このページは流産・死産経験者で作るポコズママの会が運営するページです。HPでは流産・死産経験者同士の交流ページや心のケアに関する情報が掲載されていますので、是非ご覧ください。
HP(http://pocosmama.jp

こちらのページは、みなさんの流産・死産体験記を「投稿」・「閲覧」できるページです。

<体験談の投稿について>
■ご自分の体験を掲載したい時は「新規投稿」からお入り下さい。
■「タイトル」は流産・死産の週数や原因などを分かる範囲でご記入下さい。
■書き込める文字数は3000字までです。ご注意下さい。
■投稿いただいた内容は、ポコズママの会で内容を拝見した後、公開しております。掲載まで1〜3週間程度かかることもございます。
■多くの天使ママさんが読まれる体験記ですので、病院名などを記載された体験談や天使ママを不安や不快にさせる内容につきましては、該当部分を削除、または掲載をお断りする場合がございます。
■投稿いただいた体験談の著作権は投稿ご本人様にございますが、当会の活動や取材、研究などに使用させていただく場合がございますのでご了承ください。

<体験談の閲覧>
■体験談の表示には「一覧表示」「ツリー表示」「トピック表示」がございます。使いやすい表示でご利用下さい。
■個々の体験談へは返信ができません。
■表示された体験以外のものを読みたい場合は、ページの最下部に「NEXT」をご利用下さい。現在300以上の体験談が投稿されています。
■妊娠週数や原因などキーワードで読みたい体験談を検索することもできます。ご希望の方は「検索/過去ログ」をクリック下さい。
■投稿者がメールアドレスを公開している場合を除き、当会から投稿者の連絡先を教えることはできません。
  <<   新規投稿   トピック表示   ツリー表示   携帯用   検索/過去ログ   ホーム  
 
   20週 臍帯異常により ....   
   予定日前日 死産   
   一卵性の双子 21週5日 ....   
   3度連続の流産   
   40週0日死産 1 ....   
   15週2日での流産   
   3度目の流産 9週 稽 ....   
   7か月 死産   
   胞状奇胎   
   7週 化学流産 20週 子 ....   

Name: かよ    ..au-net.ne.jp
Date: 2017/07/06(木) 23:29
  返信  引用  編集 
Title: 20週 臍帯異常により流産    
1人目を、5年前に小児がんで亡くしました。
離婚後、保育園に通うようになってすぐに検査でわかりました。
年長の時に、また保育園へ通えるようになるまで回復し、
小学校入学した直後、転移がわかり、4ヶ月後に亡くなりました。

それから約3年後、今の夫と出会いました。
第2子を妊娠し、色々な葛藤がありながらも、順調に過ごしていました。

亡くなった娘は、早期胎盤剥離で1ヶ月早く、緊急帝王切開で出産していたので
傷口が大きく、子宮が大きくなればなるほど、危険だと言われていたので、
第2子は34週で帝王切開をする予定でした。

第1子の娘は、出産時から、亡くなるまでつらい思いをさせてしまっていたので、第2子には、すごく慎重になっていました。

夫の御両親、御兄妹にもすごく助けてもらいながら、それでも仕事は辞めず、生活していました。

検診の日、それまで特に痛みや出血もありませんでした。
内診をし、エコーをして
それからのお医者様の言葉は、ほとんど覚えていません。

落ち着いたときにはベッドの上でした。

まだ、この時、夫とは籍を入れてませんでした。
私には家族がいないので、全て自分で終わらせました。淡々と。
第2子は男の子でした。

いなくなった我が子を受け入れることができず、流産したことを隠して過ごしていました。
お腹には、もういないのに、お腹は大きくなってきていました。
術後の経過を診察に行った時、想像妊娠だと言われました。

