって私と、同じ会派の渡辺仁美議員が、立憲民主党員議員として党執行部から認められました。可能な限り、国政に関する市民の声も国へ届けてまいります。
山根 一男 ..6/5 1:38(火)
>> 返信


>> 過去の日記へ



| 携帯用 | | RSS | | 検索 | 

++ Powered By 21style ++