赤ちゃんの服や、物を買ってきてくれる御両親。
身体を気遣っていろんな物を作ってくれる夫。

お腹にはもういないのに、お腹を見るたび、触るたび、膨れたお腹にはいるんじゃないかと思っていました。
手術をしてから約4ヶ月、予定日に近づいた時に、夫から、切り出されました。
赤ちゃん、いないんやろ?と。
切り出されるまで、御両親にも、御兄妹にも夫の周りの人達にも
真実を言えず、自分は妊婦だと過ごしていました。

夫は、責めませんでした。
この事実を知って、籍を入れました。

一人で苦しかっただろう、誰も責めないから。
あたしが、生きてて良かった。
ほんまに、つらいけど、一緒にゆっくり乗り越えようと言ってくれました。

精神的には、まだ正常ではないと思います。
だけど、ゆっくりゆっくり、受け止めながら前に進んで行きたいと、思えるようになりました。





Name: 24まま    ..au-net.ne.jp
Date: 2017/07/06(木) 22:21
  返信  引用  編集 
Title: 予定日前日 死産    
6月27日が出産予定日でした。

6月24日のお昼過ぎ、おしるしのような出血があった。
もうちょっとで産まれると思うと、嬉しかった。
それから少しして、前駆陣痛であろう痛みを感じた。
念の為、シャワーをあびた。
それから、痛みの間隔をはかってみた。
すでに3分間隔だった。何かが変だと思った。
シャワーを浴びているときにほんの一瞬だけ、胎動を感じた。
でもそれ以降、感じることはなかった。
お腹が張っている。
お腹の形がいつもは前に出てるのに、平らに感じる。
やっぱり変だと思った。

20時過ぎ、母に付き添われて、いつもの産婦人科に行った。
助産師さんが胎児の心拍を確認する。無言でひたすら探す。
「まさかな。そんなことないでしょ」そう頭の中では考えていた。

その助産師さんが、別の助産師さんを呼ぶ。
二人目の助産師さんもひたすら胎児の心拍を探す。
助産師さんたちは「先生呼んで」そう言った。
「あぁ、動いてないんだ。死んじゃったんだ」そう思った。

先生が来て、改めて心拍を探す。
画面に見えたのは胎児の心電図のような画面。
いつもは波打っていたものが、今は真っ直ぐ一本線になっていた。先生が色々と何か説明している。何も聞こえない。
母もすごく驚いていた。

30分ほどして、母に呼ばれた夫が到着した。
夫を見た瞬間、涙が出た。
院長先生が夫に説明をする。
陣痛も来ているから、そのまま産むことになる。

その日から入院した。
陣痛は来ているものの、一向に産まれる気配がなかった。
今思えば、赤ちゃんは死んでしまっているから降りてこなかったのかな、と思う。
促進剤を入れて、ようやく48時間後、首にへその緒を巻いて、産声をあげることなく出産した。

しばらく、夫と二人で我が子と対面。
泣くこともなく、動くこともない。どこを触っても冷たい我が子。それでも、本当に可愛い。世界一大切な子。

数日後、火葬をする。
火葬の前にまた会うことが出来た。2回目の対面。
でもそれが最後。
息子はさらに小さくなって私の元に戻ってきた。
でも、私の大切な息子に変わりはない。





Name: ありす12    ..bbtec.net
Date: 2017/07/02(日) 10:25
  返信  引用  編集 
Title: 一卵性の双子 21週5日 流産    
すでに長女、長男、次女と3人の子供がいますが、双子ちゃんだとわかった時は、とても嬉しかったです。

3人の子育てと姑さんとの同居で毎日バタバタと大変でした。
妊娠10週から卵巣が腫れてきたことにより入院となりました。
一時退院しましたが、妊娠20週のときに、頸管が26mm、お腹の張りがおさまらず再入院になり、ウテメリンの24時間点滴を受けていました。

それから1週間後、子宮口が開いてきて、高位破水、お腹の張りもあり、先生からもう持たないと言われ、ウテメリンをやめて、そのまま出産となりました。

後々、ネットなどをみると。子宮口が開いて高位破水があっても 陣痛がなければまだもつ人もいるらしいし、あの時ウテメリンをやめる=本格的に陣痛を起こすという選択をしてしまった自分をすごく責めてしまいます。
私があの子達の命を消してしまったと。
お腹の子は出てくる数秒前まで動いていました。

まだ亡くなって2週間。
周りの人たちは元気に産んでいるのに、私はなんで産んであげれなかったのかと、あの子達の残してくれた遺骨をみながら涙してします。

こんな時、上の子達がいてくれてよかったと とても思います。
妊娠すれば元気な子が産めると思っていましたがそうではなく、出産は奇跡だと思いました。





Name:    ..au-net.ne.jp
Date: 2017/06/28(水) 14:46
  返信  引用  編集 
Title: 3度連続の流産    
本日、3度目の流産の確定診断を受けたところです。
まだ不安定で涙が出てきます。

1度目は昨年9月。
2度目は今年の4月でした。
不育症がわかり、ヘパリンとアスピリンでの治療を受けながらの3度目の妊娠。
今度こそと思いましたが、心拍停止。
今回は9週目で、赤ちゃんも二頭身、エコーでは手足も耳も口もわかるようになっていました。
とても可愛い横顔でしたが、動いておらず胎嚢の底にくったりと横になっていて。
ただただ残念でなりません。

不妊治療でお世話になっていた先生は、とても穏やかで、念のためもう一人の先生にも見て貰おうと言ってくださって。
最後に可愛い姿を2度も見ることができてよかったなと思っています。
染色体検査をすすめられました。
迷いましたが、明日手術をしてきます。

2度あることは3度あるんですね。
確率論としては、3度目の妊娠はかなり低いはずなのに。
現在、体外受精で授かった2歳の息子がいます。
3度も流産を繰り返した事で、この子が本当に奇跡の存在なのだとわかりました。
まだ手術を控えて辛くて何にも手につきませんが、息子のためにも明るく前を向いて進めるように早く立ち直りたいです。





Name: まい    ..dtn.ne.jp
Date: 2017/04/24(月) 16:07
  返信  引用  編集 
Title: 40週0日死産 10週流産    
2012年12月、結婚してすぐできた待望の第一子。
年明けと共に妊娠検査薬で判明した子。
何の異常もなく、臨月まで迎えることができました。
検診の前夜、寝る前に今までに無いくらい大きな胎動。
思い返せば、これが最後の胎動だったのかな。

朝起きて、胎動の事は気にもしていなかった。
前回の検診で、子宮口が2センチ開いていて、だいぶ柔かくなっていると言われていたので、出産の日をわくわくしながらの検診でした。

朝起きたとき、何となくだけど弱い胎動があったような気がした。
NSТをしようとしても心拍が拾えない。
前回もなかなか拾えなくて、人が代わったら見つかったので、また今回も下手な人にあたったと思っていた。
でも、人を代えても心拍は拾えず、エコーを見てみることに。
心臓は動いていませんでした。

医師から「残念ながら赤ちゃんは亡くなっています」と告げられました。
不思議なことに、自分では何故か『やっぱり』と思っていました。


即日入院。その日の夜、再度心拍がないのを確認した後、ラミナリア。
翌朝バルーン→人工破膜→陣痛促進剤→出産となりました。

産声はないものの、生きている子と同じようにお風呂に入れてもらいカンガルーケアを。
可愛い男の子で眠っているようで今にも目を開けそうでした。

子どもは亡くなっているのにも関わらず、両家両親+夫、祖母は仕事を休んで駆けつけてくれました。
みんなで生まれたこを涙を流しながら抱き、誰に似てる?など言い合いました。

一般的に亡くなって産まれた子にはお通夜も葬式もしない。と言われてましたがもう産まれてもおかしくなかった日数ということで、お通夜も葬式もしました。
真夏で暑い日だったので通常の倍以上の保冷剤を入れてくれて、きれいな顔のままお別れできました。

その後、2015年11月、10週で流産しました。
母子手帳をもらってすぐの事でした。
もともと悪阻もほとんど無く、不安という不安も何もなかったのですが、虫の知らせ?なのか、その日は病院に行きたい!という感覚になり、腹痛もあったので病院へ行くと、お腹の子の心拍はありませんでした。
この子も自然流産で産みたいと希望したものの、早く妊娠したいのであれば手術すべきと言われ、手術の日まで日数が空くためそれまでに出て来なければ手術と言う事で同意しました。
結局、その日までに出てこず、吸引手術になりました。





Name: いっくんママ    ..au-net.ne.jp
Date: 2017/04/18(火) 07:41
  返信  引用  編集 
Title: 15週2日での流産    
1人目が1歳の誕生日を迎えてから2人目を考え始め、順調に妊娠、経過していました。

14週のときに体調を崩し、発熱。出血もしていました。
40度近く発熱することもあり、何度も産科や内科に通いました。なんとなく、キューっとお腹が定期的に固く張る感じもありましたが、経過観察。
今考えると、それが陣痛だったように思います。

その日、午前中の診察。
出血は認めるが、他に異常はなく、赤ちゃんも元気に心臓を動かし、手足をばたつかせていました。
入院はせずに、自宅安静。
張り止めが処方されました。

その後もなんだか定期的に張り、なんとなく痛みのようなものもありましたが、1人目の陣痛が30時間以上続いたせいもあってか、全然耐えられる痛みでした。
むしろ便秘が気になるくらいで。

しかしその後、なんだか尾てい骨あたりも一緒に押される感じが。あれ、これ、この感覚知ってる!
そう、1人目の陣痛がそんな感じでした。
おかしい。
そこで再度、病院に電話。
その最中にベッドから起き上がると、まるで膣付近で風船が膨らんだような感覚。
そして破裂した感じがして、そこで大量出血。

急いで病院へ行きましたが、しかしそのときには痛みも遠のき、この後訪れることに対して、なんとなく予想しつつも、僅かな可能性にかけていました。
病院に着き、内診台に上がる前に、つるんと何かが出た感覚。
思わず手を伸ばし、右手で受け止める。
下着を覗くと、赤ちゃんが出ていました。
「あ。もう・・・」その瞬間、感情が爆発しました。
大人になって、こんなに人前で泣くことはなかった。

その後の処置は痛かったけど、心の方が痛かった。
赤ちゃんは15cm、70g、男の子でした。
穏やかな表情で、小さな箱に収まりました。

主人の仕事の都合があり、火葬までの5日間、毎日泣いていました。どうしてこうなってしまったのか。なんのために悪阻に耐えてきたのか。私のせいなのか。無理し過ぎたのか。もっと体調を細かく伝えていれば。後悔ばかりで、気が狂いそうで。
そんな中、骨壷など仏具を揃え、赤ちゃんは小さなお骨を遺してくれました。

その後の検査で、私は敗血症一歩手前になっていました。
原因は不明。
ですが、赤ちゃんがいなくなってから熱も下がり、みんなから「赤ちゃんがママを助けてくれたんだね」そう言われました。
陣痛も痛みが少なく、入院することも器具や薬を使うこともなく、流産を宣告されることも自分でも決めることもなく、突然。
それを辛いと感じる方もいると思いますが、私は赤ちゃんの優しさだと思いました。

できるだけ短時間で、痛がりの私を助けてくれたんだね。
ありがとう。でも、ごめんね。
秋が予定日、ずっと一緒にいたかった。
手を離さないでほしかった。私なんかのために。

1人目の出産は辛すぎて、生まれてきてくれた感動より疲労が強く、今回の妊娠も順調に進む。そう思ってしまっていました。
妊娠・出産が奇跡であることを軽視していました。それもきっと教えてくれたのでしょうね。
今はまだ、不意に涙は流れますが、家族や友人の温かな支えの中、心身の休息を第一にしています。あまり妊娠中構えなかった上の子がやたら甘えてきて、もしかしたらお姉ちゃんになるのも少し早かったのかもしれない、だからママの悪いところと一緒にお空に一旦帰ったのかな、そうも感じています。

いっくん、幸せな4か月を本当にありがとう。優しい優しい、良い子だったね。ずっとずっと、忘れないよ。次は自分の身体も大事に無理しないから、遠くない未来にママのお腹に帰ってきてね。約束だよ。大好き。





Name: mayu    ..spmode.ne.jp
Date: 2017/03/26(日) 19:10
  返信  引用  編集 
Title: 3度目の流産 9週 稽留流産    
昨日、赤ちゃんの心拍停止を確認しました。
9週0日でした。
赤ちゃんの大きさが、ほぼ20mmでしたので、昨日か一昨日まで生きていたのかなと、思います。

昨年初夏に初めて妊娠し、そのときも、同じ9週0日で流産しました。
1週間出血が続き、そのまま完全流産しました。

年末に2度目の妊娠をしました。
けれど胎芽が確認できないまま、7週で自然流産となりました。

3度目の流産です。
明後日、手術することになっています。
主人は何も言わず、黙々と家事をこなしています。

誰かと話したくて母に電話しました。
けれど、3回目の流産報告はさすがの母親でも聞きたくない話だったのでしょう。
すぐに電話を切られてしまいました。

気力が無く、ただ横になっています。
心臓は止まってしまったけれど、赤ちゃんはまだ私のお腹の中にいます。
最初の時のように流れて消えてしまうことなく、まだここにいます。
赤ちゃんもまだ生きようとしているのかもと思います。
でも心臓が動かなくて、どうしようか困っているんじゃないかと。

この子が生まれてきたいと思っているなら、私はもう一度、頑張らないといけません。
でも、今は妊娠が怖いです。
もう妊娠はしたくないと思ってしまいます。
3度も流産したのは、私が母親になるのは無理だと、教えるためじゃないかとも思ってしまいます。
赤ちゃんの気持ちが知りたいです。






Name: もも    ..home.ne.jp
Date: 2017/03/14(火) 22:47
  返信  引用  編集 
Title: 7か月 死産    
2016年8月末、生理が遅れていることに気づいてわかった、初めての妊娠。
正直、最初は今後の生活とか、仕事とか、どうしようという気持ちのほうが大きかった。
でも、今の会社で産休・育休をとって産むと決めて、9月に入籍、10月に新居に引っ越した。
すごくバタバタしてたけど、大きくなっていくお腹が愛おしくて、幸せだった。

つわりは妊娠初期から始まり、安定期に入ってもおさまるどころか酷くなっていった。お腹の張りも出てきて、お医者さんから診断書をもらった。
でも、仕事は替えがきかなくて、休みながらも出勤していた。
お腹の赤ちゃんがどうか無事でありますようにと毎日祈りつつ、仕事してた。

元々、長時間残業しなければ終わらない職場だったこともあり、マネージャーに相談して、12月には現場を異動させてもらう予定だった。
でも、人事異動がうまくいかず、結局異動の話はなくなった。結構絶望的だった。

妊娠6か月に入ったあたりから、ちょくちょく胎動を感じ始めてた。
朝7時、出勤中の電車の中、お昼の12時、夜寝る前23時。
家にいるときは話しかけたり、朝の電車の中では、お腹に手をトントンしてお返事してた。
定期検診も、どんどん大きくなる我が子がとっても可愛らしく、エコーで見るたび、つわりの辛さを忘れられた。
性別も男の子と分かり、旦那は大喜びだった。

11月の半ばを過ぎたころから、胎動の回数が減っているような気がした。
すごく心配で、病院にかけこんで、エコーで我が子を見せてもらった。
そのときはちゃんと心臓が動いてて、元気いっぱいドクドクと心拍が聞こえた。
ほっとしたけれど、あとかた思うと、これが息子の元気な姿をエコーで見る最後の日となった。

年末、仰向けになったとき、ふと、あれ?お腹小さくなってる?
お風呂に浸かって温まっていたとき、あれ?おへその周りだけ白くで冷たい。
心の中がザワザワ。
どうか、気のせいでありますように。
12月30日、これが感じた最後の胎動だった。

新年が明け、1月6日に定期検診。
息子の心臓は止まっていた。
なんとなく、頭の中にちらついていたことが現実になってしまった。目の前が真っ暗になった。

なんで?なんで私の息子なの?春に産まれる予定だったのに。
ちょうど7か月に入ったところだったのに。
幸せから一変、涙の日々になった。
連休明けに出産の予定になった。
今まで入院なんてしたことなかったのに、人生で初めての入院がまさか死産での入院になるとは思わなかった。

看護師さんの計らいで、個室にしてもらえた。
ぼうっと病室から外を見ていたら、窓に小さな子供の手形がうっすらあることに気づく。
前の人が子連れで、その子がイタズラしたのかな?って思ったけど、あとで掃除の人が来て、窓を拭いていった。
翌日、また外を眺めていたら、手形が残っていた。
「あ、息子なんだ」と、なんとなく思った。
「よし、明日は分娩日。産むぞ!ママ、頑張るからね!」って心の中で息子に話しかけた。

分娩日、初めての陣痛とか出産とか、不安は色々あったけど、もうひたすら息子の名前を心の中で叫び続けた。
1時間ちょっとで産まれた。
お腹の中で亡くなって時間が経ってるから、体が損傷してしまうかもしれないといわれていたけど、五体満足で産まれてきてくれた。
手の指の形は旦那そっくりで、立派なちんちんもついてて。
本当に天使だった。
息子に会えて、こんなに穏やかで愛おしい気持ちになったのは初めてだった。
しばらく、母と旦那と、息子の可愛らしい姿を眺めていた。

そのあとは葬儀屋さんと息子のお別れ会や火葬の日程の話し合いになった。
お別れが近づいてくる。
病室で息子に手紙を書いた。
天国に届きますようにと願いを込めて。

お別れ会は旦那と私の親族が集まった。
冷たくなってしまった息子の頭をいっぱい撫でてやった。

火葬の時、息子に書いた手紙とお花をいっぱい棺に入れた。
小さな小さな棺だけど、重みはしっかりあった。
あんな小さな体だけど、私のお腹の中で元気いっぱい生きててくれたんだと思うと、愛おしさでまた涙が溢れた。

焼きあがったお骨を旦那と丁寧に拾い集めた。
小さな骨壺でも十分すぎるくらい、お骨は小さく、可愛らしかった。

家に帰って、早速息子のコーナーをつくった。
祖母が編んでくれた毛糸のおくるみで骨壺を包み、お花を飾り、お菓子と、アンパンマンの人形をたくさん飾った。
1月は毎日毎日泣いた。泣いて泣いて泣きまくって、夜になると不安と寂しさが襲ってきた。

今は泣く回数は減ったけど、それでも受け入れるにはまだまだ時間がかかると思う。
我が家の天使は、私たち夫婦、家族に大切なことを教えてくれた。結婚するまでは旦那と喧嘩する日々だったけど、息子が来てくれた時から、すごく仲良しになった。
当たり前に授かって、当たり前に産まれて、当たり前に元気に育つわけじゃない。
人生は、この世は、いつ何が起こるか分からない。
息子のおかげで、今まで当たり前だと思っていたことに、改めて感謝しようと思えた。
息子に沢山のありがとうと、愛を送り続けたい。





Name: MOON    ..dion.ne.jp
Date: 2017/02/23(木) 21:20
  返信  引用  編集 
Title: 胞状奇胎    
妊娠7週で流産宣告。
自然排出を待つ中でいきなりの胞状奇胎の疑い。
大学病院に転院して2日後に入院、2度の手術。
自然排出を待つ中で流産のことを少しずつ受け入れ始めたと思っていたのですが、急に、癌になるかも?子宮摘出や抗がん剤使用の可能性?とパニックになりました。

仕事関係の人には事情を説明して、調整の協力を得ることが出来ました。
あれよあれよと言う間に手術が終わりましたが、出血が多く、術後少し体調が厳しい状態ですが、だいぶ回復してきたと思っていたら、
事前に妊娠を伝えなければならなかった人への説明、
しばらく休んでいた習い事の仲間からの「お休みが長いからおめでたかと思ってたよ」という、他意のない言葉。
職場での他のかたの産休報告。
その場では平気なつもりでも、ふとした拍子に涙が止まらなくなります。

あんなのが良いなと思って見ていたバギーも見るのが辛い。
まず自分の体をしっかり治して、次へ進めば良いと思っていても辛くなる。
誰かに聞いて欲しいと思うこともあるけれど、聞かされた方が困るだろうと思う。
親にもこれ以上心配かけたくないので話せない。
夫は話せばきちんと聞いてくれるけれど、毎回ではきっと疲れてしまうだろう。
何処か、話を聞いてもらえるような場所を探した方が良いのだろうか。





Name: まな    ..yournet.ne.jp
Date: 2017/02/22(水) 02:42
  返信  引用  編集 
Title: 7週 化学流産 20週 子宮内胎児死亡 17週 血腫完全破水 人工死産    
先週、3番目の赤ちゃんの火葬と納骨を終えました。

2度目の妊娠の時、女の子だと判明して安定期を迎えた直後に心拍停止による子宮内胎児死亡。
産声を上げない我が娘を出産しました。

そして数ヵ月後の検査で抗リン脂質抗体症候群である事が判明。
元々膠原病患者なので覚悟はしていました。
また、子宮内膜症・子宮線筋症・子宮後屈といった症状とともに、
30代後半での出産というハイリスクも。

2年後、3度目の妊娠。
抗リン脂質抗体症候群の認定を受けていたので、今回はヘパリン&アスピリンが使用出来る事でとても安心していました。
苦手な注射も頑張りました。

けれど、17週で血腫による完全破水。
週数が足りない事、羊水がゼロに近い事、
羊水が無いという事は今後、肺が育たず、骨の成育にも障害が出るという事、
破水したという事は数日中に陣痛がくるかもしれない、と。
たくさんの説明を受けました。
取り急ぎ、感染症を防ぐ為の抗生物質の点滴を使いつつ、様子見でそのまま入院になりました。

けれどそんな中、赤ちゃんは元気に心臓を動かしていました。
羊水の無い窮屈な子宮の中で頑張って生きててくれました。
まるで赤ちゃんが「ママ大丈夫だよ!僕頑張るから!」と言ってくれてるみたいで、エコーと心音を聴く度に涙が止まりませんでした。
私に出来る事といえば、3食の病院食を無理でも食べて、赤ちゃんに栄養を送る事だけでした。

そして陣痛どころか、何の痛みも無いまま数日が過ぎていきました。
もしかしたらこのまま順調に週が過ぎていき、無事出産を迎えられるのではないかと錯覚してしまいそうなほどに。
しかし現実は甘くなく、羊水は戻らず厳しい状況が続きました。
そして夫と何度となく話し合う中で『人工中絶』の言葉が。
「これ以上、赤ちゃんと私を苦しめたくない」と言って夫は泣きました。

理由にしたくなかった。
諦めたくなかった。
けれど、私と夫は決断しました。

娘の時と同じ過程で出産しました。
18cm、168gの可愛い男の子でした。

娘の時は生きて欲しかったと願い、息子は自らの決断で命を奪ってしまった。
今も葛藤しているし、悔しさや悲しさで胸が張り裂けそうな毎日です。
また同じ事が起こるかもしれないと思うと、次の妊娠が怖くて仕方ありません。
もう失いたくない。






 
NEXT >>  [ 1 , 2 , 3 , 4 , 5 , 6 , 7 , 8 , 9 , 10 , 11 , 12 , 13 , 14 , 15 , 16 , 17 , 18 , 19 , 20 , 21 , 22 , 23 , 24 , 25 , 26 , 27 , ... ]
 
 
削除・編集   管理者画面   RSS   + Powered By 21style +